1. オーディオ機器の使い方を見直して節電!音楽も省エネに楽しむコツ

オーディオ機器の使い方を見直して節電!音楽も省エネに楽しむコツ

オーディオ機器のサウンド

暮らしの中で音楽を楽しむ時に役立つオーディオ機器ですが、音楽を流すためには電力も必要になります。節電との上手な付き合い方をめざして、音楽を省エネに楽しむコツを身につけてみましょう。

オーディオ機器と節電

一番の節電は、オーディオ機器を使用しないことですが、これではせっかくの機器の目的が果たせなくなってしまいますね。とはいえ、使用時間が短くなればそれだけ電力を節約できることもありますので、音楽を長時間聴き続けている環境の場合には、聞きたい時に使用する、という音楽との付き合い方を見直してみるのも一つの方法です。節電はしたいけれど、音楽は生活の一部だから削れない、という時には、オーディオ機器の機能を把握して、そのほかの使い方を工夫してみましょう。

スポンサーリンク

周囲と健康にも優しい音量調節

オーディオ機器から流れる音のサイズも消費電力に関係するポイントです。音量は小さい方が節電につながりますので、音量の調節も意識してみましょう。オーディオ機器のある部屋に行って近くで音楽を聴いたり、持ち運びで移動できるタイプの機器は、自分の近くに置いて、最小の音量をめざしてみたりするのも良いですね。音が漏れにくくなりますので、周囲の環境に迷惑をかけにくいメリットもあります。

また、ヘッドホンやイヤホンなどを使うのもおすすめの方法です。これらのアイテムを使う場合も、小音を心がけてみると、より節電につながるでしょう。耳への気遣いにもなり、健康面でも優しい方法になります。音漏れをしないので、窓を開けたりすることもできるでしょう。さらに、これによって風通しを良くすることもできますので、エアコンの節電にもつながる、というメリットが挙げられることがあります。

見落としがちなディスプレイ

オーディオ機器には、ディスプレイが設置されている機器がありますが、この表示画面の設定も節電につながるポイントの一つです。機器によっては、ディスプレイの明るさを調整して暗くすることができたり、ディスプレイを消灯したりすることができるものもありますので、説明書を確認してみましょう。

オーディオ機器の電源と充電について

待機電力対策にトライ

オーディオ機器も、テレビなどと同じように、コンセントにつながれたままになっていると、待機電力を消費することがあります。そのため、音楽を聴かない時には、主電源の電源を切ることも気をつけてみましょう。リモコンを使用しないようにするなど、ちょっとしたルールを設けてみるのも良いですね。

また、使用しない時には、コンセントから抜いておく、という方法もあります。ですが、この場合、オーディオ機器の設定に影響を与えてしまう場合がありますので、気をつけておきましょう。アラームや時計などの設定をしている時には、消えてしまうこともありますので、注意が必要です。

参考:待機電力ってなに!?どれくらい電気料金がかかる?節電方法や注意点は?

電源を切るのを忘れがちな時は?

節電を心がけていても、ついつい電源をつけっぱなしになってしまう時もありますね。オーディオ機器には、自動電源オフ機能も用意されていることがありますので、状況に合わせて活用してみましょう。寝る前に聞いていて、電源を切らずに寝てしまう、というような時にも自動で電源を切ってくれるので安心です。

充電タイプのオーディオ機器の節電のコツ

充電して使うタイプのものは、充電が終わったら、コンセントを抜いておきましょう。また、電力会社では、夜の電気使用量が多い人向けにお得なプランを用意しているところもありますが、充電のタイミングを意識してみるのも節電につながります。電力会社との契約内容やプランを参考に、お得な夜間の時間帯に充電をすると、電気代の節約においてもメリットになるでしょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ