1. 岩手県 電力自由化

岩手県も電力自由化!利用できる電力会社

岩手県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

東北電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

「岩手県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

岩手県盛岡市

47都道府県中…
電気料金 第45位 10900円
ガス料金 第18位  4453円
水道料金 第47位  24381円

※2015年総務省統計局調べ

こうして岩手県の県庁所在地である盛岡市の光熱費を見てみると、水道料金と電気料金がズバ抜けて高いことが分かります。特に水道料金にいたっては全国で最下位。最も安い神戸市と比較すると2倍も水道料金がかかっていることになります。ちなみに、ひとつ上の水道代46位は隣接する青森県の青森市。他にも45位に山形市など、東北地方は水道代が高めの傾向があるようです。

岩手県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 釜石発電所(バイオマス/149MW)
  • 葛根田地熱発電所(地熱/80MW)
  • 釜石広域ウインドファーム(風力/42.9MW)
  • 岩洞第一発電所(水力/41MW)
  • 仙人発電所(水力/37.6MW)

※1MW=1000kW

岩手県ってどんなところ?

岩手県は秋田県や青森県と隣接する東北地方の県のひとつで、県庁所在地は盛岡市。面積が15,275.01km2と広いのが特徴で、これは全都道府県の中でも北海道に次ぐ2番目の広さ。総人口はおよそ130万人ほどです。内陸の方は夏は熱くて冬は寒いという、まさに光熱費がかかる気候となっており、電気料金が全国45位なのも納得できます。北の方に位置するだけあって県内全域は豪雪地帯に指定。ただ、雪の量については地域の差が大きく、中でも西和賀町や八幡平市は雪の量が多いことで有名。特別豪雪地帯に指定されています。逆に太平洋側にある市については雪の量が少なめです。東北新幹線は首都圏とも結ばれており、県庁所在地である盛岡市に停車します。また、NHKドラマの舞台になったこともあり、「どんど晴れ」では盛岡市。「あまちゃん」では久慈市がとりあげられ、放送当時は観光客も増えたようです。

岩手県の新電力供給カバーエリア

  • 盛岡市
  • 宮古市
  • 大船渡市
  • 水沢市
  • 花巻市
  • 北上市
  • 久慈市
  • 遠野市
  • 一関市
  • 陸前高田市
  • 釜石市
  • 江刺市
  • 二戸市
  • 八幡平市
  • 奥州市
  • 滝沢市
東北電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ