1. 島根県 電力自由化

島根県も電力自由化!利用できる電力会社

島根県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

中国電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

「島根県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

島根県松江市

47都道府県中…
電気料金 第17位 8524円
ガス料金 第8位 4085円
水道料金 第20位 18575円

※2015年総務省統計局調べ

鳥取県松江市のランキングを見てみると、ガス料金が突出していることが分かります。3つのうち唯一、一桁の8位を獲得しており1か月あたりの金額は4085円。ギリギリ3000円台には届かなかったものの、7位の富山市とは1円差。ほぼ7位と言っても差し支えないでしょう。水道料金やガス料金については平均的な印象。中間より少し上ではありますね。

島根県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 島根原子力発電所(原子力/1280MW)
  • 三隅発電所(火力/1000MW)
  • 新出雲風力発電所(風力/78MW)
  • 潮発電所(水力/36MW)
  • 西郷発電所(火力/25.32MW)

※1MW=1000kW

島根県ってどんなところ?

島根県は中国地方の海側にある県で、県庁所在地は松江市。本州から離れてはいますが、隠岐島や竹島なども島根県のエリアに含まれます。同じ島根県でも出雲地方、石見地方、隠岐地方の3つに分けられるようです。そんな島根県は日本神話に縁のある地として有名で、全国的に神無月と呼ばれる10月も、島根県だけは「神在月」と呼ばれており、これは出雲市にある出雲大社に神々が集まるという話に由来します。気候としては日本海側の気候になるのですが、比較的、西側にあるだけあって温和。基本的に冬場も平均気温が氷点下になることはなく、沿岸部には豪雪地帯もありません。ただ、内陸部は寒さが厳し目で、一部の地域では氷点下15度を記録したことも。標高の高い場所だと雪が大量に降ることもあるようです。人口は少なめで2014年には70万人を下回りました。これは隣接する鳥取県に次ぐ少なさです。しかし、ヤマタノオロチで有名な須佐神社や、黄泉の国の入り口とされる黄泉比良坂など、名所はたくさんあります。

島根県の新電力供給カバーエリア

  • 松江市
  • 浜田市
  • 出雲市
  • 益田市
  • 大田市
  • 安来市
  • 江津市
  • 雲南市
中国電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ