1. あまり使わない固定電話の電話代を節約したい!通信費を安くするコツと注意点

あまり使わない固定電話の電話代を節約したい!通信費を安くするコツと注意点

固定電話

置いておくだけでも料金がかかってしまうことのある固定電話、上手に使いこなして通信費の節約につなげましょう。

固定電話の通信費を安くするコツ

まずは、加入している電話会社の料金プランを見直して、ほかのプランや他社のプランと比較してみましょう。料金を比較する時には、県内や県外、海外など、自分が普段どのような電話をかけるかを考えてみるのもポイントです。電話会社のサービスには、相手の番号の最初に4桁の番号を付けるとお得になるサービスもありますので、会社別に確認してみるのも良いでしょう。

ほかには、インターネットを利用して音声のやりとりをするIP電話などのように、電話の回線を切り替える方法もあります。アナログ回線やデジタル回線、光回線などの違いがあり、回線によって基本料金などがお得になる場合もありますので参考にしてみましょう。

スポンサーリンク

サービスを選ぶ時の注意点

今までのサービスを変更する時には、初期費用やその他の費用がかからないかどうかを確認してみましょう。電話番号や電話機を維持する場合に別の費用がかかる場合もあり、サービスによって今までの電話機が利用できない時もあります。電話をかける相手の携帯会社によって電話代が異なる場合がありますので、電話代の比較の時には詳しく調べてみると良いですね。

また、回線の切り替えにはそれぞれメリットとデメリットがあります。インターネット回線を活用する方法では、電話だけでなくインターネットのサービスも含まれてくることがありますので、内容をよく確認しておきましょう。

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ