1. 夏の節電方法が知りたい!暑い季節を乗り切るための節電方法について

夏の節電方法が知りたい!暑い季節を乗り切るための節電方法について

真夏のイメージ

うだるような暑さで仕事も嫌になる夏。みなさんはどんな工夫で節電を心がけていますか。ここでは暑い季節を乗り切るための節電方法についてまとめてあるので、夏の節電にお困りの方は見てみてください。知らない方法が1つでもあれば儲けものですよ。

エアコンの使い方を見直す!

冬場にも同様のことが言えますが、とにかく夏場の電気代で困るのがエアコン。短時間で部屋を快適な環境にしてくれるのはありがたいのですが、いかんせん電気代が高くつきがちです。そんなエアコンも使い方を見直すことで節電出来るかもしれません。たとえば、サーキュレーターと呼ばれる扇風機のようなものを併用してみてください。そうすることで、エアコンの発した冷気が部屋を上手に循環。1か所に冷気が貯まることもなく、効率よく部屋を冷やせます。そのため、エアコンの稼働も自然と少なくなり、節電に繋がるのです。

また、温度の見直しも重要。テレビなどでも散々言われていますが、夏場の理想設定温度は28度となっています。28度じゃ暑すぎると感じるかもしれませんが、先ほどのサーキュレーターを併用することで、28度でも十分なくらい部屋は冷えてきます。嘘だと思う方は、夏になったら28度設定でサーキュレーターを回してみてください。これに加えてフィルターの掃除もしておくとベストです。エアコンは部屋の高い位置にあるので面倒ではありますが、1週間に1回程度、小まめにフィルターを掃除してあげると節電になります。理想としては水洗いですが、面倒であれば掃除機をかけるだけでも大丈夫です。後は、エアコンの風量を自動にし、室外機の掃除も忘れなければ完璧。これだけのことで数千円の節電になることもありますよ。

参考:エアコンをつけるなら弱風より自動運転?節電におすすめな風量はコレだ!

スポンサーリンク

扇風機の使い方も工夫

夏場と言えばの扇風機も一工夫するだけで電気代の節約になります。具体的な方法としては、扇風機と自分の間に中身を凍らせたペットボトルを置いてみてください。そうすることで扇風機による冷気がパワーアップ。いつも以上に体を冷やしてくれます。これによって扇風機の電気代が変わるわけではありませんが、扇風機で体が冷やせればエアコンの設定温度を高くできますので、結果的には節電に繋がるでしょう。また、就寝時に扇風機を使う習慣のある人は、寝付いた後は電源が切れるよう、タイマーを設定しておくのもおすすめです。扇風機によっては、おやすみタイマーなどもあるので、上手く活用しながら節電をしていきましょう。

参考:エアコンと扇風機の併用で節電ができる!効果的な位置や置き方のポイント

電気を使わずに体を冷やす!

夏場はエアコンが常識になっていますが、ようは部屋では無く、自分の体が冷えればそれでいいわけです。そこで、たまには電気を使わずに体を冷やす努力をしてみましょう。たとえば、夏場が旬のトマトや、焼いて美味しいナスなど、これらには体を冷やす効果があり、食べるだけでも体感温度がグッと下がります。他にも、保冷剤や首元を冷やすグッズを利用してみたり、レトロではありますが打ち水をしてみたり、電気を使わずとも体を冷やす方法がたくさんあるのです。もちろん、これだけで乗り切るのは難しいと思うので、エアコンなどの節電と共に取り入れて電気代を減らしていきましょう。

参考:暑い夏におすすめな体を冷やす食べ物まとめ!美味しく食べて節電

冷蔵庫の開閉に注意!

夏場は冷蔵庫の開閉にも注意が必要。冷蔵庫の冷気が気持ちよくて開けておきたい気持ちも分かりますが、空ける時間は最小限にして節電を心がけましょう。また、夏場は暑さから冷蔵庫に物を詰め込みがちですが、なるべく7割程度を目安にして、余裕を作っておいてください。あまりに物を入れすぎると冷気の循環が悪くなり、電気代が高くなってしまいます。飲み物やアイスの買いすぎにも気を付けましょう。また、冷蔵庫の排熱も大切になるので、壁から離して設置するなどの工夫をしてみてください。

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ