1. 冷凍?常温?野菜の正しい保存方法を知って食費の節約効果をUPさせるコツ

冷凍?常温?野菜の正しい保存方法を知って食費の節約効果をUPさせるコツ

野菜

暖かい季節になると、食べ物が傷みやすくなります。食費をかけてせっかく買った食材も、傷んでしまったら処分しなければなりません。せっかく買った食材を無駄なく使うためにも、食材を正しい保管方法をすることが重要です。

正しい保存方法を知っておこう

野菜を正しい方法で保管することで長持ちさせることで、せっかく買った野菜を無駄なく使うことができます。野菜の保管方法について、いくつか紹介していきます。

大根

葉の部分を切り落として、ぬらした新聞紙などにくるんで、風通しの良い場所で保管します。

レタスやキャベツなどの葉物

キャベツは下処理として、芯の部分をくり貫いておきます。その後キッチンペーパーで包んで、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。

じゃがいもやにんじんなどの根菜

根菜系の野菜も、冷蔵庫で保管している人も多いのではないでしょうか?しかし、これらの野菜は新聞紙にくるんでから風通しの良い場所に保管するのがもっとも効果的です。冷蔵庫のような締め切った場所ではなく、冷暗所などで保管しましょう。

トマト、きゅうり、ナス、ピーマン

トマトやきゅうりなどは傷みやすいため、冷蔵庫で保管した方が良いでしょう。ポリ袋などに入れて、冷蔵庫の中で保管しましょう。

にんにく、たまねぎ

網に入れた状態で風通しの良い場所につるしておくと、長持ちします。

しょうがや大葉などの薬味となる葉物

しょうがなどの薬味となる野菜は、ポリ袋に入れて水分が飛ばないようにして保管すると長持ちしやすいです。この他にも、葉物野菜やたまねぎなどは冷凍保存しておくと、長持ちするだけでなくお手軽に使うことができて便利です。また、つけものにしたり干して保管することで、旨みを引き立たせることもできておすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

食材を無駄なく使うことは、食費の節約の第一歩です。野菜の正しい保管方法について、把握しておきましょう。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ