1. 新電力倒産による停電と料金の不安
新電力会社の倒産・破産・撤退で電気料金はどうなる?停電の心配は?

新電力会社の倒産・破産・撤退で電気料金はどうなる?停電の心配は?

「○○会社が破綻!」「○○会社が破産手続き!」なんてニュースたまに見かけるけどさ、実は、自分が契約している電力会社が倒産しちゃうこともあるんだって。みんなは知ってた? 悩んで悩んでようやく決めた電力会社が倒産しちゃったら…困っちゃうよねぇ。僕、ちょっと心配になって部長に詳しく聞いてみたんだ!

僕が部長に聞いた“電力会社が倒産したらどうなるか?”、これはみんなが電力会社を決める前に、絶対チェックして欲しいなぁ!

この記事で会話をするキャラクター

ともすけ

広告代理店勤務の34歳。その天然っぷりには周囲もやや呆れ気味。優柔不断な性格で、最近は電力会社選びに困っている

部長

電力会社からのヘッドハンティングというなかなかスゴい経歴を持ち、ともすけに電力会社選びの助言をするイカした上司

小売りが自由なら“倒産も自由”!?ともすけ怯える

スポンサーリンク

ぶ、ぶ、ぶ、部長~!!!

おい、どうした、ともすけ。朝から騒がしいのう…。

あ、あ、あの、あの、あの…で、電力会社の日本ロジテックが破産申し立てしたっていうニュース見ましたぁ!?

もちろん見ておるが、それがどうしたんじゃ?とにかく、ちょっと落ち着いてくれ。

こ、これが、お、落ち着いていられますか?電力会社が破綻ですよ!?破綻しちゃうなんてビックリですよぉ!

電力会社といったってひとつの企業じゃ。そりゃあ破綻することだってあるじゃろう。電力自由化ってことは、ちょっと乱暴な言い方かもしれんが、“倒産も自由にできる”ということじゃ。もちろん、わざと倒産しようとする会社なんてないじゃろうがのう。

………………。

「日本ロジテック協同組合」は、“新電力”の上位5社に入るとも言われておった大手なんじゃが…資金繰りがうまくいかなかったようじゃのう。ちなみに、新電力というのは、東京電力や関西電力といった地域の電力会社以外の電力会社のことじゃ。

し、資金繰りったって…ね、ねぇ…部長…。

どんな企業もどんな商売も同じじゃよ。八百屋だって居酒屋だって、出ていくお金より売上が少なかったら、潰れてしまうじゃろ?出ていくお金というのは、仕入れや家賃なんかじゃのう。日本ロジテックの場合は、電力を調達するコストに見合うだけの利益を上げることができなくなってしまったんじゃ。

そんなこともあるんですねぇ…わーなんか電力会社を変えるの不安になってきちゃったなぁ。でも、破綻したら電力供給してもらっていた側はどうなっちゃうんですかぁ。

これが一番聞きたい!「倒産したらどうなるんです?」

まだ、わしらのような一般家庭の電力自由化ははじまっておらんから、日本ロジテックが電力供給していたのは企業や自治体なんかじゃな。電力会社が破綻してしまったときは、地域の電力会社からまた電気を供給してもらうか、新たに新電力を探して契約しなきゃならん。

そ、それって…電力自由化後に僕らが契約を切り替えた電力会社が倒産した時も同じってことですかねぇ。

そうじゃな。今、決められているルールだと、契約していた電力会社が倒産した場合、その地域の電力会社が代わって電力供給することになっておる。関東エリアなら東京電力、関西エリアなら関西電力が電気を供給してくれるわけじゃ。

そ、そうなんですねぇ…で、でも……

停電したりしないか…じゃろ?(ともすけが考えていることが手に取るようにわかるのう)

そうです!そうです!なんでわかったんですか?

(やれやれ、やっぱり思った通りじゃ)大丈夫じゃ。電力自由化といっても、わしやともすけの家に電気を送っている電線を変える必要はないからのう、一切途切れることなく電気は送られてくる。電力会社を切り替える際に停電しないのと同じ仕組みじゃな。

そ、それはありがたいですねぇ。

ただし、契約した電力会社が倒産してしまっておるんじゃから、当然、契約の切り替えが必要じゃろうな。そのまま地域の電力会社に契約を戻すにしろ、新しく電力会社を選ぶにしろ、手続きが必要になるじゃろうな。

その場合って、電気料金はどうなるんでしょうかぁ…。

倒産などで地域の電力会社がフォローしてくれたときは、経過措置の料金メニューになるんじゃが、何も難しく考えることはない。追加料金も割引もない、地域の電力会社の標準的な電気料金プランになるだけじゃよ。

そうなんですねぇ…。あーでも不安だなぁ。倒産することもあるんですもんねぇ。

国をあげて長期的&安定的な電力供給を目指す!

しかし、新電力として電力供給するためには数々のチェックを通過しなければならんから、そんなに簡単に倒産することはないんじゃないか?

そ、そうなんですかぁ…?

まず、電気の小売りを開始するためには国(経済産業庁省)への登録が必要じゃ。登録申請にはちゃんと必要なだけの電力を調達できるか?しっかりとした事業計画が立てられているか?といったことを含め、厳しい審査があるわけじゃ。

そ、それ大事ですよね!

それに、長期的かつ安定的に電気を供給するために、毎年電力の供給計画を提出することも義務づけられておる。適切な計画が立てられなければ実際に安定供給はできんからのう。

そ、そうですねぇ。

電気の需要に対して電力調達が間に合わない場合、地域の電力会社にペナルティー料金を支払って不足分を補ってもらうという仕組みがあるわけじゃが、これも各電力会社に責任を持って事業推進させるためのひとつの策じゃ。

ピッカリーンンンンン!!!そうなのか!じゃあ、基本的に倒産はしないと思っておいてもいいんですかね?

絶対に倒産しないということではないが、厳しい審査をクリアした電力会社しか電力供給できないということは覚えておくといいかもしれんな。そして倒産したって急に電気が止まることもないわけじゃから、あまり不安に思う必要はないと思うぞ。

そうかぁ。

「倒産」より「撤退」が増えるかもという部長の予想

ただし、今回の電力自由化でたくさんの新電力が新規参入してくるようじゃが、どの会社もうまく行くとは限らん。事業が回らなくなって倒産、というケースよりも、むしろ“撤退”する電力会社が多いかもしれんから、それは頭に入れておくといいかものう。

て、て、撤退!!

撤退というのも倒産と同じように電気が途切れるわけじゃない。倒産と違うわけじゃから撤退前に、きっと契約者に通知がくるじゃろう。そのときに、また自分にピッタリの電力会社を選べばいいだけじゃ。

そうかぁ。

そーんなにビクビクしておったら、電力自由化の恩恵を受けられんぞ!契約前にどんな会社なのか?電力供給の実績はあるのか、ないのか?料金プランは納得できるか?といった色々なことを良く考えてみるのが大事なんじゃないかのう。納得して決めた電力会社なら後悔もないんじゃないか!

次のページ:バイオマスなどの再生可能エネルギーやFIT…

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ