1. 鍋の選び方・使い方でガス代を節約!料理も効率よくなって光熱費も抑えるコツ

鍋の選び方・使い方でガス代を節約!料理も効率よくなって光熱費も抑えるコツ

鍋

光熱費の中でもガス代は高く、気になっているという方も多いですよね。特に、プロパンガスは、都市ガスよりもガス代が高額な事で知られています。とは言っても、料理の際にはガスは必要不可欠なものです。今回は、効率良く料理して、ガス代もしっかり抑えるコツをご紹介していきます。

鍋の選び方や使い方

調理にどんな鍋をどう使うかで、ガス代に差が生まれますよ。では、具体的なコツを見ていきましょう。

蓋付きの鍋を使う

蓋を使う事で調理中の熱を逃がさないようにし、効率良く短時間で調理する事ができます。早く味を染み込ませる為に、落とし蓋を使うのも良いですね。

同じ鍋を使って調理する

例えば、麺を茹でる鍋で付け合わせやトッピングの野菜も同時に茹でるなど、一緒に火を通してしまう方法です。調理の度に何度も水からお湯を沸かしていると、時間が掛かりますし、それだけでガス代が高くなってしまいます。

ガスの炎が鍋底からはみ出さないようにする

短時間で調理したいからと、いつも強火で調理している方もいらっしゃるかも知れません。ですが、これは効率的ではありません。鍋底からはみ出している分のガスは、無駄になってしまっている為です。あまり大きくない鍋を使う時は、鍋の大きさに合わせて、火加減を弱めるようにしましょう。できれば、ガスを無駄なく使える、鍋底が大きく平らになっている鍋を使う事をおすすめします。

鍋底が濡れたままで火をかけない

鍋が濡れていると、鍋を温めるのに余計な時間が掛かってしまいます。鍋底の水滴などは、きちんと拭いてから火にかけるようにしましょう。

圧力鍋や保温鍋を使う

圧力鍋は、圧力を掛けて一気に調理できるので、煮物などの時間が掛かる調理も短時間で美味しく出来上がります。保温鍋も、数分だけ火にかけ、その後は保温機能を利用して食材に火を通していくので、ガスを使う時間を短くする事ができます。

スポンサーリンク

まとめ

このように、少しコツを掴む事で、調理の際のガス代を節約する事ができるのです。簡単なものも多いので、ぜひ参考にしてみて下さい。

正直なところガスってさぁ、今までそんなに節約しようって考えてなかったよ。反省。

でも、ガスの節約方法を知れば試してみたくなるんじゃない?毎月数百円のガス料金節約だって、積もり積もれば大きな節約になるんだから。

2017年4月からはガス自由化も始まるし、ガスの節約についても目を向けて行きたいね。

そうね。その頃にはガス会社も色々と選べるようになるし、色々な角度から見直した方がよさそうね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ