1. 滋賀県 電力自由化

滋賀県も電力自由化!利用できる電力会社

滋賀県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

関西電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

「滋賀県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

滋賀県大津市

47都道府県中…
電気料金 第25位 9238円
ガス料金 第35位 5176円
水道料金 第32位 20093円

※2015年総務省統計局調べ

滋賀県の県庁所在地である大津市のランキングを見ていくと、電気料金が安めと分かります。25位なので全国的に考えると少し順位が低いくらいですが、滋賀県の所属する近畿地方の平均と比較すると料金は安め。これに対して水道料金は料金が高め、ガス料金はほぼ平均という結果になりました。ちなみに、隣接する京都と比較すると電気料金以外は優っています。

滋賀県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 大津エネルギーセンター(バイオマス/11.9MW)
  • DDK守山発電所(火力/10.5MW)
  • 滋賀・矢橋帰帆島メガソーラー発電所(太陽光/8.5MW)
  • 甲賀発電所(太陽光/8MW)
  • 伊吹発電所(水力/5.4MW)

※1MW=1000kW

滋賀県ってどんなところ?

滋賀県は京都府などと隣接する近畿地方の県で、県庁所在地は大津市。最近はJR西日本のアーバンネットワーク拡大によって京都府や大阪府のベッドタウンとしてよく利用されます。そのため、人口は上昇傾向。特に大阪府の近い南部の方は住宅やマンションなどが多く立ち並び、都会的な雰囲気となっています。これに対して北側では田園などが広がり、とても自然あふれる環境です。そんな滋賀県は琵琶湖で有名。日本で最も大きい面積と貯水量を誇っており、その大きさは滋賀県の面積の6分の1。四季折々の季節が楽しめると言われ、各地方から多くの観光客が訪れます。また、歴史的な建造物として彦根城も人気が高く、ゆるキャラとして「ひこにゃん」というキャラクターも作りだされ、子供から大人まで老若男女に愛されているのです。名物料理としては近江牛やサラダパンなどが人気で、地元の人や観光客に親しまれます。ちなみに、人口は2016年2月1日現在で141万人ほどです。

滋賀県の新電力供給カバーエリア

  • 大津市
  • 彦根市
  • 長浜市
  • 近江八幡市
  • 八日市市
  • 草津市
  • 守山市
  • 栗東市
  • 甲賀市
  • 野洲市
  • 湖南市
  • 高島市
  • 東近江市
  • 米原市
関西電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ