1. 保険料の見直しで出費を抑える!節約のための保険の選び方を確認しよう

保険料の見直しで出費を抑える!節約のための保険の選び方を確認しよう

保険の見直し

電気代やガス代と共に節約していきたいのが保険。しざという時のためとは言え、無駄な出費をする必要はありません。ここでは節約のための保険の選び方を紹介していくので、放置しがちな人はこれを機に見直してみてくださいね。

保険料は節約の要?

保険の種類や会社にもよりますが、保険料というのはそれなりに高め。家庭によってはそうとうな額を支払っていることもあります。これに疑問を持たずに払い続けてしまうのは非常にもったいないこと。確かに契約の見直しなどは手間もかかりますがメリットも大きいので面倒だと思わずに実践してみてください。いくつかのポイントを抑えておけば、そう難しい話でもないと思います。

スポンサーリンク

特約についてチェック!

保険の見直しで重要とされるのが特約のチェックです。特に祝い金系の特約と代替系の特約は無駄が多いと言われています。祝い金系の特約というのは、数年ごとの祝い金特約や生存祝いなど。簡単に言ってしまえば毎月の支払いによって数年ごとに祝い金が貰えるシステムのことです。これは何となくお得に感じるシステムですが、実はそうでもありません。というのも、特約料払い込み期間中に死亡してしまった場合、祝い金を受け取ることはできず、支払った分が全て無駄になってしまうのです。これではせっかくの特約も意味がなく、死亡しない人間はいないことから、どこかで必ず損をすることになります。

また代替系の特約にも注意。これは死亡保険に医療保障特約をつけるなど、メインのものとは別に保証をつけるものなのですが、既に同じ内容の保険に入っている場合は不要となります。たとえば、死亡保険に入っていれば、医療保険の死亡保障特約はいらなくなるわけです。他の保険で備えをしていれば無駄になってしまうので、これも確認しておきましょう。数千円程度の節約効果が期待できます。

保険料の値段をチェック!

当たり前のことですが、保険料の値段が高すぎないかチェックするのは非常に重要なこと。実は2001年以前に加入した場合は医療保険やがん保険の値段が割高になっていることもあるのです。既に話した通り、手間の問題からついつい放置してしまいがちですが、あまりに加入が古い場合は保険の見直しで大きな節約効果が期待されます。昔よりも安価で手厚い保証のある商品も多く存在するので、一度ネットの比較サイトなどを参考に見直しましょう。時代と共に保険や電気などを新しくしていく。これが賢い節約に繋がりますよ。

いろいろな会社を比較しよう

やはり保険を選ぶ際に重要となるのが、いくつかの会社を比較すること。ひとつの会社だけでは相場が分からず、知らず知らずのうちに高額なプランに加入しているかもしれません。最近はネットの比較サイトで簡単に大まかな料金を知ることができるので、自分の興味のある保険に目星をつけておき、メモ帳などを使って書きだしてみるといいでしょう。自分なりに情報を紙にまとめていくと、自然とお得な保険会社が分かってきたりしますよ。しかもネットなら同時に口コミもチェック可能。いくら値段が安くても対応が良く無ければ無意味なので、こちらもきちんとチェックしておいてください。

自動車保険もチェック?

保険と言えば人間にかけるもののほかに、車にかける自動車保険がありますよね。運転を頻繁にする方は、こちらにも加入していると思うので同時に見直していきましょう。たとえば、子供を運転者に加えてしまうと、全年齢担保や20歳以上担保となっていることから保険料が跳ね上がっていることがあります。既に子供が運転をしない状況であれば、契約内容を変更して節約するのが賢い方法。運転者を限定することで自動車保険の支払金額はそれなりに変わるものです。他にも車両保険を見直したりしながら、上手に節約してみてください。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ