1. シンエナジー(旧洸陽電機)

シンエナジー(旧洸陽電機)

「シンエナジー株式会社(旧洸陽電機)」はこんな人に向いてるよ

  • 関東・関西・四国・九州エリアに住んでいる人
  • シンプルに電気料金を安くしたい人

比較的どのエリアでも電気料金を下げることができそうだけど、とくに関東・関西・四国・九州エリアの割引率は高めみたい(プランや電気使用状況にもよります)。またセット割なんかはあまりないけど、シンプルに電気料金が安くなるわかりやすいプランだよ!

「シンエナジー株式会社(旧洸陽電機)」はこんな人には向かないよ

  • 1人暮らしの人や電気使用量が少ない家庭

例えば関東エリアで現在「従量電灯B/20A」で契約している場合、シン・エナジーは該当するプランがないのよ(30A以上から契約可)。そもそもあまりにも電気使用量が少ない人は、お得感が少ないかもしれないわね。

→ 他の電力会社を比較して電気料金を安くする!

迷っている人こそあしたでんき!

このエリアでおすすめしたいのが「あしたでんき」。

あしたでんきは100%東京電力の子会社ですが、とにかく料金が安いと話題です。

基本料金0円なので、単純に月1,000円程度の基本料金がナシに。さらに従量料金が一律で、電気をどれだけ使っても単価が上がりません。

あしたでんき同様、基本料金が0円ということで最終比較されることが多いLooopでんきですが、1kWhあたりの単価はLooopでんきよりあしたでんきの方が0.5円安いんです。

それでいて解約金0円なので、試しに切り替えたという人も多数。いつでも解約OKなので、ひとまず電気代が高くなる季節までに、急いで切り替えてみたという人が多いんです。

電気代が高くなるこれからのシーズン。例年この時期は電力会社の切り替えが殺到するので、今年も手続きの混雑が予想されます。

あしたでんきならいつ解約してもお金はかかりません。電気代がピークになる前の10月中に切り替えておきませんか?

→ 北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアは申込み対象外です。このエリアならLooopでんきや親指でんきがおススメ!詳しくはこちら!

シンエナジー(旧洸陽電機)の口コミ!メリット・デメリット

「シン・エナジー(旧洸陽電機)」っていう電力会社って知ってる?もともと「洸陽電機(こうようでんき)」っていう社名だったみたいだけど…。

太陽光発電事業や地熱発電事業など、エネルギーに関する仕事もしている会社よね。

へぇー、そうなんだ。

シン・エナジー(旧洸陽電機)はもともと電気をつくって販売していた電力会社なの。

それって、家庭向けの電力販売がスタートする前からってことだよねぇ。

そうよ。学校とか地域の役所とか、大きな施設に電力供給していたの。

シン・エナジー(旧洸陽電機)の供給エリアって広いのかなぁ?

北海道(離島を除く)以外のエリアみたいね。広いわよね。

へぇー、ほとんどのエリアをカバーしてるんだ。それで、どんなプランがあるんだろ?

シン・エナジー(旧洸陽電機)の一般家庭向けプランには「きほんプラン」と「生活フィットプラン」「プランB」「プランC」っていうプランがあるの(エリアによって加入できないプランあり)。

いろいろなプランがあるんだね。

きほんプランはあまり電気を使わない家庭や時間・曜日に関係なく電気を使う家庭向けみたい。下の表はきほんプランの基本料金よ(東京電力エリア)。東京電力の通常プラン(従量電灯B)の基本料金と比較すると結構なお得率よね!

基本料金シン・エナジ―
きほんプラン
東京電力
従量電灯B
お得率
30A754.37円842.40円10.4%
40A1,005.82円1,123.20円10.5%
50A1,257.28円1,404.00円10.5%
60A1,508.74円1,684.80円10.4%

本当だ!基本料金だけでも10%以上安いんだ!

そして電気の単価(従量料金/電力量料金)が下。こっちも東京電力のプランと比較してみたわ!エリアによって単価は変わるけど、基本的には東京電力や関西電力といった従来の電力会社より安くなるわよ。

電力量料金
(従量料金)
シン・エナジー
きほんプラン
東京電力
従量電灯B
お得率
120kWhまで19.31円/kWh19.52円/kWh1.1%
120kWh超過300kWhまで24.33円/kWh26.00円/kWh6.4%
300kWh超過27.21円/kWh30.02円/kWh9.4%

へー。電気使用量が多くなるほどお得率も上がるね!じゃ、じゃあさ、生活フィットプランはどんなプランなの?

昼間は留守にしている家庭や、夜間や休日に電気を多く使う家庭、あとは太陽光発電設備を導入している家庭なんかにいいみたいよ。

生活フィットプラン料金
基本料金30A463.32円
40A617.76円
50A772.20円
60A926.64円
デイタイム
・平日:9時~18時
32.45円/kWh
ライフタイム
・平日:8時~9時/18~22時
・休日:8時~22時
25.62円/kWh
ナイトタイム
・毎日:22時~翌8時
17.65円/kWh

基本料金が安めに設定されているの。ただ時間帯によって電気料金がかなり変動するから、時間を間違えないようにしないとね。

プランBやプランCは?

プランB・Cは電気使用量がかなり多い人向けのプランよ。商店、飲食店、事務所向けだけど、かなり電気を使う家庭も選ぶことができるわ。

そうなんだねぇ。シミュレーションすればどのプランが自分に合ってるかわかるんだよね?便利、便利!

そうね。シン・エナジー(旧洸陽電機)のきほんプランはね、電気を使う人ほどお得なんだけど、電気使用量が少ない人でもある程度得できるのよ!

それはいいね!電気使用量が少ない人でもお得になる電力会社ってまだまだ少ないもんね。

そうでしょ?もちろん、生活フィットプランが合うっていう人もいるでしょうね。その名の通り、“生活にフィットした”プランなんだから。シン・エナジー(旧洸陽電機)に申し込みをするとマイページで自分の電気使用量や電気料金がチェックできるようになるから、その点も便利よね。

自分の使った電気がわかるって便利だよね。ところで…シン・エナジー(旧洸陽電機)にはセット割とか特典はないのかな?

セット割ではないけど「つなが~る割」っていうのをやっているわ。

つなが~る?

家族(親戚)や友だちと「つなが~る割 まとめてプラン」もしくは「つなが~る割 わけあいプラン」に加入すると、割引が受けられるのよ。2世帯以上4世帯以下で申し込みができるみたい。

どんなプランなの?割引なんだよね?

「まとめてプラン」なら、グループのうち代表者が割引を受けられて、「わけあいプラン」なら各世帯が割引を受けられるの。

「まとめてプラン」ってちょっとずるくない?選ぶ人いるのかな?

例えばお世話になったおじいちゃん・おばあちゃんを代表者にして、光熱費の面をサポートしてあげることだってできるわよね。一人暮らしの子どもや、単身赴任のお父さんなんかをサポートするのもありじゃないかしら。

言われてみればそうだね!

こういった割引をきっかけに電力会社を切り替える人も少なくないと思うわよ。

た、確かに!

不定期にキャンペーンなんかもやっているみたいだから、そういったキャンペーンを見て申し込む人もいるでしょうね。

いるいる!

シン・エナジー(旧洸陽電機)ってね、かなり環境改善に力を入れているのよ!太陽光、地熱、水力、バイオマスといった環境負荷の少ない発電方法を採用しているんだから。今のところ100%再生可能エネルギーっていうわけじゃないみたいだけど、今後はその比率を高めていこうとしているんですって。

そういった企業の取り組みに賛同して電力会社を切り替えるって人もいそうだよね。

そうね。発電方法や環境への取り組みも重視したいっていう人なら、シン・エナジー(旧洸陽電機)はいいかもしれないわね。

そうだね。そういった観点から電力会社を決めるっていうのも、なかなかいいかもしれないね!

迷っている人こそあしたでんき!

このエリアでおすすめしたいのが「あしたでんき」。

あしたでんきは100%東京電力の子会社ですが、とにかく料金が安いと話題です。

基本料金0円なので、単純に月1,000円程度の基本料金がナシに。さらに従量料金が一律で、電気をどれだけ使っても単価が上がりません。

あしたでんきをおすすめする理由は、他にもたくさん。

  • 基本料金がずっと0円
  • 電気料金がシンプルに安い
  • 1kWhあたりの単価が一律でわかりやすい
  • 手数料や解約金・違約金は一切不要
  • 電気を安定供給、停電しやすくなることもなし
  • 東京電力の子会社なので安心感が持てる
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いので、あしたでんきに切り替えた人はすでに多数。

あしたでんき同様、基本料金が0円ということで最終比較されることが多いLooopでんきですが、1kWhあたりの単価はLooopでんきよりもあしたでんきの方が0.5円安いんです。

電気代が高くなるこれからのシーズン。例年この時期は電力会社の切り替えが殺到するので、今年も手続きの混雑が予想されます。手続きが遅れてしまうと、今年も高額な電気代にため息…なんてことに。

あしたでんきなら解約金0円。いつ解約してもお金がかかりません。ぜひ電気代がピークになる前の10月中に切り替えておきませんか?

気になる人は、電気料金がどれだけ安くなるか?一度シミュレーションしてみてください!

→ 北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアは申込み対象外です。このエリアならLooopでんきや親指でんきがおススメ!詳しくはこちら!

セット割引・特典・ポイント

  • 「つなが~る割」あり

※「つなが~る割 まとめてプラン」はグループの代表者が割引対象に、「つなが~る割 わけあいプラン」は各世帯が割引対象になります。

電気の供給エリア

北海道電力エリアを除くすべてのエリア(離島を除く)

電源構成(再生可能エネルギー・火力・原発など)

全国で再生可能エネルギーの発電所を建設しており、今後も太陽光、地熱、水力、バイオマスなど多様な電源を開発して再生可能エネルギー比率を高めていく

契約期間・解約違約金の有無

事務手数料は無料ですが、書面申し込みの場合のみ事務手数料540円が必要(初回のみ)

解約手数料0円(2019年3月末まで)

マンション・アパートでの契約

シン・エナジー(旧洸陽電機)は、マンション・アパートでも契約することができますが、一括受電をしている場合は契約できません。

※詳しくは、現在契約している電力会社もしくはマンションの管理組合等にお問合せください。

スマートメーターの設置

シン・エナジー(旧洸陽電機)に切り替える場合はスマートメーターの設置が必要となります。スマートメーターの設置は原則立ち合い不要、無料です。

※スマートメーターの設置は一般電気事業者(東京電力や関西電力など)が行います。

申し込み方法

インターネットでお申込みが可能です。

※他のお申込み方法につきましては、直接お問合せ下さい。

支払い方法(クレジットカード、口座振替、コンビニ払い、等について)

口座振替・クレジットカード

利用可能なクレジットカード:
Visa、JCBカード、MasterCard、DinersClub、American Express

料金プランの種類

  • きほんプラン
  • 生活フィットプラン
  • プランB
  • プランC
  • 低圧動力プラン

シンエナジー(旧洸陽電機)とは

「シン・エナジー株式会社(旧洸陽電機)」は神戸にある電力会社。関西電力管内を中心に電力供給を始め、これから徐々にエリアを拡大していく予定です。いくつかの再生可能エネルギー施設を持っているのが特徴で、大阪府や兵庫県には太陽光発電所。長崎には地熱発電所などを所持。そのため、シン・エナジー(旧洸陽電機)は地球に優しいエネルギーを中心としています。電力自由化前から各施設に電力を供給していたのも特徴で、いくつかの学校や役所、宮崎県庁舎など、全部で1500にもおよぶ供給数です。さらにシン・エナジー(旧洸陽電機)のもつノウハウは個客の省コストにも貢献。その実績は経済産業省からも評価されています。

そんなシン・エナジー(旧洸陽電機)が一般家庭向けに提供するのは「きほんプラン」と「生活フィットプラン」の2つ。きほんプランなら電気の使用量などに関係なく節約が可能です。生活フィットプランは時間帯ごとで電力量料金が変わってくる仕組み。自分のライフスタイルに合わせて選択しましょう。申し込みについては多くの会社と同じように、ホームページの申し込みフォームからできます。当然、切り替えにおいて費用がかかることは一切ありません。シン・エナジー(旧洸陽電機)は将来的に再生可能エネルギーの比率を高めるとしており、全国各所で発電所を建設しています。

シンエナジー(旧洸陽電機)の口コミ・評判

シンエナジー(旧洸陽電機)の口コミ評判をご紹介しています。

さんの口コミ 年齢:

お住まいのエリア:|同一世帯の人数: |1年間で1番高い時の1ヵ月の電気料金:約|重視している点: |契約切り替え:

調査方法:インターネットを利用したリサーチ

調査期間:2016年3月15日~現在も調査中

調査対象:全国 / 性別指定なし / 年齢制限なし

回答条件:料金シミュレーションや問い合わせ、申込みをした方など、実際にアクションを起こした方

注意事項:口コミとして掲載されている内容は個人の感想です。ご自身で適切にご判断ください。

シンエナジー(旧洸陽電機)の会社情報

シンエナジー(旧洸陽電機)の会社情報です。

サービス名 シンエナジー株式会社(旧洸陽電機)
会社名 シン・エナジー株式会社(旧 株式会社 洸陽電機)
住所 兵庫県神戸市東灘区住吉宮町3-7-14
電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ