1. 暑い夏におすすめな体を冷やす食べ物まとめ!美味しく食べて節電

暑い夏におすすめな体を冷やす食べ物まとめ!美味しく食べて節電

スイカ

地球温暖化の影響か、日本でも5月から気温が30℃以上となる「真夏日」が観測されるようになりました。本格的な夏を前に、すでにエアコンのスイッチを入れた方もいらっしゃるのではないでしょうか。気温が上がるにつれてエアコンや扇風機のスイッチがなかなか切れない日が続きますが、そうなると気になるのが電気代です。そこで、今年の夏はちょっと視点を切り替えて、体を冷やす食べ物を食べて涼しくなって見てはいかがでしょうか。

参考:夏の節電方法が知りたい!暑い季節を乗り切るための節電方法について

体を冷やす食べ物ってあるの?

冷え性の女性たちには「体を温める食べ物」がよく知られていますが、冷え性の方が避けるべき「体を冷やす食べ物」というものもあります。それらを夏に食べることで、体温を下げることができれば夏の暑さは少し気にならなくなります。

体を冷やす食べ物の特徴としては、「地上に育つもの」「暖かい季節、暖かい国など暖かい環境で育つもの」が挙げられます。

スポンサーリンク

体を冷やす食べ物はコレ!

では、どのような食べ物で体を冷やすことができるのか、具体的に見ていきましょう。

  • 野菜類:トマト・キュウリ・ナス・レタス・キャベツ
  • いも類:こんにゃく
  • 海藻類:昆布
  • 魚介類:アサリ・しじみ・タコ・カニ
  • 豆類:豆腐
  • 穀類:そば・小麦
  • 果物:スイカ・バナナ・オレンジ・りんご・梨・柿
  • その他:白砂糖

これらの食べ物を摂取した時、私達の体の中では他の食材を食べた時よりも多くの熱が消費されます。そのため、体温が奪われやすくなるというしくみです。また、カリウムが多く含まれている食材の場合はカリウムの利尿作用により、尿が出やすくなります。そのことで体温が下がるようになっています。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ