1. 電力ニュース

電力ニュース

電力自由化のイメージ

2016年4月1日から、私たちは自分の好きな電力会社を選べるようになりました。東京電力や関西電力といった地域の電力会社(一般電気事業者)から、新しく電力供給サービスに参入してきた電力会社(新電力)に切り替えることで、電気料金が安くなったり、さまざまな特典で得できたりするようになります。消費者にとってメリットが大きいのは確かですが、きちんと各社の特徴やプランを確認し、自分のライフスタイルにマッチした電力会社を選ばないと、お得が実感できないだけでなく損をすることもあるのです。電力会社を切り替えるなら、電力会社を知るところから!ここでは、続々登場する電力会社の新プランや特徴をわかりやすくまとめたニュース記事をご紹介しています。気になる記事からさっそくチェックしてみてくださいね。

電力自由化関連ニュース

「電力自由化と言われても…正直、何が変わって自分はどうしたらいいのかわからない!」と言う人は、案外多くいるようです。確かに自分が使っている電気や電力会社に興味を持っている人というのはそう多くないでしょうから、最初はどうしていいかわからないと思うかもしれません。そんな人は、まずこちらの記事をチェックしてみてくださいね。電力自由化について絶対に読んでほしい記事をまとめています。

電力会社のキャンペーン

電力会社が新規契約数や顧客満足度をアップするためにキャンペーンを実施するのはよくある話。私たち消費者は、そういったお得なキャンペーンをしっかりと活用して、より大きなメリットを得たいものですね。キャンペーンですから当然期間限定になります。申し込みをするタイミングが1日違っただけで得できないこともありますから、気になる電力会社のキャンペーンはチェックしておきたいですね。キャンペーンが最後の決め手となって電力会社を決めたという人も多くいるのではないでしょうか。

電力会社の料金プラン

ちょっと調べてみるだけでわかると思いますが、電力会社各社の料金プランは非常にさまざまです。比較的多いのが電気使用量が多い人ほど得できるように設定されたプランですが、中にはどんな料金帯の人でもある程度得できるようなプランを採用している会社もあるのです。万人におすすめできるプランはなく、電気使用量やライフスタイルなどによってベストはプランは異なりますので、それを見極めることが最も重要と言えるでしょう。

電力会社の取り組み

キャンペーンや新プラン登場といったこと以外でも、電力会社各社はさまざまな取り組みを行っています。CM放映など消費者の目に見える取り組みもあれば、環境配慮への取り組みや地域貢献の取り組みといった、あまり目立つことのない取り組みもあります。電気料金だけを見てどの電力会社にするか決めるとなると、似たり寄ったりの料金プランで迷ってしまうこともあると思いますが、そんなときは各社の取り組みにも目を向けてみるといいかもしれませんね。

電力会社の提携・協力

企業同士が提携することはもはや当たり前のこととなっていますが、電力会社であっても同業他社や他業種の企業と提携することはよくある話です。既に電力供給実績のある企業と提携することで電力事業に新規参入してくるというケースもありますし、サービスの向上を目的とした企業提携も当然多くあります。電力会社がさまざまな企業と提携することで魅力的なプラン登場も期待できるので、気にしておきたいところですね。

電力会社のポイント特典

Tポイント、Pontaポイント、dポイント、waonポイントといったポイント付与サービスを採用して、電気料金以外の付加価値をつけている電力会社がたくさんあります。また、商品券やTポイント、Pontaポイントなどの別ポイントに交換できるオリジナルポイントを付与する電力会社もありますね。電力会社選びの際は、このポイント付与特典がかなり大切。電気料金の節約効果とポイント付与でかなりお得になる電力会社もたくさんありますよ。

首都圏で話題のENEOSでんき

電力自由化前からCMなどを活用して先陣を切ってアピールしていたENEOSでんき。もともと知名度もあり、またエネルギー事業の実績も多いことから、申し込みも好調です。ENEOSでんきは電気料金もかなり安いのですが、セット割・特典、信頼性、環境配慮などさまざまなポイントで高得点の偏差値が高い電力会社と言えるでしょう。現在、電力供給エリアは東京電力管内(関東エリア)のみとなっているので、首都圏に住む人なら一度はチェックしておきたいですね。

申し込みの多い人気の電力会社

電力会社の中でも、目立って申し込み者数の多い人気の電力会社に関連する記事を集めました。人気なのにはそれなりの理由があります。電力会社に迷ったら、まず人気を集めている電力会社からチェックするというのもアリですね。電力供給エリアに自分が住んでいるエリアが入っているのであれば、さっそくチェックしてみましょう。

新着の記事

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ