おすすめの電力会社ランキング98社比較

TEPCOホームテックの「エネカリ」とは?東京電力グループの新サービスを紹介

TEPCOホームテック

今回はTEPCOホームテックの提供する「エネカリ」についてご紹介します。効率よく省エネにつながるサービスとなっていますので、省エネのためのコストが気になる方も参考にしてみてください。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

2019年9月末日までの申し込みなら「Amazonギフト券 2,000円分プレゼント」のキャンペーンがあるので、よりお得感が大きいはず!早く切り替えるほど節約に!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

省エネの需要に応える「エネカリ」のサービス

「エネカリ」は、東京電力グループのTEPCOホームテック株式会社が2018年4月からスタートしたサービスです。背景には、TEPCOホームテックが行っていた「省エネ診断サービス」への申し込み者が多数いたこと、省エネの必要性は多くの人が感じているものの、実際に省エネのための設備を整えるためには大きなコストがかかるなどの意見が寄せられたこと、などが関係しています。

利用者のニーズにより応えるため、省エネ機器を購入するのではなくレンタルする、という視点から検討。よりお得に省エネを提案できることを目指し、これらの流れの中で「エネカリ」サービスが作られていきました。

スポンサーリンク

そもそも「エネカリ」って何?

電気の利用と省エネ機器の利用を組み合わせたパックです。省エネ機器を買わずに使う、というところがコンセプト。初期費用が無料で省エネ機器をレンタルすることができ、なお省エネ機器を利用することによって光熱費を節約できるのが魅力です。工事費込みの省エネ機器のレンタル料金と月々で変動する電気料金をセットにして、エネカリサービス利用料として毎月支払うことができます。

導入後の省エネの予測は、無料で行えるエネカリ診断で試算して現在の状況と比較することが可能。省エネ機器はメーカーやグレードも選ぶことができるため、希望に合わせてレンタルすることができるでしょう。省エネ機器のサービス料を全額支払った場合には、契約満了後に無償で省エネ機器をもらうことができます。

3つの保証が付いてくるのも特徴!

省エネ効果保証

省エネ機器の工事の後1年間は、TEPCOホームテックの規定条件に当てはまっていれば光熱費削減額を補償してくれます。年間の光熱費実績を省エネ診断結果と見比べて、試算額よりも上回っていた場合には、差額の半分にあたる金額を金券などで還元してくれるしくみ。

工事10年保証

工事の後10年間は、万が一の不具合が起こった場合に対応してくれます。

住宅設備修理サービス

設置や購入してから10年間以内の給湯器とコンロを対象に、台数や個数に関わらず修理してくれるサービスです。最大50万円まで、修理費の自己負担をカバーしてくれます。

スポンサーリンク

「エネカリ」に申し込むには?

エネカリは、東京電力パワーグリッド株式会社のサービスエリア内にある一戸建てや集合住宅に住んでいて、家庭用として機器を使用する人などが対象です。サービス期間は、利用開始から10年間。原則として中途解約はできませんが、電力会社の変更は制限されません。契約違反があると、機器の返還だけでなく損害金などが必要になるため注意しましょう。

申し込みの流れ

まずTEPCOホームテックが利用希望者のエネカリ診断を行います。次に、ご自宅などの現地に行って設置場所や電気の配線などをチェック。その際に利用についての説明もしてくれるため、過去1年間の電気やガスの利用状況がわかるものをあらかじめ用意しておきましょう。すでに東京電力エナジーパートナーと契約している場合には、データ照会の同意をすれば調べてくれます。

調査が終了したら、エネカリサービス利用料がわかります。契約内容に問題がなければ、申し込みして契約に進みましょう。機器の交換工事が完了したら、サービス開始になります。電気の利用については、電力の小売会社との契約になりますが、電気料金の請求は小売会社がTEPCOホームテックに対して行うため、TEPCOホームテックからエネカリサービス利用料として請求がきます。毎月27日に指定の銀行口座から引き落としになるでしょう。