1. 実は結構かかってる!通信費の見直しで上手に家計を節約するポイント

実は結構かかってる!通信費の見直しで上手に家計を節約するポイント

スマホと女性

今や人々のライフラインの1つと言えるスマホやケータイですが、家族それぞれがスマホやケータイを持つと、1か月の通信費は本当にバカになりません。しかもそこに家で使っているインターネットプロバイダ料金なども入ってくると、通信費は余裕で家計を圧迫してしまいます。今回はそんな通信費の節約方法についてご紹介します。

月にいくらかかってる?毎月の通信費は家計の○%以内で

とある調査によると、1ヶ月のスマホ料金の平均は1人当たり6700円ほどになるということがわかりました。もしこの料金のままで4人家族なら、1か月にスマホの料金だけで26800円、ほとんど3万円ほどが必要と言うことになります。これは家計にとっては相当な出費です。しかし子どもに教育費などもかかる世代においては、できれば通信費は収入の5%までに抑えたいのが本音です。家系の収入が毎月40万円ほどなら、2万円が限度。ですからこだわりのない部分については、通信費もしっかりコストダウンする必要があるのです。

スポンサーリンク

どうすれば上手に節約できる?

通信費の上手な節約方法として代表的なものは、スマホと家庭のプロバイダを一緒にすることです。例えばdocomoやau、softbankには家のプロバイダとスマホの通信をまとめるプランが用意されています。他にも、スマホそのものを家族で合わせて家族割などを利用するのも基本です。子どもがどうしてもこだわりのキャリアから動かないならば、親がキャリアを動かしてでも一緒にして、通信費を抑えましょう。

もっと根本的な節約方法としては、最近話題の「格安スマホ」に変更する方法もあります。キャリアのサービスと比べると少し物足りない部分が人によっては出てくるかもしれませんが、現在の格安スマホのサービスは基本的にはキャリアのスマホサービスとそん色ないところまで来ています。格安スマホなら毎月の通信費が半分はカットできたという人も多いですし、一先ず「スマホ」が使えればあまりその他のこだわりはないという人ならば、下手に高い通信費を払い続けるより、格安スマホで上手に節約した方が賢いと言えますね。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ