1. 宮崎県 電力自由化

宮崎県も電力自由化!利用できる電力会社

宮崎県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

「宮崎県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

宮崎県宮崎市

47都道府県中…
電気料金 第13位 8341円
ガス料金 第2位 3216円
水道料金 第4位 16081円

※2015年総務省統計局調べ

宮崎県の県庁所在地である宮崎市のランキングで注目したいのはガスと水道の料金。ガスが2位の3216円、水道が4位の16081円と非常に安くなっています。特にガスは1位の青森市と20円程度の差しかなく、もう少しで1位という非常に惜しい状況。3位の和歌山市には400円ほどの差をつけており、とても1位に近い2位という感じです。電気料金だけは他と比べると高めの8341円でした。

宮崎県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 小丸川発電所(揚水/1200MW)
  • 一ツ瀬発電所(水力/180MW)
  • 上椎葉発電所(水力/93.2MW)
  • 大淀川第二発電所(水力/71.3MW)
  • 塚原発電所(水力/63.05MW)

※1MW=1000kW

宮崎県ってどんなところ?

宮崎県は九州の南東部にある県で、県庁所在地は宮崎市。県の木はフェニックスと呼ばれるヤシの木。流石は日本の最南端に近い位置に存在する県といった感じです。日照時間や降水量が多いことでも有名な県ですが、冬は晴れる日が多め。そのため、冬場でも暖かいことが多く、野球などのキャンプ地や、ゴルフにもよく利用されます。そんな宮崎県の県民はのんびり屋という特徴があり、「日向時間」なんて言葉もあるくらいです。日向時間とは待ち合わせ時間に対しての遅れなどを寛大に受け止める言葉で、あらかじめ遅れることを想定して集合時間を早めに設定することも。こういった特徴は沖縄などでも見られます。名産品としては、宮崎県産のマンゴーである「太陽のたまご」が有名。他にも、他県ではニューサマーオレンジなどの名前でも知られる「ヒュウガナツ」、ご当地グルメとして人気の「肉巻きおにぎり」など。宮崎県は食べ物にも恵まれた素敵な県です。

宮崎県の新電力供給カバーエリア

  • 宮崎市
  • 都城市
  • 延岡市
  • 日南市
  • 小林市
  • 日向市
  • 串間市
  • 西都市
  • えびの市
九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ