おすすめの電力会社ランキング98社比較

【中国エリアの電力会社を比較】電力自由化で電気料金を安くする

おすすめの電力会社ランキング 中国

中国電力エリアの人はどんな電力会社が選べるんだろう。しっかり選んで電気料金や特典でできるだけ得したいよね!ここでは中国電力エリアでおすすめの電力会社をランキング形式で紹介するよ!電気料金、口コミ、特典なんかを丸ごと評価したから比較してみてね。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

中国電力エリアでおすすめの電力会社を比較

中国電力エリアのおすすめ電力会社各社の特徴をしっかりとチェックして、自分にピッタリの電力会社を探してみよう!

あしたでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高く感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

新電力の中でも人気を集めているのがあしたでんき。あしたでんきのプランは2つ用意されていて、各家庭の電気使用量によって最適なプランが選択できます。標準的なプランは基本料金がなんと0円。さらに電気の単価も一律料金でかなり安い設定です。また電気使用量が多い家庭向けのプランだと、基本料金は少し高めの設定ですが、電気の単価がかなりリーズナブル。中国エリアだと1kWhあたり19円ですが、これは数ある電力会社の中でもトップクラスの安さと言えるでしょう。手数料・解約金がかからないので、電気料金を安くしたいという人は一度切り替えてみてはいかがでしょう。

Looopでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高いと感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
16,067円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
8,863円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
778円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

Looopでんきの特徴は、基本料金(最低料金)0円で、電気を使用した分だけ料金が請求されるという珍しいプランを採用しているところです。中国電力エリアの場合、電気の単価(従量料金)は1kWhあたり24円となっていて、電気使用量が100kWhなら24円×100と、とてもシンプルな計算になります。これが非常にわかりやすいプランだと大好評。契約時の手数料や解約金が一切不要なので、どの電力会社にしようか迷っている人はまずLooopでんきから試してみるのはいかがでしょうか。Looopでんきは供給する電力に関しても自然エネルギーの割合増を目指していますよ。

親指でんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高く感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
16,097円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
8,885円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
772円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

かなり話題を呼んでいる新電力がこちらの親指でんき。親指でんきの基本プランは、なんと基本料金が0円なのです。これまで当たり前に支払ってきた基本料金が不要なのは大きなメリットではないでしょうか。また電気の単価が一律なので、電気使用量(kWh)×単価のシンプルな計算で電気料金が把握できるのもわかりやすいですね。契約する際の手数料や解約金・違約金が一切不要で、試しやすいのも魅力でしょう。多くの契約者が節電効果を実感している親指でんき、試してみてはいかがでしょうか。

エルピオでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい
  • 電気料金の安さにこだわりたい
  • 解約金のない電力会社を選びたい

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
23,814円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
18,063円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
3,998円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

関東エリアでプロパンガス事業をしていたエルピオという会社の電力供給サービスが「エルピオでんき」。とはいえガス契約をしていない人でも電気の契約ができるので、電気代を安くしたいという人は、ぜひ公式サイトのシミュレーションを試してみてください。実際、エルピオでんきの料金設定を見ると、各エリアで最低水準レベルですから、多くの人が電気料金の節約効果を実感できることでしょう。電気とガスセット割などはもともと用意がないので、ガスの契約の有無に関わらず得できるのもメリットです。

自然電力のでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい
  • 自然エネルギー100%に興味がある
  • 2人以上で住んでいる
  • 解約金のない電力会社を選びたい

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
15,383円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
8,584円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
切り替え非推奨
※「平日の昼間:家にいない」「週末の昼間:家に時々いる」を選択
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

自然エネルギーを利用した、環境に優しい電力会社を選びたいという人にイチオシなのが「自然電力のでんき」です。2つのプランがありますが、そのうちの1つは自然エネルギーで100%をまかなうプラン。自然電力のでんきは比較的料金が安めですが、さらに電気代を安くしたいという人のために、自然エネルギーの割合が30%で、そのぶん電気料金を安く設定したプランもあり、環境配慮も電気料金の安さも、両方を実現できるのです。電気料金の一部が市場の卸価格と連動して多少変化する珍しいプランですが、どうせなら環境に優しい電力会社を選びたいという人にかなりおすすめです。

ソフトバンク「おうちでんき」

得できるのはこんな人
  • ソフトバンクのユーザー
  • ワイモバイルのユーザー
  • セット割のある電力会社を選びたい

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
2年間約5,105円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
2年間約4,611円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2年間約3,648円お得
※ソフトバンクorワイモバイルとの契約を想定
※「通信サービス回線:1回線」を選択
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

ソフトバンクの「おうちでんき」も人気です。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、スマホやネット1回線につき毎月100円の割引になる特典が(3年目以降は割引率が変わります)。最大10回線まで割引対応じゃから、家族にソフトバンクもしくはワイモバイルユーザーが多いほど得できる計算に。電気使用量に応じて請求される従量料金の部分が、毎月ずっと1%割引になるため、従来の電力会社と比較してしっかり安くなるでしょう。スマホ代やネット代と電気代の請求がまとまるというのも便利ではないでしょうか。ソフトバンクやワイモバイルのユーザーなら、おうちでんきを検討してみてください!

「中国地方は?」電気・ガス・水道料金が安い地域

中国地方の電気・ガス・水道料金のランキングを見てみましょう。

【日本全国10エリア中】

  • 電気料金 第4位 9103円
  • ガス料金 第4位 4233円
  • 水道料金 第3位 18524円

※2015年総務省統計局調べ

中国地方の光熱費を見てみると、電気料金が第4位で9103円、ガス料金が第4位で4233円、水道料金が第3位で18524円と、第1位はありませんがどの項目においてもなかなかの安さになっていますね。特に第3位にランクインした水道料金は、第10位の東北地方と比較すると4677円も安くなっています。

中国電力が所有する発電所は?

【中国電力が所有する発電所】

  • 柳井発電所(火力/1400MW)
  • 島根原子力発電所(原子力/1280MW)
  • 俣野川発電所(揚水/1200MW)
  • 玉島発電所(火力/1200MW)
  • 三隅発電所(火力/1000MW)
(発電方法/総出力)

※1MW=1000kW
※現在、稼働していない発電所も含みます。

都道府県まで絞り込む