1. オール電化の電気代って節約できる?光熱費を安く抑えるための注意点とは

オール電化の電気代って節約できる?光熱費を安く抑えるための注意点とは

オール電化

最近は導入する家庭も増えてきたオール電化。ガスを使わないので安全性が高いのが嬉しいところです。今回はそんなオール電化家庭の光熱費を安く抑えるための注意点をいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

エコキュートを節電

オール電化家庭でよく使われるエコキュートは節電において重要なもの。まず、エコキュートを省エネモードで運用して光熱費を抑えましょう。ただ、省エネモードだとお湯が足りなくなったりすることもあるので、臨機応変に対応することも大切。季節ごとに設定を見直して上手に電気代を節約しましょう。また、夜間の電気代が安いプランに加入しているのなら、ピークカット設定を活用してください。これに加えて、長期間の出張などの前には休止モードに設定することで節約できます。

参考:オール電化住宅の代表的な給湯器エコキュートって何?

スポンサーリンク

電力プランを見直そう

オール電化家庭の場合は夜間の電気料金が安いプランに加入するのが基本です。電力自由化に伴ってプランの選択肢がグッと増えたので、ネットの情報などをメモしながら最もお得に利用できそうなプランに加入しましょう。自分のライフスタイルも考慮して選んでみてくださいね。

参考:電力会社を比較して電気料金を安く!

電気を使う時間帯に注意

オール電化用のプランの多くは夜間電力が安く設定されていますので、なるべく夜間に電気を使うことを意識しましょう。エコキュートはもちろんですが、たとえば洗濯機や食器洗い機にはタイマーをかけておき深夜に運転するようにしたり、17時以降に電気料金が安くなることも多いので、エアコンはそこまで我慢したり、料理の準備を少し遅くしたり。単純に考え付くだけでも多くの方法があります。オール電化にしたばかりだと慣れないかもしれませんが、電気を使う時間の調整は非常に重要なので、少しずつ実践していってください。

参考:食器洗い乾燥機の電気代は?便利な食洗器の節電方法について知ろう!

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ