診断結果

とにかくおすすめの2社

基本料金0円で電気料金も格安!それが『Looopでんき』と『あしたでんき』。切替えも簡単で解約金も0円だから試してみないともったいない!

Looopでんき

Looopでんき

電力供給エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 北陸
  • 中部
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州

得できるのはこんな人
  • とにかく電気料金を安くしたい
  • 基本料金が高いと感じている
  • 解約金のない電力会社を選びたい
  • 契約者数が多い電力会社を選びたい

電力自由化にいち早く参入した『Looopでんき(ループでんき)』。

「基本料金0円」という斬新なプランが大きな話題を呼び、約2年半でなんと150,000件を超える契約を獲得した、大人気の電力会社です。

これまで当たり前に請求されていた基本料金が一切かからないというのは、圧倒的なメリットですよね?

しかも、従来電気使用量に応じて変動していた「従量料金」を一律単価にすることで、電気料金がわかりやすくなっているのも魅力的。単価自体もかなり安く、実際にLooopでんきは多くのエリアで最低水準の電気料金を実現しているのです。

さらに事務手数料や解約金が一切かからないのもメリット。ポイント制度やセット割などは導入していないものの、とにかくシンプルに電気料金を安くしたい人にはピッタリの料金プランです。

またサービス開始当初より、太陽光・風力・水力といった自然エネルギーの活用に力を入れ、環境負荷が小さい電気を目指している点も評価できます。

電力会社を切り替えたからといって、停電が起こりやすくなるといったことはあり得ませんが…「困ったときの対応が早かった」というユーザーからの評価も多数あがっている、新電力のなかでもイチオシの会社なのです。

あしたでんき

電力供給エリア
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 中国
  • 九州

得できるのはこんな人
  • とにかく電気料金を安くしたい
  • 基本料金が高いと感じている
  • 解約金のない電力会社を選びたい

『あしたでんき』は、電力自由化スタートからしばらくして登場した新電力ですが、後発にもかかわらず新規加入者を集めています。

一般的な家庭向けの「標準プラン」は基本料金0円というプランを採用。これまでは電気使用量によって変動していた「従量料金」も、エリアごとに一律料金を設定しているため、非常にシンプルでわかりやすいプランになっている点もメリットです。

従量料金の単価自体もかなり割安な単価に設定されているため、得できる人は多いはず。

また電気使用量が多い人向け(700kWh以上/月)のプラン「たっぷりプラン」もあり、こちらは3,000円の基本料金がかかりますが、そのぶんだけ従量料金がかなり安い設定に。

契約時の事務手数料や、解約時の解約・違約金もないので、お試し感覚で一度切り替えてどれだけ得できるか試してみる価値はあるでしょう。

親指でんき

電力供給エリア
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 中国
  • 四国
  • 九州

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい
  • 基本料金が高いと感じている
  • 解約金のない電力会社を選びたい

2016年の電力自由化スタートから数年あとに電力供給サービスを開始した『親指でんき』は、後発ながら、参入以降しっかり契約者数を伸ばしている安定感ある新電力です。

一般的な家庭向けプランは、「基本料金0円」「従量料金一律単価」という非常にわかりやすい料金設定になっていて、なおかつ電気料金自体も低水準という魅力的な内容に。

また標準的なプランのほかに、ペットを飼育している人向けのプラン、夜間の電気使用量が多い人向けのプランなど、ひとりひとりのライフスタイルに合わせて選べる豊富なプランを提供している点も、人気を集めている理由のひとつです。

解約金や違約金が発生しないので、興味があればぜひ一度切り替えてみて、どれくらいお得になるか試してみることをおすすめします。

東京ガスの電気

電力供給エリア
  • 関東

得できるのはこんな人
  • 東京ガスとガス契約をしている
  • セット割や特典のある会社を選びたい
  • 解約金のない電力会社を選びたい※
※プロバイダとセット契約した場合、プロバイダ解約に手数料がかかる可能性あり

もともと関東エリアで都市ガスを提供していた『東京ガス』も、電力自由化開始と同時に電力供給サービスに参入し、多くの契約を獲得しています。

都市ガス同様、関東エリア(東京電力エリア)限定のサービスではありますが、東京ガスの電気は電気料金が安いと評判です。

東京ガスの電気で得できるのは、東京ガスと都市ガスの契約をしている人。ガスと電気のセット契約をすることで割引が受けられるのです。セット契約で光熱費の請求がひとつにまとまるというのも利点のひとつですね。

さらに東京ガスのプロバイダーサービスとのセット契約でも割引があるため、トータルで考えるとかなりお得に。

多くの人にマッチする電力会社ではないものの、人によっては他の電力会社より大きな節約効果が得られるのは間違いありません。

ENEOSでんき

電力供給エリア
  • 関東
  • 関西

得できるのはこんな人
  • セット割や特典のある会社を選びたい
  • 2年契約に抵抗がない
  • 3年以上の継続契約を検討している

電力自由化スタート当初から非常に人気を集めているのが『ENEOSでんき(エネオスでんき)』。テレビCMを放映していることもあり、知名度もかなり高い新電力のひとつです。

ENEOSでんきは電気使用量が多い人ほどお得になる電気料金プランになっていますが、さらに2年契約の「にねんとく2割」を選ぶと、1kWhあたり0.2円の割引に。

この「にねんとく2割」は、3年目以降、割引率がUPして1kWhあたり0.3円の割引になるので、長期契約が気にならない人はぜひ検討してみてください。

電気料金の安さだけでなく、ENEOSのガソリンスタンドで利用できるENEOSカードの種類に応じ、給油割引や電気料金の割引が受けられたり、Tポイント付与などの特典が受けられたりと、トータルでお得度が高い新電力です。