1. 北陸電力エリア 電力自由化
北陸電力エリアの電力会社比較

北陸電力エリアも電力自由化!電力会社比較

北陸エリアの場合、選べる電力会社が少なめなんだ。選択肢が少ないぶん、迷わなくていいかもね!電力会社選びのコツは、電気料金だけじゃなくて、口コミやセット割引など丸ごと評価することなんだ。ここにわかりやすくランキング形式でまとめてみたよ。

第1位 Looopでんき

Looopでんき
Looopでんきの電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

「Looopでんき」で得できるのはこんな人

  • シンプルに電気料金を安くしたい人

編集部の口コミ&比較ポイント

新電力としていち早く登場した電力会社のひとつLooopでんき。当初から注目されていた理由は基本料金0円という、これまでにない料金体系でした。当たり前に請求されていた基本料金が無料になるので、純粋に電気を使用した分だけ電気料金を支払うというスタイルが好評で、加入者も続々と増えています。北陸電力エリアの場合、電気の使用量に合わせて請求される従量料金が全エリアの中でも最安値の1kWhあたり21円。基本料金が高い家庭なら、特にお得感が大きいと思いますが、基本的にどんな電気使用量の人にとっても安くなるような料金設定になっているので、一度シミュレーションをして比較してみることをおすすめします。

第2位 HIS電気(HTBエナジー)

HIS電気(HTBエナジー)
HIS電気(HTBエナジー)の電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 九州電力

「HISの電気」で得できるのはこんな人

  • 1年間で最も高い月の電気料金が1万円以下の人

編集部の口コミ&比較ポイント

≪編集部の口コミ&比較ポイント≫ HISの電気は、非常にシンプルな料金プランを採用しています。契約しているアンペアが30A以上なら、どんな人でも5%OFFになるというわかりやすいプランなのです。多くの電力会社は、電気使用量が多い人がより得できるような料金設定になっていますが、HISの一律5%割引なら、電気使用量が少ない人でも基本的にお得になるということになりますね。ちなみにHISの電気は実績あるHTBエナジーが供給していますが、再生可能エネルギーやLNG発電といった環境負荷の少ない発電方法を積極的に採用している電力会社なので、発電方法にこだわる人にもおすすめです。電気使用量が少ない人は、ぜひ一度検討してみてくださいね。

第3位 auでんき

auでんき
auでんきの電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

「auでんき」で得できるのはこんな人

  • auのスマホや携帯電話を利用している人

編集部の口コミ&比較ポイント

大手通信会社のKDDIが提供する、auユーザー向けの電力供給サービスがauでんきです。北陸エリアに住んでいてauユーザーの人であれば、一番に検討してほしい電力会社と言えるでしょう。電気料金そのものは北陸電力とほとんど変わりませんが、電気料金に応じて最大5%がプリペイドカードのau WALLETに還元されます。電気料金据え置きでキャッシュバックがあるのですから、しっかり得できるでしょう。北陸エリアは電力会社の選択肢が少ないので、auでんきはかなり注目できますよ。自分がauユーザーでなくても、家族にauユーザーがいれば検討することをおすすめします。

ヤマダのでんき

ヤマダのでんき
ヤマダのでんきの電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 九州電力

「ヤマダのでんき」で得できるのはこんな人

  • ヤマダ電機のポイントカードを持っている人

編集部の口コミ&比較ポイント

ヤマダのでんきは、あの大手家電量販店のヤマダ電機提供する電力供給サービスです。ヤマダのでんきは、沖縄を除く国内のほぼ全てのエリアが電力供給エリアとなっていますから、引越しの際に電力会社を変更しなくて済むという利点があります。ヤマダのでんきが供給する電気は、「ハウステンボスの電気」で知られる新電力のHTBエナジーから調達されますが、再生可能エネルギーや、二酸化炭素排出量の少ないLNG火力発電を取り入れていますから、環境に配慮したい人にもおすすめです。電気料金に応じて全国のヤマダ電機で使えるヤマダポイントが貯まるのもいいですね。

北陸電力 ほくリンク

北陸電力 ほくリンク
北陸電力の電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 東京電力
  • 北陸電力

「北陸電力」で得できるのはこんな人

  • 北陸電力と契約をしていて「ほくリンク」に登録していない人
  • オール電化など夜間電力を使用する人

編集部の口コミ&比較ポイント

北陸エリアに電力供給をしていた電力会社ですが、深夜電力がお得になるプランなど、電気を利用する時間帯によってお得になるプランがあるので、エコキュートなどの設備がある人にはおすすめです。また、登録無料の会員制WEBサービス「ほくリンク」会員になると、オリジナルポイント「ほくリンクポイント」も貯まります。さらにソフトバンクでんきとの提携により、ソフトバンクのスマホや携帯を利用している人は、電気料金に応じてTポイントが貯まる「でんきセット」プラン(ほくリンク会員のみ)もあるので、ぜひ検討してみてくださいね。

いい部屋でんき(大東エナジー)

いい部屋でんき(大東エナジー)
いい部屋でんき(大東エナジー)の電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

「いい部屋でんき(大東エナジー)」で得できるのはこんな人

  • 大東建託グループが管理する賃貸住宅に住んでいる人

編集部の口コミ&比較ポイント

こちらは全ての人が契約できるわけではありませんが、大東建託グループが管理している賃貸住宅に住んでいる人であれば、入居者限定のいい部屋でんきをぜひ検討してみてください。いい部屋でんきのプランは、家賃の割引といったセット割はありませんが、北陸電力の従来の電気料金と比較して、基本料金と電力量料金がそれぞれ3%ほど安く設定されています。電気をあまり使わない人のことも考えられたプランなので、一人暮らしの人にもおすすめですよ。毎月支払う家賃と電気料金をまとめることができるので、家計の管理にも役立つのではないでしょうか。

ミサワでんき(ミサワホーム)

ミサワでんき(ミサワホーム)
ミサワでんき(ミサワホーム)の電気料金やセット割引などのアイコン

電力供給エリア

  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 東京電力
  • 北陸電力
  • 中部電力
  • 関西電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力

「ミサワでんき(ミサワホーム)」で得できるのはこんな人

  • サワホームで戸建ての住宅を建てたオーナー

編集部の口コミ&比較ポイント

住宅メーカーで有名なミサワホームが、戸建て住宅のオーナー向けに展開する電力供給サービスがミサワでんきです。ミサワでんきは電気料金が安くなるというプランではなく、電気料金の5%相当分がミサワポイントとして還元されるプランになります。ミサワポイントは自宅のリフォームやメンテナンスの際に使用できるほか、電子マネーにも交換できて便利です。さらにミサワでんきが契約者ごとに省エネアドバイスもしてくれますよ。節電方法を自分で考えるとなると少々面倒ですが、プロがアドバイスしてくれるのですから心強いですね。住宅も電気も、ミサワホームにお任せするというのもひとつの手かもしれません。

「北陸地方は?」電気・ガス・水道料金が安い地域

北陸地方

日本全国10エリア中…
電気料金 第10位 10746円
ガス料金 第6位 4460円
水道料金 第8位 22093円

※2015年総務省統計局調べ

北陸地方は、残念ながら電気料金が第10位となりました。第1位の沖縄地方と比較すると毎月2612円も差が出てしまいます。一方、ガスに関しては真ん中の第6位ですが、全国10エリアの平均額が4488円ですから、それよりは安いことになります。水道料金は高めの22093円で第8位に。全体的に見て、北陸地方は比較的光熱費が高い印象を受けますね。

北陸電力が所有する発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 志賀原子力発電所(原子力/1898MW)
  • 富山新港火力発電所 (火力/1500MW)
  • 七尾大田火力発電所(バイオマス/1200MW)
  • 敦賀火力発電所(バイオマス/1200MW)
  • 有峰第一発電所(水力/265MW)

※1MW=1000kW
※現在、稼働していない発電所も含みます。

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ