1. 節約術で貯金する方法

節約術が分かる!日常生活で貯金する方法

節約術が分かる!日常生活で貯金する方法

節約すればもっと貯金ができるのに…そう思いながら、結局なかなか節約できず貯蓄額も増えていかないという人、結構多いと思います。漠然と「節約しよう!」と思っているだけで節約できるはずありません。電気料金、ガス料金、食費、通信費、交際費といった毎月出ていくお金をしっかりと把握して、ひとつずつしっかり節約対策をしていかなければ、きっと今月も思うように貯金することはできないでしょう…。節約と言ってもそんなに難しいことをする必要はありません。ひとつひとつの節約術はとても簡単なことですが、とにかく習慣づけて継続していくことが重要なのです。あなたが少しでも節約や貯金に興味があるのなら、ぜひ読んで欲しいと思います。

水道光熱費の節約術

電気・ガス・水道は家計のうち6%前後が理想的という意見があります。具体的な数字にすると、手取り20万円の場合は12,000円ほど、手取り40万円の場合は24,000円ほどとなりますね。たった6%とはいえ、それが節約できるならしたいもの。固定費に分類される水道光熱費ですが、季節などによって変動しやすく、ちょっとした工夫で金額を抑えることができますから、節約したいと考えるならまずは水道光熱費の分野から節約対策をしてみてもいいのではないでしょうか。

電気料金

電力会社を変えて電気料金節約

電気料金を節約したいなら、まずやっておきたいのが電力会社や契約プランの見直しです。東京電力や関西電力といった地域の電力会社から、ENEOSでんき、ソフトバンクでんき、東京ガスの電気といった新しい電力会社に切り替えることで、電気料金が大幅に下がるという人は実はかなり多くいるのです。電気使用量が多い人ほど得になるプランが多くなっていますが、中には電気をあまり使わない人でもしっかり得できるプランを提供している電力会社もあるので、まずは自分にマッチした電力会社に切り替えることからはじめてみてはいかがでしょうか。

節電で電気料金節約

照明、空調、掃除、調理、娯楽などあらゆるジャンルに電気が使われていますから、私たちの生活は電気によって支えられていると言っても過言ではありません。電化製品の場合、商品ごとに消費電力が大きく変わってきますから、選ぶときに省エネ効果がどれくらいか?消費電力が大きいのか小さいのか?あらかじめ確認しておくことも必要ですが、もっと大切なのは工夫して使用することだと言えるでしょう。ちょっとした節約術で、意外と簡単に電気料金を減らすことができますよ。

ガス料金

最近ではIHクッキングヒーターを導入する家庭も増えてきましたが、それでもガスコンロを活用している家庭はまだまだたくさんありますよね。ガス料金は電気料金の半分ほどという人が多いこともあり、あまり節電意識を持っていない人が多いかもしれませんが、ちょっとした工夫でガス料金も節約することができるのです。ガスや電気は目に見えるものではないのでなかなか節電効果が感じられないかもしれませんが、年単位で見てみると大きな効果を実感できると思います。

水道料金

水道光熱費の中でも唯一目に見えるのが水道ですよね。目に見えるぶん水道は電気やガスと比較して節約意識が持ちやすいという点はとても良いことだと思います。水道料金の場合、2ヶ月に1回の請求になっているので案外料金がかさんでいたというケースも少なくありません。無駄を減らして毎日コツコツと節水することが水道料金の節約になりますが、水は地球の貴重な資源ですから環境の保全にも役に立つというメリットもあるのです。

食費の節約術

食費は家計の15~20%が目安といわれていることからも家計に占める割合が非常に大きいと言えるでしょう。食費を節約したい場合、何よりも「自炊をする」ということが一番の節約方法だと思いますが、それ以外の節約方法もあれば、自炊をする上での節約方法もたくさんあります。食費の場合、他のジャンルと比較して見直しやすいというのがひとつのメリットと言えるでしょう。無理をする必要はありませんが、気にある節約方法、できそうな節約方法からチャレンジしてみると、食費節約のコツがつかめるかもしれませんね。

その他の節約方法

水道光熱費や食費の節約以外にも簡単な節約方法はたくさんあります。いろいろな記事を読んでみるとわかると思いますが、どの方法もそんなに難しいことも面倒なこともありません。最初にもお伝えしましたが、節約は継続していくことが重要です。すべての節約方法にチャレンジできなくても問題はありません。できる節約方法からどんどん試し、余ったお金はしっかり貯金。そうすることで思った以上に貯蓄が増えるかもしれませんよ!

新着の記事

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ