1. 打ち水で涼しくして節電!クーラーを使わないで効果的に気温を下げるポイント

打ち水で涼しくして節電!クーラーを使わないで効果的に気温を下げるポイント

打ち水

日本の夏を感じさせる打ち水には、涼しそうな様子だけでなく、「気化熱」という科学的なしくみが関係しています。地面にまいた水が、蒸発する時に熱を一緒に持って行ってくれますので、この働きを生かして、クーラーを使わずに体感温度を下げていきましょう。

水はいつまくのがいいの?

打ち水は、水がすぐに蒸発しづらいタイミングをねらうと効果の長続きが期待できます。例えば、朝の早い時間帯はまだ気温がそれほど上がっていないので、午前中を目安に涼しく過ごせるでしょう。また、同じく気温が下がり始める夕方も涼しさの長持ちが期待できます。

日中は気温が高いこともあり、水がすぐに蒸発してしまうことがありますので、工夫してまくことがポイントです。水をまく頻度を多くする、日陰にまく、などのコツを意識してみましょう

スポンサーリンク

水のまき方のポイント

打ち水は家の周りに水をまくので、近所の人に迷惑をかけないまき方を心がけることがマナーです。効率的で周囲にも負担にならない場所を選びましょう。水は、手おけ、ジョーロ、ペットボトルなどの、家にあるアイテムを活用してまくことができます。二階以上の家では、ベランダにまくのも良いでしょう。

風通しの良いところにまいて、窓を開けて風が通るにようにすると、より涼しさを感じられます。

水の節約も心がけて

打ち水に使う水には、お風呂の残り水などの再利用に使える水をまくと、水の節約にもなり一石二鳥です。雨水をためておく、という方法もありますので、参考にしてみましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ