おすすめの電力会社ランキング98社比較

【一人暮らし】Looopでんきで得する人&損する人【3分でわかる】

一人暮らしでもLooopでんきで 得する人&損する人

「新電力に切り替えると電気代が安くなるって聞くけど・・・どうせ一人暮らしじゃ大した効果はないんだろうなぁ」と思ってる画面の前のキミ!それは大間違いじゃ!

一人暮らしでも新電力に切り替えることで、年間数千~数万円の節約効果を得られることがあるんじゃよ!

今回は新電力の中でも特に人気の高い「Looopでんき」への切り替えでどのくらい電気代が安くなるのかまとめてみたんじゃ。電気使用量・エリアごとの具体的な節約金額を掲載しておるから、ぜひ見ていってほしいのう。

これが結論

一人暮らしで一般的な電気使用量の(or電気使用量が多い)人であれば「Looopでんき」への切り替えで電気代を節約できる可能性大!逆に電気使用量が少ない場合は「Looopでんき」への切り替えで電気代が高くなることもありえます。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

Looopでんきは一人暮らしでもお得?

一人暮らしでも「Looopでんき」へ切り替えることで電気代を節約できる可能性大じゃ!ただ必ずしも切り替えで電気代が安くなるわけじゃないんじゃよ。電気使用量が少ない人だと、むしろ切り替えで高くなってしまう恐れもある。だから切り替えを検討している一人暮らしの人は、以下の比較をしっかりチェックしてほしいのう。

一般的な一人暮らしの電気使用量ならお得になるエリアが多い!

まずは一般的な一人暮らしの電気使用量をもとに、Looopでんきへ切り替えるとどのくらい電気代が安くなるか計算してみたぞ。

エリア従来料金Looop
でんき
差額
北海道電力6,624円6,195円-429円
東北電力5,499円5,544円+45円
東京電力5,626円5,544円-82円
中部電力5,685円5,544円-141円
北陸電力4,824円4,473円-351円
関西電力4,796円4,704円-92円
中国電力4,992円5,124円+132円
四国電力5,060円5,124円+64円
九州電力5,061円4,914円-147円

※1ヶ月の電気使用量210kWh/30Aとして計算
※地域電力会社の一般的なプラン(従来のプラン)と比較

一人暮らしで普通くらいに電気を使う人なら、Looopでんきへの切り替えで1ヶ月あたり82~429円ほど節約できる可能性が高いぞ。1ヶ月だと大して金額ではないものの、1年あたりなら数千円の節約になりそうじゃのう。

あれ?でも一部のエリアは、Looopでんきの切り替えで高くなってませんか?

よく気づいたのう。そう、一部のエリアは残念ながら、従来のプランからの切り替えで少しだけ電気代が上がってしまうんじゃ。そのため、値上がりするエリアに住んでる人には、Looopでんきをおすすめしにくいのう。

東京電力や関西電力エリアも差額があまり無いですね。普通より電気使用量が少ない人だと損をしちゃうかも。

電気の使用量が多い一人暮らしなら全エリアでお得!

次の電気使用量が多い人を想定して、Looopでんきの料金と従来の料金を比較してみたぞ。ペットを飼っていたり、在宅ワークで家にいることが多かったりすると、電気使用量も多くなるからのう。

エリア従来料金Looop
でんき
差額
北海道電力9,764円8,850円-914円
東北電力8,109円7,920円-189円
東京電力8,296円7,920円-376円
中部電力8,269円7,920円-349円
北陸電力7,023円6,390円-633円
関西電力7,118円6,720円-398円
中国電力7,464円7,320円-144円
四国電力7,489円7,320円-169円
九州電力7,434円7,020円-414円

※1ヶ月の電気使用量300kWh/40Aとして計算
※地域電力会社の一般的なプラン(従来のプラン)と比較

Looopでんきは基本料金が0円で、いくら電気を使っても1kWhあたりの金額が増えない仕組みを採用しているため、電気の使用量が多い人ほど切り替えによるメリットを得られるんじゃ。実際、1ヶ月300kWh使用の40A契約を想定した場合、全エリアにおいてLooopでんきの方がお得という計算結果になったぞ!

Looopでんきの提供がない沖縄電力エリア以外は全てお得って凄いですね!

北海道電力エリアについては差額が1ヶ月あたり1000円近くなっておるからのう。1年で1万円以上の電気代節約になるぞ!

ずっとエアコンをつけっぱなしにしたり、テレビを流しっぱなしにするタイプの人なら、かなりの恩恵を受けられそうですね!

ペットを飼っている人なんかも一人暮らしのわりに電気使用量が多くなりがちじゃの。ぜひぜひ、Looopでんきへの切り替えで無駄な電気代をカットしてほしいところじゃ。

電気の使用量が少ない人は損をする可能性も…

一人暮らしでも、Looopでんきへの切り替えで電気代を節約できる可能性は高いんじゃが・・・電気使用量が低い人だと逆に電気代が高くなってしまうかもしれん。下記は1ヶ月の電気使用量が150kWhと少なく、契約アンペアも20Aと低い人を想定した時の比較じゃ。

エリア従来料金Looop
でんき
差額
北海道電力4,467円4,425円-42円
東北電力3,649円3,960円+311円
東京電力3,752円3,960円+208円
中部電力3,866円3,960円+94円
北陸電力3,278円3,195円-83円
関西電力3,248円3,360円+112円
中国電力3,344円3,660円+316円
四国電力3,441円3,660円+219円
九州電力3,381円3,510円+129円

※1ヶ月の電気使用量150kWh/20Aとして計算
※地域電力会社の一般的なプラン(従来のプラン)と比較

残念ながら、電気使用量の少ない人だと、上記のようにLooopでんきへの切り替えで、逆に電気代が高くなってしまうんじゃ。かろうじて北海道電力・北陸電力エリアは節約になっておるがのう。

せっかく切り替えたのに電気代が高くなるなんて嫌ですね…。でも、何で電気の使用量が少ない人だと、Looopでんきへの切り替えで電気代が高くなっちゃうんですか?

Looopでんきは基本料金0円と従量料一律単価(1kWhあたりの料金がずっと同じ)がウリの新電力会社なんじゃ。

それは理解しました!

一方で、従来の電気料金は「~120kWhまでは20円」「121kWh~300kWhまでは30円」「301kWh~が40円」といった感じで、電気の使用量に応じて1kWhあたりの電気代(単価)が高くなる仕組みなんじゃよ。

ピッカリーンンンンン!!!わかりました!!電気の使用量が少ない人だと、1kWhあたりの単価が安い範囲で済むんですね!だから従来の仕組みの方が電気代が安いんですね!!

きゅ、急に大きな声を出すな!びっくりしたぞ!まぁ、そういうことじゃがな。

すみません・・・つい・・・。

それと、従来の料金は契約アンペア数に応じて基本料金が上がる仕組みじゃったが、Looopでんきは基本料金が完全に0円なんじゃよ。だから契約アンペア数が低い人ほど恩恵を受けにくくなるんじゃ。

なるほど。でもアンペア数が低いとブレーカーが落ちやすくなりますよね。

じゃな。そのため一人暮らしでも30Aあった方がいいという意見も多いが、電気使用量が少ない人だと20A契約も珍しくないため、今回は20Aを想定して計算したんじゃよ。

電力診断バナー

一人暮らしでLooopでんきに切り替える時のポイント!

次に一人暮らしの人がLooopでんきへ切り替える時のポイントを紹介するぞ!

切り替えや解約にかかる費用は基本0円

新電力についての認知度が低いせいか、勘違いしておる人も多いようじゃが、新電力への切り替えで料金が発生することはほとんど無いんじゃ。

意外とお金がかかると思ってる人が多いみたいですよね。

場合によってはスマートメーターの設置が必要になるものの、これも原則としては無料で取り付けてくれるんじゃ。一応は料金が発生する可能性もゼロではないようじゃが、実例は聞いたことがないのう。

無料だから切り替えも気軽!

しかも、Looopでんきなら解約料金もかからないぞ。もし契約して失敗したと思えば、すぐに他の電力会社へ切り替えることも可能じゃ!

申し込みはWEB上からできる

LooopでんきはWEB上から簡単に申し込めるんじゃ。わざわざお店に行って対面で申し込んだり、電話をする必要はないんじゃよ。

きっがるぅ!

この手の契約は対面というイメージもあるが、それは一昔前の話じゃな。今やインターネットで簡単申込みじゃよ!

マンション住まいの場合は契約状況を確認

一人暮らしだとマンション住まいの人も多いじゃろ。もちろんマンション住まいでもLooopでんきと契約することは可能じゃが、マンション単位で一括受電契約している場合は契約できないぞ。

マンション単位の契約だとアウトなのかぁ。

これについては現在の電力会社か、マンションの管理組合などに問い合わせるのが一番じゃな。マンション住まいで契約できるか分からない人は、まず問い合わせじゃ!

支払いはクレジットカードのみ

Looopでんきは残念ながらクレジットカードのみの支払いとなる。大学生などの一人暮らしでクレジットカードを持っていない人は注意じゃな。

コンビニ払いとか無理なんですか?

無理じゃな。Looopでんきは少しでも電気料金を安くするため、支払い方法をクレジットカードに限定してるんじゃ。クレジットカードはネット通販などにも使えて便利じゃし、持ってない人はこれを機に1枚作成するのもいいんじゃないかのう。

電力診断バナー

一人暮らしの人はLooopでんき切替で節約になる可能性大!

一人暮らしで一般的な電気使用量であれば、Looopでんきへの切り替えで電気代が安くなる可能性大じゃ!電気使用量が多い人なら年間に1万円以上の節約になることもありえるんじゃ!

ただ、逆に電気使用量が少ない人だとLooopでんきへの切り替えで電気代が高くなってしまうかもしれん。

まずは過去の電気代の請求書を用意して、公式サイトのシミュレーターで電気代を計算してみるといいぞ。Looopでんきの公式シミュレーターなら、切り替えで従来の電気料金からどのくらい安くなるのか、具体的な金額を提示してくれるんじゃ!

【料金シミュレーション】

Looopでんき
https://looop-denki.com/

looopでんき 【Looopでんきは評判が悪い?】3分でわかるメリット&デメリット