1. 【冷蔵庫の処分】引き取りにきてもらう方法と自分で捨てる方法

【冷蔵庫の処分】引き取りにきてもらう方法と自分で捨てる方法

リサイクル

家電の中でも特に大型サイズな冷蔵庫。これってどうやって処分すればいいのか知ってる?

ここでは冷蔵庫を業者等に引き取ってもらう方法や自分で捨てる方法を紹介するよ!買い替えや引っ越しで不要な冷蔵庫が出た人は参考にしてみてね!

冷蔵庫の処分にはお金がかかる

最近って冷蔵庫を無料で回収してくれる業者があるんですか?うちにチラシが入っていたんですけど…。僕んちも買い替えを検討しているから、さっそく依頼してみようかな。

待て待て!それはいかんぞ!冷蔵庫というのは家電リサイクル法によって処分方法が定められた家電であって、リサイクル券を使って正しく処分する必要があるんじゃ!無料で処分は基本的に無理じゃ!

え?でもほら無料って。

そういうのはな、無許可業者の可能性が高い。無料だと思って依頼したところ、あとから多額を請求されたり、回収した家電が不法投棄されるケースもあり大変危険なんじゃ!

ひぇぇ!

変なトラブルに巻き込まれるのは嫌じゃろ?だから、ちゃんと小売店や自治体にお願いして処分してもらうんじゃ!

りょ、了解です!で…冷蔵庫の処分っていくらくらいかかるんですか?

冷蔵庫のメーカーや業者によって異なるが目安としては下のような感じじゃな。

冷蔵庫の処分にかかる金額

  • リサイクル料(小型170L以下):3,672円(税込)
  • リサイクル料(大型171L以上):4,644円(税込)
  • 収集運搬料金:1,000~4,000円前後

※リサイクル料は国内大手メーカー基準

リサイクル料ってメーカーによって違うんですか?

シャープや東芝など国内大手メーカーは基本的に上記料金のようじゃが、一部のメーカーはもうちょっと高かったりするのう。

何だか変わったシステムですねぇ。収集運搬料金と合わせて10,000円くらい用意しておけばいい感じですかね。

収集運搬料金は業者によって異なるから何とも言えんが、まぁそのくらいは見ておくとよさそうじゃ。

スポンサーリンク

引き取りで処分してもらう方法

ここからは冷蔵庫を引き取りで処分してもらう方法を紹介するぞ!

新しい冷蔵庫を買った小売店に引き取ってもらう

冷蔵庫を買い替える場合は、買い替えをした小売店に引き取ってもらうのが楽だと思うぞ。買い替えなら収集運搬費用が安くなることもあるしな。

別に依頼するのって面倒ですもんね。

新しい冷蔵庫の設置とともに回収してくれるしの。ちなみに、必要な費用は既定のリサイクル料金と収集運搬費用じゃな。収集運搬費用は小売店によって異なるが500円や1,000円など意外と安いことも多いぞ。

処分する冷蔵庫を買った小売店に引き取ってもらう

買い替えではなく、引っ越しなどで冷蔵庫の処分だけをしたい場合は購入した小売店にお願いするのがいいと思うぞ。

この場合もリサイクル料金と収集運搬料金がかかるんですか?

その通りじゃ。買い替えの時より収集運搬料金が高くなるお店もあるから注意が必要じゃな。

ところで、購入したお店が分からなかったり、既にない場合はどうすれば?

その場合は「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」「洗濯機」の家電4品目を扱ってる小売店にお願いすればOKじゃ。家電量販店なんかじゃな。

家電リサイクル受付センターに引き取ってもらう

運搬料がちょっと高いようじゃが、家電リサイクル受付センターを利用するのもありじゃぞ。

家電リサイクル受付センター?

家電リサイクル受付センターは東京23区に住んでる人の家電4品目を回収してくれる場所のことなんじゃ。東京23区に住んでる人限定ではあるが、冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機をリサイクル料と運搬料で引き取ってくれるぞ。

へぇ~。そんな場所があるんですか。

ちなみに、冷蔵庫の運搬料目安はサイズにかかわらず3,100円(税込)のようじゃ。冷蔵庫の購入店が分からない時とかは使ってみるといいかもしれんのう。

そうですね。

なお、この運搬料には家電を取り外したり、家電を家の前までもっていく料金は含まれてないぞ。つまり、家の前まで何とかして運ぶ必要があるんじゃが、冷蔵庫は大きくて重いから運ぶのに別途依頼(業者に頼むなど)が必要かもしれんのう。

ポイント

  • 冷蔵庫の運送料目安はサイズにかかわらず3,100円(税込)
  • ただし、家の前まで運ぶ費用などは含まれていない

スポンサーリンク

自力で指定取引場所に持ち込めば運搬料はかからない!

しっかし、冷蔵庫の収集運搬料ってけっこう高いですよね。これって何とか節約できないもんですか?

出来ないことはないぞ。収集運搬料というのは冷蔵庫を指定場所まで持って行ってもらうから必要になるんじゃ。つまり…。

ピッカリーンンンンン!!!自分で指定の場所まで持っていけば収集運搬料がかからないってことですね!!

その通りじゃ!トラックや台車などを使って「指定取引場所」まで持っていけばリサイクル料金だけで処分することが出来るじゃ!

節約になる!

じゃが、冷蔵庫の重さを考えるとかなりつらいとは思うぞ。大型だと100㎏を超えることもあるからな。

うへぇ。

あと、自分で持っていく場合は家電リサイクル券を用意する必要もあるんじゃ。業者が用意してくれないからのう。

リサイクル券ってコンビニに売ってますか?

ゴミの緑の券とは違うぞ…。リサイクル券は郵便局にあるんじゃ。必要事項としてメーカーや内容量を書く必要があるから、先にメモしておくといいぞ。あ、それと言い忘れていたが振込手数料として窓口なら130円、ATMなら80円かかるんじゃ。

ポイント

  • 冷蔵庫を自分で指定取引場所まで運べば運送料はかからない
  • ただし郵便局でリサイクル券を用意しておく必要がある
  • リサイクル料金の振込手数料が窓口で130円、ATMで80円かかる

冷蔵庫は買い取ってもらえる可能性も!

まだ新しい冷蔵庫ならリサイクルに出すより、リサイクルショップなどに買い取ってもらう方がお得じゃよ。

冷蔵庫を買い取ってくれるんですか?

製造から5年以内であれば十分にチャンスはあるはずじゃ。場合によっては50,000円程度になることもあるようじゃから、リサイクルに出す前に買取業者に相談してみることをおすすめするぞ!

ポイント

製造から5年以内なら買い取ってもらえる可能性もあり

そ、そんなになるんですか!

まぁ、製造から1年しか経ってないうえ、高性能など条件はあるがの。基本的に冷蔵庫の買取価格は製造からの年数が経過するごとに落ちていき、製造から5年以内をボーダーラインに買取が難しくなるようじゃ。

それでも、聞いてみるだけなら無料ですもんね。

出張買取をしてくれるケースもあるしのう。リサイクル料を何とか節約したいと考える人は、まず買取をしてくれる業者に相談じゃ!

無許可の回収業者に気をつけて!

冒頭でも軽く触れたが、とにかく無許可の回収業者には気をつけるんじゃよ。無料や格安などの文句に心が揺れるかもしれんが、あとから高額な請求をされたケースもあるようじゃからな。

無料って聞くとつい反応しちゃうけど…気をつけないとですね!

回収した冷蔵庫が不法投棄されて環境破壊に繋がって…なんてこともあるしの。やたら耳触りの良い言葉で回収を促されても、きっぱり断るんじゃよ!

自分なりの処分方法で節約!

冷蔵庫の処分にはリサイクル料金と運搬料がかかると言われてるけど、自分で運搬できれば運搬料は節約できるんだよ。

それに、まだ新しい冷蔵庫なら中古で買い取ってもらえることもあるんだ。自分なりの処分方法で上手に節約していこうね。

コツコツ節約!いつの間にか数万円の違いに!

節約って言ってもいろいろな方法があるよねぇ。

そうよ。大きな節約をひとつすることも大事だけど、小さな節約をコツコツすることだって重要なのよ。

小さな節約かぁ…普段から心掛けておかないといけないねぇ。缶ジュース1本だって、ちりも積もれば何千円、何万円になるんだもんねぇ。

それよ!心掛けが大事なのよ!水道を出しっぱなしにしない、電気をつけっぱなしにしない、これだって、年間で考えたらかなりの光熱費節約になるんじゃない?

そうだ…自分に合った電力会社を選ぶだけでも光熱費の節約になるんだよねぇ。僕たちも電力会社を比較してぴったりなとこがないか探してみてもいいかもね。

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ