1. HTBエナジーたのしいでんき&HISでんきがエリア拡大!四国エリアも申し込み可能に

HTBエナジーたのしいでんき&HISでんきがエリア拡大!四国エリアも申し込み可能に

たのしいでんき(HTBエナジー)

それぞれの地域にちなんだユニークなプランのネーミングも魅力のHTBエナジーに、2017年7月7日から新しく四国エリアが追加されました。それに伴いHISのでんきもエリア拡大となりましたので、関係性と合わせて料金プランの内容をご紹介します。

HTBエナジーたのしいでんきの四国プラン

新しい四国電力エリアでの電力供給は、四国電力の従量電灯Aに相当します。ネーミングは「たのしいでんき 四国かまたまうどんプラン 従量電灯A5」。HTBエナジーのWEBサイトや各代理店から申し込みができますよ。

スポンサーリンク

HISでんきって?

HISのでんきの供給元はHTBエナジーとなりますので、プラン内容や金額も共通しています。HISでんきの供給エリア、北海道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、九州、に同じく7月7日から四国エリアが追加されました。

料金プランは、2015年12月時点の既存電力会社の金額より、基本料金と従量料金ともに5%割引になるところがポイント。四国エリアプランの場合、年間で4000円以上のお得になることがあります。

HISでんき四国エリアプランの詳細

従量電灯Aが対象となり、四国電力の従量電灯Bは申し込み対象外となりますので気を付けておきましょう。ほかに、一括受電装置の付いたマンションやオール電化の住宅、20アンペア以下の契約や時間帯別電灯の契約をしている場合なども対象外です。

最低料金は、最初の11kWhまで383.72円で、従量料金は3段階ですが四国電力のプランとはkWhの数値が少し違います。1 kWhにつき、11 kWh~95 kWhまで19円、95 kWh~300 kWhまでは25.17円、300 kWhから28.45円となっていますので参考にしてみましょう。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ