1. 電力会社の変更で停電する心配なし
電力会社の変更で停電する心配はなし!常時バックアップで安定供給

電力会社の変更で停電する心配はなし!常時バックアップで安定供給

新しい電力会社に切り替えることで、電気が不安定にならないか心配じゃない? 停電になっちゃったら大変だもんねぇ。 どの電力会社も「不安定になる」「停電しやすくなる」なんて言わないけどさ、それを丸ごと信じちゃっていいのかなぁ。

だからね、僕はズバリ部長に聞いてみたんだ! そしたら部長は安心していいって言うんだよ!どの電力会社と契約しても、電気は変わらず安定供給されるんだって!それってさ、実はスゴいことじゃない?

この記事で会話をするキャラクター

ともすけ

広告代理店勤務の34歳。その天然っぷりには周囲もやや呆れ気味。優柔不断な性格で、最近は電力会社選びに困っている

部長

電力会社からのヘッドハンティングというなかなかスゴい経歴を持ち、ともすけに電力会社選びの助言をするイカした上司

バックアップ体制で僕んちの電力供給を守ってくれる!

スポンサーリンク

部長、僕やっぱり・・・電力会社を変えたら停電しやすくなったりしないかって、もの凄く心配なんですよねぇ。安定供給されるんですかねぇ・・・。

お前は心配性じゃのう。でも大丈夫じゃ!電力会社を変えたって停電しやすくなったりはせんよ。ところで、何でともすけは電気が安定供給されないんじゃないかと心配しておるんじゃ?

だって、電力会社によって発電方法も発電量も違うじゃないですかぁ。そりゃあ、東京電力とか関西電力とか、もともとある地域の電力会社は長年のノウハウもありますし・・・それに、よくわらないけど発電設備もたくさんありそうですし・・・。どの電力会社もそれと同じように安定した電気を供給してくれるんですかねぇ。

まぁ、電力会社については知らん名前の会社もあるかもしれんが、すでにビルや学校といった大きい施設に電力供給している実績ある会社も多いから、そんなに心配することはないぞ。

そ、そうですかぁ?でも、部長はいつも電気って貯めておけないって言うじゃないですか。だから電気が足りなくなったり、発電設備が故障しちゃったりしたら、電気が止まるんじゃないかって心配なんですよねぇ。

まぁ、そういう風に考える人は少なくないのかもしれんのう。要するに、需要と供給のバランスが崩れたときのことじゃな。確かにともすけが言うように、電力会社によって発電方法や発電量は違うし、電力供給の実績も違うわけじゃ。でもな、万が一契約していた電力会社の電気が足りなくなったら、地域の電力会社がバックアップすることになっとるから、電気が途切れることはないんじゃ。

ば、バックアップ・・・ですかぁ。

そうじゃ。このバックアップ体制があるからのう、電気の需要が発電量を上回ったとしても、設備トラブルが起きたとしても、電気が途切れることはないんじゃ。

電力を安定供給する秘密は「ブレンド電気」!?

で、でも、部長。足りないってわかってすぐにバックアップしてくれたとしても、ちょっとしたタイムラグはありそうですよねぇ。バックアップしてくれるまでの数秒は停電しちゃうとか・・・ま、まぁ、1~2秒くらいなら、全然我慢できますけどねぇ。

ふぉっふぉっふぉっ(笑)。安心しろ、ともすけ。1秒だって、0.1秒だって、電気が途切れることはないんじゃ。

そ、そんなに間髪入れずにバックアップしてくれるなんて・・・家ごとに見張りがいて、電気が不足しそうになったら地域の電力会社に合図を出して準備したりするんですかねぇ。

ともすけ、よく考えてみろ。そんな人件費を出す会社がこのご時世あるか?ないじゃろ?間髪入れず、途切れることなく電気を供給する秘密は「ブレンド電気」なんじゃよ。

あ、ブレンド電気!部長が前に言ってましたね。

(お!覚えておったか!)そうじゃ。何度か話をしているブレンド電気じゃ。電気というのはな、各発電所で発電されたら、配電用変電所に一旦集められるんじゃ。

ピッカリーンンンンン!!!そうそう各発電所で発電された電気は変電所に一度集められるから、火力発電の電気も、原子力発電の電気も、風力発電の電気も、太陽光発電の電気も、全部一緒になっちゃうんですよね!

そうじゃ、そうじゃ。それがブレンド電気じゃ。一度集められてごちゃ混ぜになった電気が各家庭に供給されるんじゃ。

そうでしたねぇ。

基本的に、各社は需要と供給のバランスが崩れんように、慎重に発電所を運転しておるんじゃが、それでも電気が足りなくなる可能性はあるじゃろ?そんなときは不足する分の電力を地域の電力会社が補う約束が取り決められておるんじゃ。

で、でも・・・約束を破っちゃったりしませんかね?

その心配は不要じゃろう。何も地域の電力会社が無料でバックアップするわけじゃない。地域の電力会社は、電気が不足した電力会社から、フォローした分の電気料金をちゃんともらうんじゃ。電気が不足した電力会社は助けてもらえるし、地域の電力会社は対価がもらえるわけじゃろ。双方にメリットはある。

ちゃーんとお金を払うんですねぇ。

これで、需要と供給のバランスが崩れて電気が足りなくなっても停電しないことがわかったじゃろ?もちろん、契約している電力会社が倒産してしまったとしても、地域の電力会社がフォローしてくれるぞ。契約のし直しが必要になってしまうが、倒産しても停電することはないから心配はいらんのじゃ。

2016年4月1日の電力自由化では、配電用変電所から各家庭に電気を運ぶ「送配電」の部門は自由化されず、今までどおり地域の電力会社が担当するから、送配電のシステムはなんら変わらん。よって、そこで大きなトラブルが起こることはないじゃろう。というより、もしトラブルがあったとしても、それは自由化とはまた別の問題と言えるじゃろうな。

電気の質を一定に保つ変電所にともすけ感謝

電力会社を変えても、電気が停電しやすくなったりしないってことはわかったんですが・・・電気の質って同じなんですかねぇ?

わしらの家に供給される電気はブレンド電気じゃと言ったじゃろ?契約している電力会社の発電方法に関わらず、いろいろな発電所で生まれた電気がごちゃ混ぜになってやってくるから、どの電力会社と契約しても質が変わることもないんじゃ。

そうなんですねぇ。

もうちょっと詳しく言うと、変電所には電気を集めるだけじゃなく、使いやすい電圧に調整して質を均一にする役割もあるんじゃ。だから、電気の質は一定なんじゃよ。

へぇー。電気の質を調整してくれているから、電気の質も同じなんですねぇ。ありがたい、ありがたい。

生活している中で電気が不安定になることなんかないじゃろ?蛍光灯がチカチカしたら、「蛍光灯の寿命だな」と思うだろうが、「電気が不安定だ」なんて思わん。これは非常に恵まれていることであり、努力の賜物なんじゃよ。

た、確かに、24時間365日、電気って安定してますよねぇ。

そうじゃろ?日本の電気は海外からも「質が良い」と言われているんじゃよ。

ともすけ驚く!海外事例「米国カリフォルニア州」

じゃ、じゃあ、部長。もし、もしですよ?安定供給が成り立たなくなったら、僕らの生活ってどうなっちゃうんですかねぇ。

電気の需要が増えすぎて需給のバランスが崩れるとな、広範囲にわたって大規模な停電が起こる可能性があるんじゃ。

だ、大規模停電なんて、困っちゃいますねぇ・・・。

じゃろうな。わしらの生活は電気のおかげでずいぶん便利になったわけじゃ。照明や空調だけじゃなくて、電子レンジ、トースター、冷蔵庫、洗濯機、いろいろなものが電気で動いておる。オール電化の住宅なんてかなり困るじゃろう。

わー電気による便利と引き換えに、停電のダメージは大きいんだなぁ。

これは海外の事例じゃが、アメリカのカリフォルニア州では電力自由化がスタートして2年くらいはうまくいっていたんじゃが、2000年に大幅な電力不足と電気の取引価格の高騰で、かなり大規模な輪番停電(りんばんていでん)が起こったんじゃよ。

り、輪番停電?

輪番停電っちゅうのは、電力の需要が供給を上回ったとき、大規模停電を避けるために、電力会社によって一定地域の電力供給を順番に停止したり、再開したりすることじゃ。

わー、電力会社が意図的に電気を止めちゃうんですねぇ。

そうじゃ。カリフォルニアの例は夏場の猛暑の影響もあったんじゃが、真夏に停電はかなりキツイじゃろうな。

そうですねぇ。

安定供給に部長も太鼓判!好きな電力会社と契約しよう!

現時点ではブレンド電気じゃから、電気の安定供給は成り立つんじゃが・・・例えば再生可能エネルギーは地球環境に優しい発電方法という反面、どうしても安定供給しにくいというデメリットがあるんじゃ。

安定供給しにくいんですか?

例えば最近増えてきておる太陽光発電は、天候に左右されるじゃろ?当然夜間も発電できん。同じように風力発電なんかも、天候によって発電量が変わるんじゃ。

た、確かにそうですねぇ。

そうじゃろ?今、環境に配慮した再生可能エネルギーが注目されておるが、現時点で再生可能エネルギーだけに頼ると、もしかすると電気の安定供給は難しくなるかもしれんのう。

そ、そっかぁ。

でもな、再生可能エネルギーによる発電も、これからどんどん技術開発が進んでいけば、もっと効率的に発電できるようになるかもしれん。

そうなるといいですねぇ!

そうじゃな。現時点で契約できるどの電力会社を選んでも、基本的に電気は今と変わらず安定供給されるから、好きな電力会社を選ぶことができるんじゃ。もし、ともすけが再生可能エネルギー発電に取り組んでおる電力会社がいいと思ったら契約すればいい。心配せんでも電気は安定供給されるから大丈夫じゃ!

次のページ:新電力会社の倒産・破産で電気料金は?停電は?

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ