1. 長崎県 電力自由化

長崎県も電力自由化!利用できる電力会社

長崎県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

長崎県内で電気の地産地消を目指そう

長崎地域電力(チョープロ)

長崎県内でLPガスの供給や太陽光発電事業を行っている株式会社チョープロが、電力供給に乗り出しました。電力会社の名前は「長崎地域電力株式会社」。チョープロのガス供給の実績は1949年からと長く、エネルギーのベテランと言えるでしょう。60年以上の歴史を持つチョープロは電力供給にあたって、自社の太陽光発電所を所有し、すでに電力供給の経験を持っている株式会社V-Powerと提携し、両社の強みを活かしながら事業を展開しています。地域密着の企業だけに、電力を供給するのも九州エリア限定です。

選べるプランは2種類あり、両プランとも既存の九州電力と比べて割安な料金設定になっているようです。実はこの割安料金には、少人数体制をとることで経費を削減し、それを料金に反映しているというが裏側があるんだそう。さらにチョープロのガスと電気をセット契約することで、ガスの基本料金が一律200円引きになる特典もあります。長崎地域電力が供給する電気は、九州エリアでつくられた再生可能エネルギーが中心となっており、エネルギー事業を通して長崎の経済発展に貢献していくことを目指しているそうです。今後も企業理念に賛同する企業と提携することで、地球環境改善への取り組みを行うということですから、長崎地域電力と契約することで地元長崎を応援するというのもアリかもしれませんよ。

→ 長崎地域電力の詳細を見る

スポンサーリンク

「長崎県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

長崎県長崎市

47都道府県中…
電気料金 第9位 8055円
ガス料金 第30位 4940円
水道料金 第22位 18763円

※2015年総務省統計局調べ

長崎県長崎市のランキングで最も注目すべきは電気料金。9位で8055円という電気料金は九州地方の平均を下回り、かなり安めと言える金額になっています。ただ、ガス料金と水道料金については九州地方の平均よりも高い結果。とは言え、水道料金は47都道府県中22位で半分よりも上。全国的に見ればいたって普通の料金です。

長崎県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 松浦火力発電所(バイオマス/2000MW)
  • 松島火力発電所(火力/1000MW)
  • 相浦発電所(火力/875MW)
  • 松浦発電所(火力/700MW)
  • 新有川発電所(火力/60MW)

※1MW=1000kW

長崎県ってどんなところ?

長崎県は九州地方の西部に位置する県で、県庁所在地は長崎市。地形としては対馬や五島列島など、971の島嶼があり、数としては日本一。人口は約137万人(2016年2月1日現在)です。日本地図をよく見ると分かるのですが、北海道や沖縄を除いた場合、日本で唯一1つの県としか隣接していないという珍しい県でもあり、その隣接した県というのが佐賀県です。そんな長崎県の名物と言えば、最近は東京の方でもチェーン店を見かける長崎ちゃんぽん。長崎市が発祥となるちゃんぽんで、特徴は太目の麺と具材の多さ。野菜や海鮮物など、様々な具材がどっさりと乗せられています。また、ポルトガルからやってきたカステラの本場でもあり、長崎県には長崎カステラの名店が数多く存在します。さらに、キリスト教が根付いていることから教会が多く、観光としては教会巡りも有名。諫早市にはトマトやミカン、スイカなどをくりぬいた見た目のフルーツバス停もあり、長崎に行く機会があれば一度は見ておきたいところです。

長崎県の新電力供給カバーエリア

  • 長崎市
  • 佐世保市
  • 島原市
  • 諫早市
  • 大村市
  • 福江市
  • 平戸市
  • 松浦市
  • 対馬市
  • 壱岐市
  • 五島市
  • 西海市
  • 雲仙市
  • 南島原市
九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ