1. 節電に一番おすすめな暖房器具は?エアコン・ヒーター・ストーブを比較

節電に一番おすすめな暖房器具は?エアコン・ヒーター・ストーブを比較

ストーブ

冬の寒さをしのぐ暖房器具、選び方次第で節電につなげることができますが、どれを選べば良いのか迷ってしまう時もあるでしょう。節電におすすめの暖房器具は、環境や使い方によって変わる部分もあります。ヒーターとストーブの線引きなど、分類が少し難しいこともありますが、今回はエアコンも含めたこれらの身近な商品に視点を当てて見ていきましょう。複数の器具を併用することも役立ちますので、上手に選んでみてくださいね。

エアコンの電気代をチェック

まずは、おなじみのエアコンの電気代や特徴から探っていきましょう。エアコンは、部屋全体ほか広い面積をあたためるのに役立つ器具ですが、運転環境や部屋の広さ、機種などによって電気代は変わってきます。あたためたい面積が広ければそれだけエネルギーを必要とすることがあるでしょう。1時間の電気代は、数円から高いと30円代になることもあり幅がありますので、節電のためには使い方の工夫も大切です。

節約のカギとしては、温度設定を低めに設定すること、サーキュレーターなどで空気の循環を行うことなどがあり、冷えた部屋をあたためる時には自動運転がおすすめです。エコモードなど、個々のエアコンの機能に合わせて節約活用方法を臨機応変に対応してみましょう。また、掃除なども忘れずに、快適に働ける環境を維持することもポイントです。

スポンサーリンク

ファンヒーターに注目

ファンヒーターは、温風が出る暖房器具として知られるカテゴリとなっています。セラミックファンヒーターのように電気で動くもののほか、灯油を使うもの、ガスを使うものなどの種類がありますので、これらの違いも参考にしてみましょう。

セラミックファンヒーターについて

比較的限られた部分で、狭い室内などをあたためるのに役立つ器具ですが、そのため広い部屋をあたためるのには不向きな面があります。1時間の電気代は、15円付近から30円ほどと幅がありますが、効率も含めてメインで使うと電気代が高額になってしまう場合がありますので気をつけましょう。空気が汚れないなどのメリットがありますので、エアコンとの併用など部分的な活用がおすすめ。

石油ファンヒーターとガスファンヒーターについて

これらはどちらも、灯油やガスを使う分節電が期待できる器具で、電気代としては1時間1円以下になる場合もあります。ですがその分、灯油代やガス代がかかりますので、経済面では全体のコストを比較することが必要になるでしょう。どちらも部屋全体をすぐにあたためるのに役立ちます。灯油を使うタイプは、空気が汚れやすく、換気などの空調管理が必要になることや、ガスを使うタイプもガス管などの設備が必要になることなどの特徴がありますので、メリットと比較しながら上手に活用していきましょう。

オイルヒーターについて

オイルヒーターは少し特徴的な暖房器具で、中に入ったオイルを電気であたためて熱を発生させるしくみとなっています。あたたまるのに時間がかかりますが、空間全体をあたためるのに役立つでしょう。換気も必要なく風も起こらないというメリットがありますが、時間がかかることから電気代は高めとして挙げられ、1時間あたり30円ほどになることがありますので効率よく活用することが大切です。

電気ストーブについて

遠赤外線ヒーターやカーボンヒーターなどと呼ばれることがあり、細かく見ていくと種類がいろいろあります。ピンポイントであたためたい時、すぐにあたたまりたい時に役立つでしょう。電気代は電気ストーブの種類や機種によって、1時間10円以下から20円代などの幅がありますので、機種ごとに検討してみると良いですね。カーボンヒーターの方がハロゲンヒーターよりも消費電力が低い、などの特徴も挙げられていますので、参考にしてみましょう。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ