おすすめの電力会社ランキング98社比較

【九州エリアの電力会社を比較】電力自由化で電気料金を安くする

おすすめの電力会社ランキング 九州

九州電力エリアの人はどんな電力会社が選べるんだろう。しっかり選んで電気料金や特典でできるだけ得したいよね!ここでは九州電力エリアでおすすめの電力会社をランキング形式で紹介するよ!電気料金、口コミ、特典なんかを丸ごと評価したから比較してみてね。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年8月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

九州電力エリアでおすすめの電力会社を比較

九州電力エリアのおすすめ電力会社各社の特徴をしっかりとチェックして、自分にピッタリの電力会社を探してみよう!

あしたでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高く感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

今人気急増中のあしたでんき。あしたでんきのプランは、電気使用量に合わせて2つ用意されています。標準的な電気使用量なら基本料金が0円の「標準プラン」がおすすめ。電気の単価が一律なので、要は電気を使った分だけ電気代を支払えばいいのです。また電気使用量が多い家庭なら「たっぷりプラン」がおすすめです。基本料金は3,000円と少々高めではありますが、電気の単価が一律18円と激安なので、かなりの節電効果を実感できるのではないでしょうか。契約手数料や解約金が0円なので試す価値はあるでしょう。電力会社に迷ったらあしたでんきにしてみては?

Looopでんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高いと感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
16,067円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
8,863円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
778円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

もともと太陽光発電システム事業を展開していた株式会社Looopの電力供給事業が、こちらのLooopでんきです。非常に珍しい「基本料金0円」というプランが好評で、加入者が急増しています。さらに電気の単価が一律なので、どれだけ電気を使用しても「従量料金×電気使用量」というシンプルな計算になりますから、とてもわかりやすいと思います。契約手数料や解約金も0円と良心的なので、ひとまず契約してみてどれくらい電気料金が節約できるか試してみてはいかがでしょうか。ちなみに環境負荷の少ない電気の供給にも注力しているので、発電方法にこだわりたいという人にもおすすめです。。

親指でんき

得できるのはこんな人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人
  • 基本料金(最低料金)が高く感じる人
  • 2人以上で住んでいる人
  • 解約金のない電力会社を選びたい人

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
16,097円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
8,885円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
772円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

親指でんきを提供しているのは、企業向けの光熱費節約コンサルタント事業に取り組んできた株式会社ユビニティ―。親指でんきの魅力は4つの0(ゼロ)。基本料金0円、解約手数料0円、初期費用0円、切り替えリスク0と、消費者にとって非常にメリットが大きいのです。従来の電気料金では当たり前だった基本料金が0円というだけでもお得ですが、電気の単価も、どれだけ電気を使っても一律という明朗会計。プランがわかりやすいというのは、安心感につながりますよね。契約するときも解約するときも手数料0円なので、ひとまず契約してみて節約効果を試してみるというのもいいですね。

ミツウロコでんき

得できるのはこんな人
  • 最も高い月の料金が10,000円越え
  • シンプルに電気料金を安くしたい
  • 2人以上で住んでいる
  • 解約金のない電力会社を選びたい

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
16,400円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
11,500円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,300円お得
※地域によって異なる場合があります

編集部の口コミ&比較ポイント

ミツウロコは、電気、石炭、石油、LPガスなど、エネルギーに関連するさまざまな事業を展開している会社で、風力発電やバイオマス発電、太陽光発電といった環境に配慮した発電の実績も豊富です。家庭向けに電力供給サービスを行うのは、ミツウロコグループのひとつであるミツウロコグリーンエネルギー。ミツウロコの電気の特徴は、セット割引や特典で付加価値をつけるのではなく、シンプルに電気料金を安くするわかりやすいプランという点です。電気をあまり使わない人にとってはお得感を感じられないかもしれませんが、電気使用量が多い人であれば電気料金の節約効果が大きいので、選択肢のひとつにしてもいいかもしれませんね。

坊っちゃん電力

得できるのはこんな人
  • 最も高い月の料金が10,000円越え
  • 2人以上で住んでいる
  • 解約金のない電力会社を選びたい

「知名度は低い。電気代はもっと低い。」というインパクト大のキャッチコピーを掲げているのが地元四国エリアの電気の地産地消と地域活性化を目指す坊っちゃん電力です。関東エリアや関西エリアにも進出していますが、四国エリアでの電気料金はなかなかお得な設定になっています。確かに坊っちゃん電力は他の電力会社と比較して知名度が低いかもしれませんが、親会社は愛媛県に本社を持つ太陽光発電システム事業を行っているデンカシンキという会社で、大規模なメガソーラーも所有する電気と深い関わりのある会社なのです。四国の地産地消の電気に興味がある人や、地元を応援したい人はぜひ検討してみてくださいね。

九州電力エリアの電気・ガス・水道料金は安い?

九州地方の電気・ガス・水道料金のランキングを見てみましょう。

【日本全国10エリア中】

  • 電気料金 第2位 8320円
  • ガス料金 第3位 4118円
  • 水道料金 第2位 16995円

※2015年総務省統計局調べ

九州地方の光熱費は、電気料金と水道料金が全国第2位、ガス料金が第3位と、全体的に見てもかなりの大健闘です。それぞれ項目別に第10位のエリアと比較してみると、電気料金が2426円、ガス料金が1256円、水道料金については6206円も安くなっています。1ヶ月でこれだけ差があるのですから、年間で考えると全国平均よりかなりお安くなるでしょう。

九州電力が所有する発電所は?

【九州電力が所有する発電所】

  • 玄海原子力発電所(原子力/3478MW)
  • 新大分発電所(火力/2295MW)
  • 新小倉発電所(火力/1800MW)
  • 川内原子力発電所(原子力/1780MW)
  • 苓北発電所(火力/1400MW)
(発電方法/総出力)

※1MW=1000kW
※現在、稼働していない発電所も含みます。