1. 暑さに弱い犬の暑さ対策が心配?ペットのいる家庭の節電アイデア

暑さに弱い犬の暑さ対策が心配?ペットのいる家庭の節電アイデア

暑さに弱い犬

暑い夏はエアコンを使って快適な温度を保ちたいところですが、節電も大切ですね。とはいえ、暑さに弱い犬など、ペットの体調が心配なこともあります。そんな時には、ペットのための家庭でできる節電対策に役立つ方法をチェックしてみましょう。

暑さに弱い犬の体質

夏の時期は、人間も夏バテになったり、熱中症になったりと、健康管理を保つのが難しい時期でもありますが、夏は犬にとっても苦手な季節となっています。犬は、暑さに弱い、という特徴がありますが、体温調節の仕方も人間とは違う部分がありますので、熱中症対策の予備知識として知っておきましょう。

犬の場合は、唾液を蒸発させることで体温を調節していますので、人間のように全身に汗をかく方法とは違い、呼吸に伴う口で行っています。犬も熱中症にかかることがあり、荒い呼吸が長く続いたり、ぐったりしたり、嘔吐や下痢を引き起こしてしまったりすることがありますので、早く気付いて対処できるように、主な症状についてもおさえておきましょう。部屋の中で過ごすペットには、温度と湿度の管理などが大切になります。

スポンサーリンク

夏のペット生活に活躍してくれるクールアイテム

ペット用品には、夏に活躍してくれるクールアイテムもいろいろ用意されています。アイテム選びを工夫して、ペットに適切な環境作りを心がけてみましょう。節電にも効果的に働いてくれることがあります。

冷却効果のある敷物

ペットが敷物の上に乗ることで、ペットの体温調節に役立ってくれるものがありますが、種類があり、素材などにも違いがありますので、ペットにとっての安全面や扱いやすさも意識しながら選んでみましょう。素材には、大理石、アルミ板、ポリエステル素材のマット、ジェルマットなどがあります。

保冷剤や自家製クールアイテム

ペットの暑さ対策には、保冷剤を活用する方法もあります。保冷剤を使用する際には、ペットが噛んでしまうなどして害を受けないようにすることも意識して、選び方や使い方を工夫してみましょう。保冷剤の効果を生かしたペットハウスなどもあります。
また、水を入れて凍らせたペットボトルを利用する方法もあります。空いたペットボトルを取っておけば、簡単に用意することができますね。凍ったペットボトルの使用では、時間が経過した時の結露対策も意識しておくと安心です。

ペットの体に直接使用するアイテム

直接体にスプレーすることで、クールダウンに役立つ、ペット用の冷却スプレーもあります。また、冷却効果のあるペット用のウェアもありますので、夏用のウェアも参考にしてみましょう。

ペットが過ごしやすい環境を整えよう

室内でのペットの暑さ対策には、身近に心がけることで節電に役立つ方法がいろいろありますので、状況に合わせて工夫してみましょう。

ペットのための涼しい家作り

室内がモワっとして暑くなりがちな夏場は、空気の通りにも注目してみましょう。家の中の空気の通りを良くして、風通しの良い環境を心がけることがポイントです。ペットのケージなどは涼しい場所を意識して設置してみましょう。
遮光カーテンで部屋に入る陽射しをおさえるという方法も役立つ方法の一つです。園芸が得意な人は、グリーンカーテンもおすすめ。ほかに、ベランダなどの窓辺の打ち水も参考にしてみましょう。

ペットの体調が心配な外出時

ペットを部屋に置いて外出する時は、夏場は特に心配が伴います。節電ために、エアコンを切って出かける際には、環境の安全面をきちんと整えておきましょう。閉め切った室内は室温が上がってしまうことがありますので、防犯上問題のない位置の窓を開けて、風通しを良くする、などの方法があります。
犬や猫は人間のように汗をかかないため、風にあたることで体温を下げるのは難しい部分がありますので、扇風機の活用は目的をおさえておくことがポイントです。外出時は、ペットが自分で涼しい場所に移動できるように、行動範囲を広げておくのも役立つでしょう。また、飲み水なども用意しておくと良いですね。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ