1. 【冷蔵庫のリサイクル】料金を知りたい!リサイクル券についても解説

【冷蔵庫のリサイクル】料金を知りたい!リサイクル券についても解説

リサイクル

たくさんの食べ物や飲み物を冷やしてくれる冷蔵庫。僕たちの生活に無くてはならない存在だよね。

でも、そんな冷蔵庫も壊れたり、引っ越しなどで処分しなくちゃいけない時がくるはず…。そんな時、リサイクルにはどのくらいのお金がかかるんだろう?リサイクルに必要なリサイクル券ってなんだろう?

ここでは、冷蔵庫のリサイクルについて解説するよ!

これが結論!

冷蔵庫のリサイクルは運搬料なども含めると1万円前後かかることも。リサイクル料の3,672~4,644円(国内大手メーカーの場合)だけで済ませたい場合は自分で搬送をする必要があります。詳しくは本ページで紹介しているので、ぜひご覧ください。

冷蔵庫のリサイクルにはリサイクル券が必要!

部長。ちょっと冷蔵庫の買い替えを検討してるんですけど、古い冷蔵庫の処分にはお金がかかるって本当ですか?リサイクル券みたいのがあるって聞きましたけど。

本当じゃよ。「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」「洗濯機」は家電リサイクル法によって「特定家庭用機器」に指定されており、これらはリサイクル券を用いたリサイクルが必要となるんじゃ。

あれ?でも、たまに冷蔵庫の無料回収とか謳ってる業者がいませんか?

あー。確かに無料回収などを謳うこともあるようじゃが、場合によっては車に積み込んでから高額な請求をされたり、トラブルに巻き込まれることもあるようじゃ。無許可の回収業者もいるようじゃし、お金はかかるがリサイクル券を使って処分した方がいいと思うぞ。

甘い言葉には罠があるわけですか…。

業務用冷蔵庫は対象じゃない

ちなみに、リサイクル券の対象となるのは家庭用の冷蔵庫じゃ。ここに業務用の冷蔵庫は含まれないから気をつけるんじゃぞ。

業務用はどうするんですか?

業務用については専門の業者への依頼などで処分するんじゃよ。

まぁ、一般家庭にはあまり関係ない話ですね。

あ、家庭で業務用を使用していた場合もリサイクル券ではリサイクル出来ないぞ。どこで使っていたとしても業務用はリサイクル券の対象外なんじゃ!

ポイント

  • 業務用冷蔵庫はリサイクル券の対象外
  • 一般家庭で業務用を使ってる場合もリサイクルはできない

スポンサーリンク

リサイクルに必要な料金

ところで…リサイクルってもちろん無料じゃないですよね?どのくらいかかるんですか?

冷蔵庫のリサイクル料金は以下のようになっておるぞ。容量によって異なるんじゃ。

冷蔵庫のリサイクル料金

  • 小(170リットル以下):3,672円(税込)
  • 大(171リットル以上):4,644円(税込)

※国内大手メーカーの場合

「国内大手メーカーの場合」ってなんですか?

たとえば、シャープや東芝などのメーカーは上記価格なんじゃが、ユーイングやテクタイトなど一部のメーカーの冷蔵庫はリサイクル料金が高くなることがあるんじゃ。わしの見た感じでは「小(170リットル以下):5,092円(税込)」「大(171リットル以上):5,524円(税込)」じゃったぞ。

さらに高いこともあるんですか…。

ここに「搬出料」と「運搬料」がプラスされるのも忘れてはいかんぞ。業者や家の構造などで異なるが最低でも4,000円前後は覚悟しておいた方がいいぞ。

冷蔵庫の搬出料と運搬料の目安

  • 搬出料:3,000~20,000円
  • 運搬料:500~3,000円

搬出料と運搬料ってどう違うんですか?

搬出料は家の中から冷蔵庫を出す時にかかる料金で、運搬料は家の前から冷蔵庫を持って行ってもらう時の料金じゃな。運搬を依頼しても、家の前の家電しか持って行ってくれないことがあるんじゃよ…。

なるほどぉ…。

つまり、小さな冷蔵庫でも「3,672円+3,000円+500円=7,172円」くらいはかかると思っておいた方がいいぞ。大型冷蔵庫なら最低でも10,000円くらいはかかりそうじゃの。

冷蔵庫って買う時も高いですけど、処分する時も出費が大きいんですね。

スポンサーリンク

リサイクルの流れをチェック

さて、ここからは実際に冷蔵庫をリサイクルする時の流れを見ていくぞ。

リサイクルは小売店などに依頼しよう

すでに話した通り、冷蔵庫のリサイクルにはリサイクル券が必要なんじゃが、小売店や自治体にお願いする時はリサイクル券を購入せずとも平気なんじゃ。

え?リサイクル券を買わなくていいってことは、お金かからないんですか?

そんな美味しい話はないわ!リサイクル料はもちろん運搬料なども必要になるぞ!要は向こうでリサイクル券を用意してくれるようなものじゃ。リサイクル券は家電引き取りの際などに受けとることができるぞ。

面倒なことを代わりにやってくれるってことですか。

そういうことじゃ。ちなみに、リサイクルは下のような場所にお願いできるぞ。

リサイクルをお願いできる場所

  • 新しい冷蔵庫を買った小売店
  • 処分する冷蔵庫を買った小売店
  • 自治体

小売店というのは自分のところで販売した特定家庭用機器の回収義務があるんじゃ。じゃから、処分する冷蔵庫を買った場所が分かれば、そこに依頼するのもありじゃぞ。

へぇ~。

ただ、小売店が「家電リサイクル券センター」に加入していないとリサイクル券を発行できないから、その場合は自分で購入する必要が出てくるぞ。あと、自治体が家電リサイクルの取り組みをしてないケースもあるようじゃ。その場合も自分で購入じゃな。

自分で運搬する場合はリサイクル券を購入

そうじゃ。さっき紹介した小売店や自治体への依頼だとリサイクル料とは別に搬出料や運搬料などがかかるんじゃが、もし自分で「指定取引場所」まで運搬できるならリサイクル料だけの出費で済むぞ!

おぉ!

そういった場合は郵便局に行って自分でリサイクル券を購入する必要があるんじゃ。ちなみに、振込手数料が窓口で130円、ATMで80円ほどかかる点に注意じゃな。

ポイント

  • 自分でリサイクル券を用意する時は振込手数料がかかる
  • 手数料は便局の窓口で130円、ATMで80円

ふ~む。運搬料を節約できるのは大きいなぁ。冷蔵庫って一人で運べますかね?一応、筋トレはしてるんですけど!

いや!車とか使うんじゃよ!さすがに冷蔵庫を生身で運ぶのは無理があるじゃろ!町中に冷蔵庫持って歩いてる人がいたら怖すぎじゃ!

あ、車ですか。はいはい。

あとは台車とかな。とにかく、自分で運ぶ手段があるなら運搬料などを節約できるぞ!

必要に応じて家の中から冷蔵庫を出す

自分で運ぶ場合は別じゃが、基本的には業者に冷蔵庫を運搬してもらうって形になるはずじゃ。ただ、業者の回収というのは家の前の冷蔵庫しか持って行ってくれないこともあるんじゃ。つまり、必要に応じて家の外に冷蔵庫を運んでおかないといけないんじゃよ。

お!最近、筋トレを頑張ってる僕の出番ですか!?

いや…小型の冷蔵庫なら40㎏くらいだから運べるかもしれんが、大型のだと100㎏程度あったりするからのう…。普通は別に搬出を依頼することになると思うぞ。

そっかぁ…。

さっきも言ったが、搬出にかかる費用は3,000~20,000円くらいじゃ。金額の幅が大きいのは家の構造や設置場所で変わってくるからじゃな。

設置場所が玄関から遠かったら、それだけ大変ですもんね。

ちなみに、回収業者は搬出の技術を持ってないこともあるから、その道のプロともいえる引っ越し業者に頼むのもおすすめじゃぞ。

現金などを渡して回収してもらう

家の前まで冷蔵庫を運んだら、現金や必要に応じてリサイクル券を渡して回収してもらうんじゃ。これで冷蔵庫のリサイクルは完了じゃな。

やったー。

ちなみに、リサイクル券の控えに書いてある「管理表番号」を使うと、インターネット上で冷蔵庫がどうやってリサイクルされたか確認できるぞ!

製造から5年以内なら買取も検討!

今回は冷蔵庫のリサイクル方法を紹介したが、製造から5年以内の新しい冷蔵庫ならリサイクルショップ等に買い取ってもらうのもありじゃよ。

冷蔵庫って売れるんですか。

サイズや機種にもよるが、意外と高く買い取ってもらえることもあるんじゃ。目安としては以下のような感じかのう。

冷蔵庫の買取相場(400L以上のファミリーサイズ)

  • 1年落ち:10,000~50,000円
  • 2年落ち:10,000~35,000円
  • 3年落ち:5,000~30,000円
  • 4年落ち:5,000~25,000円
  • 5年落ち:0~15,000円

ほー。普通ならリサイクル料金がかかるところ、これだけの収入になるのは大きいですね!

ただ、製造から5年以上経っていると買い取ってもらえないこともあるぞ。このあたりは実際にショップに問い合わせてみるのが一番じゃな。

リサイクルショップも上手く活用して節約

冷蔵庫のリサイクルにはリサイクル料金に加えて搬出料や運搬料が必要って分かったね。

冷蔵庫のサイズにもよるけど、合計で10,000円以上かかることも多いみたい。だから、まずはリサイクルショップなどで買い取ってもらえるか聞いてみるといいかもしれないね。リサイクル料金が浮けば、大きな節約になるはずだよ!

節電は地球にもお財布にもやさしい

やっぱり節電って大事なことだねぇ。僕も頑張って節電しようって思ったよ。

そうね。節電以外にも電気料金を節約するなら、電気料金が安くなる電力会社を選ぶっていうのもいいんですって。

お得な電力会社ねぇ…、それってさ、電力会社を比較してみたらわかるんだよねぇ。

そうよ。住んでいる地域によってはまだ契約できる電力会社が少ないところもあるみたいだけど、比較してみれば今よりお得になる電力会社が見つかるかもしれないわよね?

そっかぁ。電力会社を選ぶってちょっと難しそうだけど、やってみようかな!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ