1. ガス自由化
ガス自由化がこれで分かる!楽しく解説

ガス自由化がこれで分かる!楽しく解説

ガス自由化って聞いて、僕、最初はあんまり興味がなかったんだけど、よく考えたら大事なことだよね。だってさ、ガス料金って安くなるんなら安くしたいでしょ?光熱費は1円だって安いほうがいいじゃない。

ガス自由化がスタートして、自分のライフスタイルにベストマッチした都市ガス会社を選べるんだよ!

賢く選べばガス料金を安く抑えることができるはず!それにいろいろ得できることもあるみたいだね。部長に聞いたらね、ガス自由化は「どのガス会社を選ぶか」より、「どんなプランを選ぶか」がポイントなんだって。みんなもぜひ積極的に考えてみてね!

この記事で会話をするキャラクター

ともすけ

広告代理店勤務の34歳。その天然っぷりには周囲もやや呆れ気味。優柔不断な性格で、最近は電力会社選びに困っている

部長

電力会社からのヘッドハンティングというなかなかスゴい経歴を持っている。エネルギー全般に詳しいイカした上司。

ガス自由化って?知識ゼロのともすけが部長に問う

スポンサーリンク

ぶ、部長!!僕、電力自由化もちゃんと理解するまでに時間がかかったんですけど、今はガスも自由化されて好きなガス会社を選べるんですよね。全くついていけてないです~(泣)

(本当に騒がしいやつじゃのう…)2017年4月1日にスタートしたガス自由化は、2016年4月1日の電力自由化に次ぐ、日本のエネルギー体系の改革じゃ!ちなみにガス自由化と言っておるが正確には「都市ガスの自由化」なんじゃよ。

ガス自由化

2017年4月1日スタート

と、都市ガス?

そうじゃ、都市ガスじゃ。あとはマンションなんかで利用されている簡易ガスじゃな。ちなみにLPガスはすでに自由化されておる。わしが分かりやすく説明してやろう…。

都市ガス

ガス管(ガス導管)によって家庭に供給されているガス。主成分はメタン(天然ガス)。

簡易ガス(団地ガス)

70戸以上のマンションや団地などで利用されているガス。敷地の中にガスを作る設備を置き、各戸にガスとを届ける仕組み。主成分はLPガスと同じ。

LPガス

プロパンガスとも呼ばれ、専用のガスボンベに詰められて家庭に届けられるガス。家の横にある細長いボンベが目印で、主成分はブタンやプロパン。

へぇー、都市ガスやLPガスって名前は知ってたけど、詳しく調べたことなかったなぁ。ガスにも違いがあったんですねぇ。僕んちは都市ガスだったよなぁ…ガスボンベないもんな。

自由化前は、ともすけの家のように都市ガスを利用する場合、住んでいるエリアによってあらかじめ決められたガス会社と契約することになっておったんじゃ。東京23区内であれば東京ガスと契約するほか都市ガスを利用する方法はなかったんじゃよ。

独占状態だったってことですね!

そうじゃ。自由化前まで都市ガスを独占していたガス会社のことを「一般ガス事業者(簡易ガスの場合は一般簡易ガス事業者)」と言うんじゃ。そのうち日本の4大都市ガス会社と言われておるのが、東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、西部ガスじゃ。

4大都市ガスねぇ…。

その4社以外にも、全国には200社以上も一般ガス事業者が存在するんじゃ。

200社!?そ、そんなにたくさんあるんですね!初耳だあ。

ガス自由化がスタートしたことで、都市ガス供給を独占していたガス会社以外のガス会社も、都市ガス供給に参入できるよになったわけじゃ。

ガス自由化の流れ!どうやって自由化された?

スポンサーリンク

2017年にガス自由化がスタートしたんですよね。

そうじゃ。ただ大規模施設のガス自由化はかなり前から始まっておる。2017年4月1日に家庭向けの都市ガスの小売りが全面自由化され、予定としては5年後の2022年にガス導管も一般ガス事業者と分離する方向だそうじゃ。

ガス自由化の流れ

  • 1995年3月:大規模工場等の自由化スタート
  • 1999年11月:大規模商業施設等の自由化スタート
  • 2004年4月:中規模工場・シティホテル等の自由化スタート
  • 2007年4月:小規模工場・ビジネスホテル等の自由化スタート
  • 2017年4月1日:“家庭向けのガスの小売り自由化スタート”
  • 2022年4月予定:ガス導管の事業を法的に分離する

が、ガス導管分離…で、ですかぁ?(ぼ、ぼ、僕、もう…何が何だか…)

ガス導管というのは各家庭にガスを届ける管のことで、ほとんどは地下に埋められておるんじゃよ。ガス導管はずっと東京ガスや大阪ガスといった一般ガス事業者が所有しておったんじゃが、2022年にはガス小売り部門とガス導管部門が分けられるんじゃ。

そうするとどうなるんですかねぇ。

新しく参入したガス会社もガス導管を公平に使用できるようになるじゃろうな。ガス導管設置の部門で許可が出れば、新しい会社がガス導管を設置できるようになるじゃろう。

電力自由化で計画されている2020年の送配電分離と同じようなことですかね。

そんなところじゃのう。そうなると、これまで都市ガスのガス導管が整備されていなかったエリアの人も都市ガスを選べるようになるかも知れん。

へぇー、ガス導管分離ねぇ。

参入企業は少なめ!?ガス自由化で起こる顧客争奪戦!

LPガスを販売しているガス会社が都市ガスを売るようになるだけじゃなく、これまでガス事業を行っていなかった会社もガスの小売りに参入してくる可能性がある。電力自由化で新規参入してきた会社も、今後ガスの小売り事業に参入するかもしれんのう。

へぇー!

ただ今のところ新規参入してきた会社はあまり多くないんじゃよ。もちろん今後増えてくる可能性は大いにあるんじゃが、電力自由化と比べると新規参入が難しいのかもしれんの。

それでも、自由化で僕らは新規参入してきたガス会社を含め、いろいろなガス会社の中から自分に合ったガス会社を選べるようになったんですよね?

そうじゃそうじゃ。電力自由化と同じように各社の料金プランやセット割・特典なんかを見て好きに決めることができるんじゃよ。今後も各社が顧客争奪戦を繰り広げるじゃろうな。

ちゃ、ちゃんとガス会社を選べばガス料金も安くなるんですよね?

自分にピッタリのプランを選べばガス料金が安くなったり、ガス料金以外でも得できたりするじゃろうな。

それそれ!嬉しいですねぇ!ガス会社を切り替えて得できるなんて、あーワクワクするぅ!

ガス自由化では賢く最適なプランを選べ!

それがガス自由化の一番のメリットじゃからのう。ちなみに既に1995年にガスの自由化は始まっておるんじゃよ。まぁ、工場や病院といったガスの使用量が多い設備に限っての話じゃが。だから東京電力や関西電力なんかはすでにガス供給の実績もあるんじゃ。

え!そ、そ、そ、そうなんですか?

ガスの原料はLNG(液化天然ガス)、LPG(液化石油ガス)なんじゃが、これはほとんど輸入に頼っておるんじゃよ。LNGは電力会社がもともと発電のために輸入しておったから、ガス販売に参入しやすかったというわけじゃ。

へぇー!そうなんですねぇ(やっぱり部長は物知りだなぁ…)。

ガス自由化も電力自由化同様、どの電力会社を選ぶか?というより、どんなガス料金プランを選ぶか?にかかっておるんじゃ。プランをしっかりと確認してガス会社を選ぶといいぞ。

どんなプラン…ですかぁ…。

そうじゃ。各社が顧客獲得のためにいろいろなプランを出しているから、自分のライフスタイルにぴったり合ったものを選ぶことが、ガス料金節約において大事なことなんじゃ。オンリーワンのプランじゃぞ!

プランが大事かぁ。覚えておかないとですね!オンリーワンですねっ!

海外事例に学ぶ!日本のガス自由化

ちなみにな、ともすけ。海外ではすでにガス自由化が進められている国もあるんじゃ。イギリス、ドイツ、イタリア、フランスといったヨーロッパ諸国、それにアメリカでもガスは自由化されておる。

やっぱり海外は早いなぁ。で、海外ではどうなんですか?ガス自由化でどうなったんですか?

燃料の高騰などの影響も大きいからのう、どの国に関しても自由化前後を同条件で比較するというのは難しいことなんじゃが、例えばイギリスの場合はガス自由化によってさまざまなプランが登場したことで、消費者は自分にマッチしたプランを選べるようになったようじゃ。

へぇー。

イギリスでは、ガスだけじゃなくて、ガスと電気をセットで契約する人が多いからのう、一概にガス料金がどうなったと言いにくいんじゃが、それでも「ガス料金+電気料金」が年間で数万円安くなったという話もあるようじゃから、少なからずガス自由化の効果はあったんじゃないかのう。

そうかぁ。日本もそうなるといいですねぇ!

そうじゃのう。都市ガス販売に参入するガス会社は、当然こういった海外事例も参考にしておるわけじゃから、きっと自由化が成功するための策を考えておるじゃろう。

そっかぁ!そうなるとガス自由化に期待大だなぁ。

ただしな、電力自由化とはまた別のデメリットなんかもあるからのう、情報収集が大事じゃよ。まぁ大して難しいことではないから、前向きに考えるといいんじゃないかのう。

そうか…。部長が言うんだから、僕もガス会社をどこにするか前向きに考えてみようかな!節約できるんならオンリーワンのガス会社選びをしたほうが絶対にいいもんね!

ガス自由化について知っておきたいポイント

ガス自由化に少しでも興味を持ったなら、以下をしっかりとチェックしておいてくださいね。知っていればガス会社を選ぶ際も、きっと役に立つことでしょう。

ガス自由化のメリットとデメリット

ガス自由化において絶対に知っておきたいのがガス自由化のメリットとデメリット。各社が繰り広げる価格競争でガス料金は下がりそうですが、それ以外のメリットや、注意しておきたいデメリットを確認しておくことは非常に重要なことなのです。

ガス自由化のメリットとデメリット

マンション・アパ―トでもガス会社を選べるの?

「マンションやアパートでもガス会社を変えられる?」「賃貸でもガス会社を選べるの?」そんな疑問を持っている人も少なくないと思います。マンションやアパートにお住まいの方は、まずこちらをチェックしてみてくださいね。

ガス自由化でマンション・アパートでもガス会社を選べる?

ガス会社が倒産したら?ガスが止まる心配について

せっかっく新しいガス会社と契約したのに、その会社が倒産・破産したらどうなるのでしょうか?ガス販売事業から撤退してしまったらガスは止まるのでしょうか?誰もが不安に思うガス会社の倒産や撤退、ガスのストップについて詳しく解説します。

ガス会社が倒産したら?ガスが止まる心配について

ガス自由化と電力自由化の関係性

2016年4月にスタートした電力自由化。一見、ガス自由化と電力自由化は似ているようですが、相違点もあるのです。ガス自由化と電力自由化を正しく知って、最大の恩恵を受けられるようにするのがガスと電気の自由化において重要なポイントです。少しでも光熱費を節約したい人は、ぜひチェックしてくださいね。

ガス自由化と電力自由化の関係性

スポンサーリンク

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ