1. 【冷蔵庫が冷えない】そんな時の対処法!電気代の節約になるかも

【冷蔵庫が冷えない】そんな時の対処法!電気代の節約になるかも

エコロジー

食品を冷やして長持ちさせるのに必要不可欠な冷蔵庫。それが急に冷えなくなったら困るわよね?

ここでは冷蔵庫が冷えない原因や、その対処法を紹介するわよ。対処法によっては電気代の節約にも繋がるから、ぜひ参考にしてみてね!

冷蔵庫が冷えない!その原因とは

あれれ?冷蔵庫の中ってこんなに冷えないもんだっけ?手を入れてもあんまり冷たくないような…?

どれどれ…あら。確かに冷えが悪いわね。これは何か原因がありそうだわ。

原因?

冷蔵庫は普通なら1~5度くらいに庫内を冷やしてくれるものだからね。あまり冷たく感じないってことは何かしらの原因があるってこと。主な原因としては下のようなものが考えられるわね。

冷蔵庫が冷えない原因の一例

  • 温度設定が「弱」になっている
  • 食品を詰め込み過ぎている
  • 冷蔵庫を壁にぴったり設置している
  • 料理が冷めないうちに入れている
  • ドアのパッキンが破損している
  • 排水溝で水が凍結して出口がふさがれている
  • 故障

最後の「故障」って、身もふたもないな。

まぁ、冷蔵庫だって機械だからね。10年も20年も使ってれば故障することもあるわよ。電源を入れて稼働音がまったくしない時とかは怪しいわね…。コンプレッサー(空気の圧縮機)とかが故障してたら素人にはお手上げだわ。

故障以外の原因なら何とかなるの?

絶対とは言えないけど…少しの工夫で冷蔵庫の冷えを復活させられる可能性はあるわ!

スポンサーリンク

冷蔵庫が冷えない時の対処法

ここからは、冷蔵庫が冷えない時の対処法を紹介するわよ。

まずは温度設定を見直す

まずは基本中の基本。冷蔵庫の温度設定を見直していきましょ。

温度設定なんて出来るの?

出来るわよ。機種によって違いはあると思うけど「強」「中」「弱」の3段階で設定できることが多いの。冬場とかは「弱」でも十分に冷えることが多いけど、中の物が多かったり、夏場は「弱」だと冷えが弱いこともありえるわ。

「中」とか「強」にすれば冷える?

他の原因もありえるから絶対とは言えないけど「弱」になってるなら、いったん「中」や「強」にしてみるのはありね。ちなみに、冷蔵庫内の適温は1~5度って言われてるわ。温度設定を変えたら、いちど温度計を使って測ってみるのがおすすめよ。

冷蔵庫内の適正温度

  • 冷蔵室:1~5度
  • 野菜室:3~7度
  • 冷凍室:-18~-22度

ただ、設定が「強」だと「中」に比べて年間で約1,400円も電気代が高くなるって言われてるわ。だから、この後に紹介する中身の整理などをして、なるべく「中」や「弱」で適正温度を保てるようにするのがおすすめよ。

「強」より「中」とか「弱」の方が節電になるんだね!

冷蔵庫の中身を整理する

冷蔵庫の中に物を詰め込み過ぎちゃうと、冷気の循環が悪くなるし、場合によっては冷気の吹き出し口を塞いじゃうこともあるの。

ピッカリーンンンンン!!!つまり、物を詰め込み過ぎると冷えが悪くなるってことだね!

そゆことね。冷蔵庫の中がすっきりしてれば「弱」でも十分に冷えるけど、物がいっぱいだと「中」や「強」でもなかなか冷えなかったりするんだから。冷蔵庫の中は定期的に整理しないとダメよ!

奥の方から賞味期限の切れた食品が見つかったりするしねぇ。

そうそう。そういうのは思い切って処分して冷蔵庫の中を綺麗にしておくのよ。冷蔵庫の中身が整理されてれば、目的のものを見つけやすいからドアの開閉時間が短くなるのもいいわね。

そうなの?

冷蔵庫のドアを開閉してる間は冷気が逃げちゃうからね。開閉が多いとなかなか冷えなかったり、電気代が無駄にかかることも多いのよ。

冷蔵庫の中身を整理するメリット

  • 冷気の循環が良くなり冷えやすくなる
  • 「弱」設定でも冷えやすくなり電気代の節約になる

冷蔵庫の周りにスペースを確保する

日本の住宅って狭いから、ついつい冷蔵庫を壁にぴったり設置しちゃったりするけど、これが冷えを阻害する原因になることもあるのよ。

う~ん。ピンとこないけど…。

冷蔵庫ってね、背面や側面から排熱してることも多いの。だから壁にぴったり設置しちゃうと上手く排熱できなくて、冷蔵庫内の冷却機能が落ちちゃうのよ。

なるほど!側面や背面にスペースが必要なんだね!

そういうことね。放熱のために5~100㎜くらいは隙間を空けておかないとダメよ。あと、上面から排熱してる機種もあるから、上部も40㎜以上はスペースを確保したいところね。

設置場所なんて気にしたことなかったよ。

あと、直射日光とか高温になりやすい場所も避けた方がいいわね。冷蔵庫が日光とかで熱くなると熱排出が上手くいかなくて、中を上手く冷やせないこともあるから。

冷蔵庫の設置場所に関する注意

  • 排熱のために壁と5~100㎜ほどスペースを空ける
  • 上面も40㎜以上はスペースを空ける
  • 直射日光が当たる場所や高温になる場所は避ける

温かい食品は入れない

食事が終わった後、さっさと冷蔵庫に残り物をしまっちゃいたいところだけど、冷めるまで待たないとダメよ!

温かいまま入れるとどうなるの?

そりゃ冷蔵庫の中が温かくなるわよ。もちろん、時間が経てばまた温度が下がるはずだけど、最悪、温度上昇のせいで他の食品が傷んでしまうこともあるのよ!

ひええぇ!

だから最低でも料理が素手で触れるくらいには冷めてから入れるようにしてね。

ドアのパッキンを交換する

冷蔵庫のドアの側面を見てみると、ゴムみたいな素材のパッキンがついてるでしょ?それが破損してたり、傷んでるとドアに隙間が出来て冷気が逃げたり、暖かい空気が入り込んじゃうことがあるのよ。

ドアパッキンの破損が原因で冷蔵庫内が冷えない可能性もあるってこと?

そういうことね。パッキンってあまり目立たないパーツだけど、たまにはチェックして傷んでるようなら交換した方がいいわよ。目安としては、名刺を挟んでズリ落ちるようなら取り換えるようにって言われてるみたい。

どれどれ…スッ(名刺を挟む)………ストン(名刺が落ちる音)。

そろそろ取り換えないとダメね…。

設置したての場合は少し待つ

設置してすぐに冷えないからって焦る人は少ないかもだけど、冷蔵庫って電源を入れてから冷えるまで少し時間がかかるの。

冷蔵庫の中って広いもんね。すぐに冷気は行き渡らないよね。

だから、設置してすぐの時は冷えるまで少し待ってね。冬場の寒い時期なら3時間もあれば十分かしら。夏場の暑い時期だと1日くらいかかることもあるみたい。

冷蔵庫を設置してから冷えるまでの目安

  • 冬場は1~3時間ほど
  • 夏場は1日ほど

コンセントを抜き1~2日ほど放置

中身の整理や温度設定を見直しても冷蔵庫が冷えないって時は、もしかすると霜が原因かもしれないわ…。

し、霜?

冷蔵庫の冷気を循環してる通路が霜で塞がれて、冷気の循環が悪くなっちゃうこともあるの。新しい冷蔵庫なら霜取り機能が付いてたりするんだけどねぇ。古い冷蔵庫だと霜が原因で冷えなくなってる可能性もあるわ。あと、霜取りセンサーの故障も考えられるわ。

そういう時はどうすれば…?

そういう時はね…冷蔵庫の中身を取り出して、電源を抜いて、ドアを開けっぱなしの状態で1~2日ほど放置するのよ!電源が入った状態だと、冷蔵庫は中を常に冷やそうとするから霜が取れることは無いって言われてるわ!

な、難易度が高いね!中の食品がダメになっちゃいそう…。

まぁ、冷蔵庫の中身を一斉整理するいい機会だと思えば何とか。この方法で霜が溶ければ、冷却能力が回復することもあるわよ。

冷蔵庫の霜を解除する方法

冷蔵庫の中身を全て取り出し、コンセントを抜き、ドアを全開にして1~2日ほど放置する

スポンサーリンク

それでも冷えない時は故障かも

今回紹介した方法を試しても冷蔵庫が冷えないって時は、故障してる可能性もあるわね。電源を入れても全く音がしない時とかは特に怪しいわ。

故障かぁ…。

さすがに素人が中を見て修理するのは無理があるから、故障だと思えばメーカー等に相談してみてね。

専門的なことになると素人じゃお手上げだしね。

そうそう。ただ、冷蔵庫の補修用性能部品の保有期間は9年って言われてるわ。9年以上経った冷蔵庫だと部品が無くて修理が出来ないこともあるみたい。

そういう時はいっそ買い替え?

おそらく、そうなるわね。まぁ、10年くらい前の冷蔵庫と最新の冷蔵庫だと年間の電気代がかなり変わってくるわ。だから、古い冷蔵庫なら節電のために思い切って買い替えちゃうのもありだと思うわよ!

電気代の節約のためにも対処法を試そう!

冷蔵庫が冷えない時の原因や対処法は分かってもらえたかしら?

冷蔵庫の中身を整理したり、置き場所を再確認したり。簡単にできるうえ、電気代の節約に繋がる方法も多いから、冷えが少しでも悪いと思えば試してみてね!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ