1. 佐賀県 電力自由化

佐賀県も電力自由化!利用できる電力会社

佐賀県で利用できる新電力会社をご紹介します。電力自由化で賢く節約しませんか?

九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

「佐賀県は?」電気・ガス・水道料金が安い都市ランキング

佐賀県佐賀市

47都道府県中…
電気料金 第19位 8843円
ガス料金 第11位 4192円
水道料金 第14位 18371円

※2015年総務省統計局調べ

佐賀県佐賀市の光熱費ランキングを見ていきましょう。まず、注目したいのがガス料金。11位で4192円と全国的に安めです。水道料金も14位の18371円とそれなりに安め。電気料金は3つの中で一番、順位が低いとはいえ19位の8843円。すべてにおいて10位台というのはなかなかのものでしょう。

佐賀県にある発電所は?

(発電方法/総出力)

  • 玄海原子力発電所(原子力/3478MW)
  • 天山発電所(揚水/600MW)
  • 佐賀工場火力発電所(バイオマス/25.2MW)
  • 肥前南風力発電所(風力/18MW)
  • 鮎の瀬発電所(水力/17.6MW)

※1MW=1000kW

佐賀県ってどんなところ?

佐賀県は九州地方の北西部に位置する県で、県庁所在地は佐賀市。玄界灘と有明海、2つの海に接しており、昔から陶磁器などの産地として有名です。九州地方の中で最も面積が少なく、同時に人口も最下位。ただ、人口密度については高めとなっており、九州地方では2番目。全国でも16番目となります。九州地方ということもあり、温厚な気候ではあるのですが、冬はわりと寒さが厳し目。実は東京よりも寒い気候にあります。気候については地域さもあり、佐賀市などの南部は夏は非常に暑く猛暑となりがち。逆に唐津市などの北部の玄界灘沿岸は猛暑日は少なめ。1日の温度差も小さいようです。実は日本で唯一、ムツゴロウが生息している県で、ムツゴロウに関する観光スポットも存在しています。ちなみに、佐賀県は47都道府県の中でもかなり認知度が低めだった県ですが、お笑い芸人の作った佐賀県をモチーフにした曲のおかげで知名度は急上昇。当時はテレビでもよく聞いたので、これで佐賀県を知った方も多いのではないでしょうか。

佐賀県の新電力供給カバーエリア

  • 佐賀市
  • 唐津市
  • 鳥栖市
  • 多久市
  • 伊万里市
  • 武雄市
  • 鹿島市
  • 小城市
  • 嬉野市
  • 神埼市
九州電力エリアも電力自由化!電力会社を比較

スポンサーリンク

  
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ