1. 支払い方法で節約!電気・ガス代は口座振替とクレジットカードどっちが得?

支払い方法で節約!電気・ガス代は口座振替とクレジットカードどっちが得?

クレジットカード

電力自由化に伴い、電気会社が自分で選べるようになりました。そんな電力会社の切り替えなどで直面するのが支払い方法。ガス代にも言えることですが、口座振替やクレジットカードなど、いくつかの方法が存在します。今回はそんな支払い方法の中でどれがお得なのか検証してみましょう。

口座振替とクレジットカード払いどっちが良い?

口座振替とクレジットカード払い、どちらで支払っても同じだと思っている方も多いようですが、実は方法によってお得度に差が出てきます。詳しくは後述しますが、口座振替の場合は割引がついたりするのです。クレジットカードの方にもポイントという特典があり、これらの支払い方法、どちらがお得か明確な答えを出すのは難しいところ。これから両方のメリットを紹介するので、それを参考に答えを出してみてください。

スポンサーリンク

口座振替でお得になる?

電力会社によりますが、支払い方法に口座振替を選ぶことで割引を受けられることがあります。たとえば、大手電力会社であるTEPCOの場合、口座振替で一月に54円の割引を受けることが可能です。たったの54円かと思われるかもしれませんが、これが年間になれば648円。10年もすれば6480円にもなるのです。電気はインターネットや携帯電話などと同じで、私たちの生活には欠かせないもの。ほぼ永続的に利用することが決定しているので、少しの割引でも積もり積もって大きくなっていきます。

しかも、口座振替とクレジットカードで手間が変わることもなく、基本的に自動引き落としなので一度契約してしまえばどちらでも感覚は同じです。クレジットカードと違って有効期限が無いのも嬉しいところ。まずは自分の契約している電力会社に口座振替割引があるかチェックしてみましょう。

クレジットカードならポイントが貯まる!

では、クレジットカードにメリットが無いのかと言えば、そうではありません。既に少し触れたようにクレジットカード払いならポイントが貯まります。このポイントというのはクレジットカード会社が独自に実施しているもの。カードによって変わってきますが、多くのカードは支払額に応じてポイントが貯まる仕組みになっているはずです。平均的な還元率は0.5%程度。少ないように感じるかもしれませんが、これも口座振替割引と同じで塵も積もれば山となる。数年単位で見るとかなりの金額になってきます。また最近はポイント還元率が1%程度のカードも存在するようなので、自分のカードはどの程度かチェックしてみてください。

クレジットカードは有効期限に注意!

クレジットカード払いを選択する場合は有効期限に気を付けましょう。実際にカードを持っている方はご存知だと思いますが、数年の有効期限が設定されています。この有効期限が終了する前には新しいクレジットカードが送られてくるので、必要であれば新しいカードで更新手続きを行いましょう。ただ、場合によってはあらためて申し込む必要はないようです。このあたりは契約電気会社のホームページや問い合わせフォームなどでチェックするといいでしょう。

一番お得に支払うには?

ここまでの情報を踏まえた上で、最もお得に支払うにはどちらの方法がいいのかを簡単に知る方法を教えましょう。それはクレジットカードのポイント還元率から、具体的な数値を計算すること。

たとえば、カードのポイント還元率が0.5%だったとしましょう。電気料金が1万円であればポイントとして付与されるのは50ポイントということになります。これだと口座振替の割引額、54円の方がお得な計算。これを実施している会社なら口座振替で支払ったほうが良いことになります。逆に電気料金が2万円であればポイントは100となり、口座振替よりも確実にお得です。結局のところ、自分の電気料金によって付与されるポイントが口座振替割引を上回るか否かが重要ということ。毎月の電気料金が分かれば簡単に算出できるので、ぜひ実際に計算したうえで支払い方法を選択してみてください。

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

2017年4月からはガス自由化も始まるし、ガスの節約についても目を向けて行きたいね。

そうね。その頃にはガス会社も色々と選べるようになるし、色々な角度から見直した方がよさそうね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ