1. 乾電池の使い方を見直して節約しよう!使い分けや正しい保存方法・買い方

乾電池の使い方を見直して節約しよう!使い分けや正しい保存方法・買い方

チェックする人

生活の中のちょっとした電気機器で活躍してくれる乾電池、なんとなく使っていませんか? 乾電池の使い方を今一度見直して、効率良く節電しながら活用していきましょう。

乾電池の使い分けについて

まず、マンガン乾電池とアルカリ乾電池では特徴が異なります。例えば、時計とデジタルカメラでは必要な電流の規模に違いがありますが、時計のような小さな電流で動くものにはマンガンが向いています。反対に大きな電流を必要とするものにはアルカリが向いていますが、電気機器の説明書に書かれていることもありますのであらかじめ確認しておくと良いですね。

また、乾電池も古くなっていきますが、古いものと新しいものを一緒に使わないようにしましょう。全体的にパワーが弱まるほか、液漏れにつながる場合もあります。

スポンサーリンク

乾電池の保存方法について

電気機器のスイッチでON・OFFができるものは切り忘れないようにしましょう。長い間使用しない時には乾電池を取り出しておくと良いですね。節電以外に、液漏れを防ぐ上でも役立ちます。また、性能が悪くなるほか危険につながる可能性がありますので、高温多湿の場所は避けて保管しましょう。ただし冷蔵庫には入れるのは逆効果です。金属と一緒にしないことにも注意しましょう。

乾電池の買い方について

乾電池にも使用推奨期限がありますので、効率よく使えるように、必要以上に買い置きしないようにしましょう。また、同じ種類を一緒に使うことが安全面でもポイントになっていますので、使いたい機器に合わせて、アルカリやマンガン、メーカーなどをチェックしてから買うと良いですね。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ