1. auでんき

auでんき

電力供給エリア:北海道電力|東北電力|東京電力|北陸電力|中部電力|関西電力|中国電力|四国電力|九州電力

auでんきの電気料金やセット割引などのアイコン

「auでんき」はこんな人に向いてるよ

  • auのスマホや携帯電話を利用している人
  • 北陸エリア・四国エリアに住んでいる人
  • 関西エリアに住んでいてピーク月10000~15000円の人

auでんきは北陸エリア、四国エリアだと安いんだ。関西エリアでもピーク月10000~15000円だとかなりお得になるから一度はチェックしてみてね。

「auでんき」はこんな人には向かないよ

  • auのスマホや携帯電話を利用していない人
  • とにかく電気料金を安くしたい人

電気料金の割引じゃなくて電気料金に応じてau WALLETに還元してくれるシステムなの。だから電気料金をとにかく安くしたい人は不向きかもしれないわ。

→ 他の電力会社を比較して電気料金を安くする!

迷っている人こそあしたでんき!

このエリアでおすすめしたいのが「あしたでんき」。

あしたでんきは100%東京電力の子会社ですが、とにかく料金が安いと話題です。

基本料金0円なので、単純に月1,000円程度の基本料金がナシに。さらに従量料金が一律で、電気をどれだけ使っても単価が上がりません。

あしたでんき同様、基本料金が0円ということで最終比較されることが多いLooopでんきですが、1kWhあたりの単価はLooopでんきよりあしたでんきの方が0.5円安いんです。

それでいて解約金0円なので、試しに切り替えたという人も多数。いつでも解約OKなので、ひとまず電気代が高くなる季節までに、急いで切り替えてみたという人が多いんです。

電気代が高くなるこれからのシーズン。例年この時期は電力会社の切り替えが殺到するので、今年も手続きの混雑が予想されます。

あしたでんきならいつ解約してもお金はかかりません。電気代がピークになる前の11月中に切り替えておきませんか?

→ 北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアは申込み対象外です。このエリアならLooopでんきや親指でんきがおススメ!詳しくはこちら!

auでんきの口コミ!メリット・デメリット

auでんきは供給エリアが全国規模なんだよね(沖縄と一部離島を除く)。全国規模っていう会社はそんなに多くないんだよ!

もともとauを運営しているKDDIはマンションの一括受電の電力供給サービスを手がけていたから、電力事業の経験は十分なのよね。それに家庭向けだけじゃなく法人向けにも電力を供給しているの。

マンション一括受電や法人かぁ。

auでんきって、auユーザー向けの電力供給サービスなのよねぇ…。auのスマートフォンや携帯電話を使っている人ならいっぱいいそうね。

スマホや携帯だけじゃなくってさ、4G LTEタブレット、4G LTE対応PC、Wi-Fiルーターでもいいんだってね。ねぇ、auでんきってauユーザーじゃないと契約できないのかなぁ?

そうなのよ。でも、家族にauユーザーがいれば契約者が他の会社のスマホを使っててもいいの。例えばソフトバンクでもね。

そうなんだぁ!auでんきのメリットは、電気料金に応じたキャッシュバックだよね。基本料金+電力量料金の金額に応じて「au WALLET(auウォレット)」っていうプリペイドカードにキャッシュバックされるんだよ(au WALLETの申し込みは入会金・年会費無料)。

キャッシュバック率は、1ヶ月の電気料金が5000円未満だと1%、5000円以上8000円未満だと3%、8000円 以上だと5%なのよね?やっぱり電気使用量が多い人が得するのねぇ…。

でもさ、電力会社によっては電気使用量があまりにも少ない人だと電気料金が1円も安くならなかったり、逆に高くなるケースもあるけど、auでんきなら絶対に得できるってことだよね。

絶対って心強いわね!

だから、auユーザーで電気使用量が少ない人はauでんきにしてもいいかもね。

auでんきでは定期的にいろいろなキャンペーンをやっているんだけど、例えば2016年6月1日~8月31日にauでんきに申し込みをした人はキャッシュバック率が最大10%にアップするキャンペーンなんかもあるの(2016年7月現在)。でもこのキャンペーンについてはエリア限定だし細かい条件があるから、最初にしっかり確認しておくといいわよね。

でも対象になる人はかなりお得だね!キャッシュバック率がアップするのは嬉しいなぁ。今後もいろいろなキャンペーンに期待大だ!

あとね、auでんきはキャッシュバックとは別に、au WALLETクレジットカードで電気料金を支払うと、WALLETポイントも貯まるのよ!1000円で10ポイント貯まるから、割と簡単にたくさんポイントが貯まりそうね。

キャッシュバックに加えポイント付与かぁ。それはいいねぇ。

でもね…auでんきってキャッシュバックとクレジット払いのポイント付与しか特典がないの。電力会社が電気とは別のサービスと合わせて“セット割”するって会社が結構多い中、通話料の割引は一切ないのよ。

わー!そうなの!?ケータイ料金も安くなるって勝手に思い込んでたよぉ…。割引がないのか…。残念だなぁ。

確かに勘違いしやすいから注意しなきゃね!

そういえば、auでんきってさ、アプリがあるんだよね?

そうそう!auでんきに申し込みをして自宅にスマートメーターが設置されれば、アプリが使えるようになるのよ!ダウンロードしておけば、スマホやタブレットやPCでいつでも電気料金をチェックできるようになるから便利よね?

確かにそれは便利だねぇ!

それにね、電気の使用状況をアプリで知らせてくれたり、自分たちと似た家庭の電気使用量が比較できたり、あとは自分にピッタな節電方法を教えてくれたりするの!

自分と似た家庭の電気使用量を比べる!?確かに、他の家庭がどれくらい電気を使ってるかってわからないよねぇ。比べるみることで節電意識が高まるかもしれないねぇ。

電力自由化で電気料金が安くなったりはするけど、やっぱり大事なのは電気を無駄遣いしないように一人ひとりが気を付けることじゃないかしら。

そうだねぇ。電気料金だけに着目しないで、電気を大事にすることを考えながら生活しなきゃね。auでんきのアプリを上手に活用すれば、節電できそうな気がするなぁ。

一戸建てだけじゃなくマンションやアパートでも建物によってはauでんきと個別契約できるから、auユーザーや家族にauユーザーがいる人は一度チェックしてみてもいいかもしれないわね。

そうだね。電力供給エリアが広いから、きっとauでんきがオンリーワン電力会社だって言う人もいるだろうね。

電力供給エリアが広いってメリットよね。もし引越しすることになったとしても、電力会社をどこにしようか考える必要がないのよ。電力会社以外にも引越しのときって何かと面倒なことが多いでしょ?

確かにね。北海道から九州まで、どこに引越してもauでんきのままでいいんだもんね。

そうよ!こうなるとエリア外の沖縄や離島に住む人はちょっとかわいそうだけど…でも、それ以外のエリアは全部網羅してるってやっぱりスゴいわ!

auでんきもなかなかやるね!

そうね。でも…もしすでにオール電化向けのお得なプランで契約しているって人は、auでんきの場合、今のところオール電化の人がお得になるプランがないから、多分お得にはならないの。そういう人は安易にauでんきにしちゃダメよね。

そうか。やっぱりライフスタイルによってオンリーワンは変わるんだね。もし自分のライフスタイルに合うようなら、auでんきにしてみてね!

もしauじゃなくってソフトバンクの携帯やスマホを使っている人なら、ソフトバンクでんきにしておくのが無難よね。auでんきより電力供給エリアは狭いけど…特に関西エリアだとソフトバンクでんきの電気料金はかなり安いみたいよ。

へぇー。関西エリアだと特に安いのか…。

あと、auユーザーでも電気使用量によってはHTBエナジーのほうがお得になるから、併せて検討してほしいわね。

そうだね。HISも比較的広いエリアに電力供給しているし、電気使用量が少なくても電気料金が安くなるから、比較検討するといいかもねぇ。

迷っている人こそあしたでんき!

このエリアでおすすめしたいのが「あしたでんき」。

あしたでんきは100%東京電力の子会社ですが、とにかく料金が安いと話題です。

基本料金0円なので、単純に月1,000円程度の基本料金がナシに。さらに従量料金が一律で、電気をどれだけ使っても単価が上がりません。

あしたでんきをおすすめする理由は、他にもたくさん。

  • 基本料金がずっと0円
  • 電気料金がシンプルに安い
  • 1kWhあたりの単価が一律でわかりやすい
  • 手数料や解約金・違約金は一切不要
  • 電気を安定供給、停電しやすくなることもなし
  • 東京電力の子会社なので安心感が持てる
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いので、あしたでんきに切り替えた人はすでに多数。

あしたでんき同様、基本料金が0円ということで最終比較されることが多いLooopでんきですが、1kWhあたりの単価はLooopでんきよりもあしたでんきの方が0.5円安いんです。

電気代が高くなるこれからのシーズン。例年この時期は電力会社の切り替えが殺到するので、今年も手続きの混雑が予想されます。手続きが遅れてしまうと、今年も高額な電気代にため息…なんてことに。

あしたでんきなら解約金0円。いつ解約してもお金がかかりません。ぜひ電気代がピークになる前の11月中に切り替えておきませんか?

気になる人は、電気料金がどれだけ安くなるか?一度シミュレーションしてみてください!

→ 北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアは申込み対象外です。このエリアならLooopでんきや親指でんきがおススメ!詳しくはこちら!

セット割引・特典・ポイント

  • 電気料金の最大5%相当分をau WALLET プリペイドカードへキャッシュバック

電気の供給エリア

全国対応 ※沖縄県、一部離島

電源構成(再生可能エネルギー・火力・原発など)

関西電力などが所有する発電所を主に使用するため、環境配慮・再生可能エネルギー等は関西電力等の地域の電力会社と同様

契約期間・解約違約金の有無

1年未満に解約する場合は2,000円の解約違約金が発生。ただしauでんき提供エリア外への引越しをする場合には解約違約金は発生しません。

※一般送配電事業者からauでんきに対する工事費や託送料の精算があった場合には、費用が発生する可能性あり。

マンション・アパートでの契約

auでんきは、マンション・アパートでも契約することができますが、一括受電をしている場合は契約できません。

※詳しくは、現在契約している電力会社もしくはマンションの管理組合等にお問合せください。

スマートメーターの設置

auでんきに切り替える場合はスマートメーターの設置が必要となります。スマートメーターの設置は原則立ち合い不要、無料です。

※スマートメーターの設置は一般電気事業者(東京電力や関西電力など)が行います。

申し込み方法

インターネット・電話・auショップ・PiPit取扱店・au取扱店でお申込みが可能です。

支払い方法(クレジットカード、口座振替、コンビニ払い、等について)

口座振替・クレジットカード

料金プランの種類

  • でんきMプラン

auでんきとは

「auでんき」は携帯電話などの通信事業で知られるKDDI株式会社が運営する電力供給サービスです。主にauユーザーに向けたサービスで、auユーザーが「auでんき」と契約することで、電気料金に応じたキャッシュバック特典がついてくるのが最大のメリット。KDDIは2014年より“マンション一括受電サービス”という、マンションの共用部や居住者への電気供給サービスを行っていますが、それに次ぐ電気供給サービスが「auでんき」なのです。

auでんきの会社情報

auでんきの会社情報です。

サービス名 auでんき
会社名 KDDI株式会社
住所 東京都千代田区飯田橋3丁目10番10号 ガーデンエアタワー
電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ