1. 手数料の出費を削って節約!振込やATMの利用を安く・無料にするポイント

手数料の出費を削って節約!振込やATMの利用を安く・無料にするポイント

クレジットカード

銀行の振込やATMにかかる手数料、積み重なると負担に感じてしまうこともありますよね。場合によっては、機械を利用する手数料と振込にかかる手数料がダブルでかかってしまう時も。今回は悩みの種になる手数料の出費をおさえるコツをご紹介します。

銀行の手数料は場合によって変わる

振込手数料は振込のスタイルによって変わる場合もあります。店頭窓口、ATM、現金、キャッシュカード、インターネットなど、振込方法には種類がありますが、例えば、現金で振り込むと手数料がかかるのに、キャッシュカードだとかからない、というような場合もあるでしょう。

また、利用する曜日や時間帯によって無料になる場合もあり、早朝や深夜は金額が高くなる反面、平日の日中は無料になる、ということもありますので、土日祝日との違いも含めてタイミング良く利用することも心がけてみましょう。

スポンサーリンク

手数料が安い銀行を使い分ける

手数料の節約をする時には、手数料が安い銀行を選んで使い分けるのも一つの方法です。同銀行間のやりとりだと手数料が無料になる場合や他行宛振込手数料が無料のところなどもありますので、お金のやりとりのシーンによって使い分けてみましょう。個々の銀行の特徴をおさえて複数の口座を持っておくと便利に活用できることがあります。

銀行のサービスをチェック

銀行が用意しているサービスでは、条件を満たすと手数料が無料になる場合もあります。月に~回のみ無料というように回数制限している場合もありますので、お金をおろす時には先のことを見越してまとめておろすなど、工夫して活用してみると良いですね。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ