1. クーラーを使う部屋に一工夫!熱中症対策しながら節電する方法

クーラーを使う部屋に一工夫!熱中症対策しながら節電する方法

熱中症のイメージ

夏の暑さ対策と言えば「エアコン(クーラー)」の利用や扇風機の利用ですが、実は直接、冷房機器の風に当たっていると、肌から水分が蒸発し続けて、身体は熱くないのに脱水症状や熱中症になってしまうことがあります。せっかく冷房機器を利用するなら、快適に、熱中症予防になるような使い方がしたいですね。

部屋は全体的に涼しくなる工夫を

冷房の風は、直接当たり続けると、冒頭でご紹介したように体の水分を必要以上に奪って脱水を起こさせたり、熱中症になってしまったりします。特に設定気温があまり低くない場合は、冷房の風が届く付近は設定温度くらいに冷えていても、部屋全体としては温度が下がっておらず、結局熱中症になってしまうこともあるのです。

こうしたことを防ぐためには、冷房機器を使う時は「部屋全体」の温度を下げるようにするのがコツ。クーラーを使用しているなら、扇風機も一緒に使って、涼しい風邪を部屋全体に行き渡らせるとか、扇風機のみを利用しているなら部屋を閉め切らずに風が流れるように工夫するなどですね。

スポンサーリンク

扇風機で部屋の空気を回すことは節電に繋がる

先程ご紹介した扇風機で部屋の空気を回す方法ですが、これは部屋全体の温度を下げることに加えて、少ない電力で部屋全体の空気温度を下げることができるようになるので節電にもなります。

参考:エアコンと扇風機の併用で節電ができる!効果的な位置や置き方のポイント

他にも、部屋の窓に遮熱フィルムを貼ることで、夏は外の熱が屋内に入りにくくなるので冷房の効果が上がりますし、冬は暖まった部屋の空気が窓などを通じて外に逃げなくなるので、暖房効果も高まり、節電になります。

夏場の気温対策なら遮熱フィルムの他にも、遮熱できるカーテンを使うとか、家族で利用する部屋をまとめるという工夫をすれば、節電に繋げることができますよ。

参考:窓の断熱でエアコンの節電効果UP!断熱シートなどの断熱グッズまとめ

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ