1. スチームオーブンレンジ比較!おすすめ人気ランキング5選

スチームオーブンレンジ比較!おすすめ人気ランキング5選

ミラともBEST

100度以上の高温である過熱水蒸気を使って調理してくれるスチームオーブンレンジ。オーブンに比べて熱が通りやすく、さらに電子レンジより乾燥しにくいことから人気があるんじゃ!

そんなスチームオーブンレンジもすっかり種類が増えたのう。家電量販店でどれが良いのか右往左往してしまう人も少なくないと思うんじゃ。

そこで今回はスチームオーブンレンジの人気商品を集めてみたぞ!同時にスチームオーブンレンジの選び方や電気代についても紹介するから、ぜひ最後まで見ていってほしいのう。

スチームオーブンレンジ人気ランキングを見る

よし!それじゃあスチームオーブンレンジの人気ランキングを紹介するぞ!

わくわく。

1位 シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS10B-R

シャープ 過熱水蒸気オーブンレンジ RE-SS10B-R

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:24,980円(税込)

シャープ(SHARP)の「RE-SS10B-R」は2段調理が特徴のスチームオーブンレンジじゃ。

熱風が効率よく庫内全体に行き渡ることから2段ともムラなく温め・料理の焼き上げをしてくれるぞ!

この2段調理と活かしたお菓子やパンメニューが充実しているのも見逃せないのう。スチームのおかげでスポンジケーキなどをしっとり仕上げることが出来るんじゃ。

トリプルセンサー搭載によるサックリ解凍(包丁で切れる状態まで解凍する機能)、やわらかあたためなどの機能も充実。スチームカップに水を入れておけばラップなしでもしっとり温め可能じゃよ!

2段調理かぁ。パーティーの時とか便利そう!

主な機能
過熱水蒸気メニュー過熱水蒸気とオーブンレンジ加熱で美味しく自動調理
2段調理2段の料理をムラなく温め
豊富なお菓子・パンメニュー2段調理を活かしたお菓子やパンメニューが充実

スペック

  • 庫内容量:31L
  • サイズ:幅490×奥行445×高さ370mm
  • 本体重量:約17kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:トリプルセンサー(絶対湿度/赤外線/温度)
  • スチーム方式:角皿式
  • 過熱水蒸気:〇

2位 日立 ヘルシーシェフ MRO-SS7 W

日立 ヘルシーシェフ MRO-SS7 W

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:19,620円(税込)

日立(HITACHI)の「MRO-SS7 W」はヘルシーメニューが嬉しいスチームオーブンレンジじゃな。

過熱水蒸気により脂を落としたメニューや、ノンフライの揚げ物など。ヘルシーな料理が簡単に作れるぞ。オートメニューも60と充実しておるんじゃ!

しかも、焼きそばやポテトコロッケなどは1人分、2人分など少人数の分量をオートで調理することも可能。あたためボタンに下に「少人数ボタン」が搭載されておるぞ。

スタンダードモデルで上位機種に比べれば機能的に劣るところもあるが、価格は20,000円前後。わりと手を出しやすいんじゃないかのう。

ヘルシー!いいですね!

主な機能
ヘルシーメニュー過熱水蒸気によりノンフライの揚げ物や、脂を落とすヘルシーメニューが作れる
充実の60オートメニュー茶碗蒸しやマカロニグラタンなど豊富なオートメニュー
簡単レンジボタン600W、500Wを簡単に使え、前回使用した出力(W)を最初に表示

スペック

  • 庫内容量:23L
  • サイズ:幅340×奥行483×高さ386mm
  • 本体重量:13kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:赤外線センサー・温度センサー
  • スチーム方式:タンク式
  • 過熱水蒸気:〇

3位 シャープ ウォーターオーブン/ヘルシオ AX-CA400-R

シャープ ウォーターオーブン/ヘルシオ AX-CA400-R

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:38,154円(税込)

シャープ(SHARP)の「AX-CA400-R」はコンパクトサイズで手軽に使えるスチームオーブンレンジじゃな。

一人分でも簡単に調理できるセットメニューが充実しているため、一人暮らしの人にもぴったりじゃ。肉や魚といった加熱時間が違う食材も角皿に乗せるだけで一度に調理できるんじゃぞ!

また、うまみ成分や甘味成分を引き出したり、抗酸化作用のある栄養素をキープしたり、余計な脂や塩分を落としてくれたりと。健康的かつ美味しい料理を作ることができるんじゃ。

温めも絶対湿度センサーと温度センサーの2つを使い分け、適温へと温めてくれるぞ!

さすがはヘルシオ!料理の栄養はキープしつつヘルシーに仕上げてくれるんですね!

主な機能
充実セットメニュー一人分でも簡単に調理できる充実のセットメニューを搭載
カンタン「焼き」「蒸し」火加減や加熱時間の違う食材を一度に調理

スペック

  • 庫内容量:18L
  • サイズ:幅490×奥行400×高さ345mm
  • 本体重量:約17kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:絶対湿度センサー・温度センサー
  • スチーム方式:タンク式
  • 過熱水蒸気:〇

4位 パナソニック スチームオーブンレンジ NE-BS604-W

パナソニック スチームオーブンレンジ NE-BS604-W

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:30,300円(税込)

パナソニック(Panasonic)の「NE-BS604-W」は芯までほぐせる解凍をウリにした機種じゃな。

サイクロンウェーブ加熱という、食品の中央部から解凍する方法によって何度も解凍しなおす必要が無いんじゃ。

またトーストを裏返すことなく両面焼きできるんじゃぞ。しかも1度に4枚まで焼けるから忙しい朝食時にぴったりじゃな!

ヘルシーなノンフライメニューや焼き物と煮物を同時に調理できる機能などもついており、ひとつでいろいろな用途に使えるぞ。庫内容量も26Lと家族3人、4人の家庭にも最適じゃ。

裏返さなくてもトーストの両面焼き!便利ですね!

主な機能
サイクロンウェーブ加熱食品を中央部からおだやかに解凍
トースト両面焼き裏返すことなく1枚約4分55秒で両面焼き(一度に4枚まで焼けます)
スチームコントロール料理に応じてスチームの量やタイミングをコントロールし多彩なメニューを美味しく仕上げる

スペック

  • 庫内容量:26L
  • サイズ:幅500×高さ347×奥行400mm
  • 本体重量:15.5kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:スイングサーチ赤外線センサー
  • スチーム方式:タンク式
  • 過熱水蒸気:×

5位 シャープ スチームオーブンレンジ RE-V70A-W

シャープ スチームオーブンレンジ RE-V70A-W

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:17,800円(税込)

シャープ(SHARP)の「RE-V70A-W」はシンプルさやコンパクトさが特徴のスチームオーブンレンジじゃ。

ダイヤル式で簡単操作のため機械があまり得意でない人やご年配の方にも安心じゃぞ。角皿スチームのおかげでプリンや茶わん蒸しなどを簡単に作れるため、デザートをササッと用意したい時なども便利じゃな。

他にも包丁で切れる程度に解凍する「サックリ解凍」や「ノンフライ調理」「自動トースト」なども兼ね備えておるな。とにかくシンプルであまり高くない商品を求めている人におすすめじゃ!

シンプルイズベストですよね。僕、使いやすい家電、大好きです!

主な機能
ダイヤル式ダイヤルをクルクル回すだけでメニューや時間を簡単設定
角皿スチーム茶碗蒸しやプリンを手軽に作れる

スペック

  • 庫内容量:20L
  • サイズ:幅470×奥行300×高さ395mm
  • 本体重量:約11kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:重量センサー・温度センサー
  • スチーム方式:角皿式
  • 過熱水蒸気:×

スポンサーリンク

スチームオーブンレンジの選び方について

さてさて。人気商品の紹介が終わったところで、ここからはスチームオーブンレンジを選ぶときのポイントを紹介するぞ!

購入時に迷わないよう要チェックですね!

スチーム方式について

スチームオーブンレンジのスチーム方式は主に「角皿式」と「タンク式」があるんじゃ。簡単に言うと強力なのがタンク式で、スチームの力が弱いのが角皿式じゃ。

タンク式のスチームは食材をふっくら仕上げると言われておるぞ。また、水蒸気を100度以上に加熱する過熱水蒸気を使ったものは、食品の栄養素を損なうことなく、余分な脂や塩分を落としたヘルシー料理に仕上げてくれるんじゃ。

庫内のサイズと外寸

3人家族や4人家族の家庭なら一度にたくさんの料理を温められるよう、庫内サイズが大きめの商品を選ぶのがおすすめじゃ。逆に1人暮らしなら20L前後など、やや小さめのものでも十分かもしれんな。下記に家族構成と庫内サイズの目安を記しておくから参考にしてほしいんじゃ。

庫内容量の目安

  • 1人暮らし:20L
  • 2人家族:20~25L
  • 3~4人家族:26~29L
  • 4人家族以上:30L以上

庫内がフラットかターンテーブルか

スチームオーブンレンジの庫内は「フラットテーブル」と「ターンテーブル」がある。基本的に値段が高めのものはフラット、安価なものはターンテーブルといった感じで、ターンテーブルだと回転することを前提としておるから大きなものが入れにくかったり、無駄なスペースが出来たりするんじゃ。また、掃除の楽さなども変わってくるぞ。

フラットテーブルの特徴

  • 庫内がスッキリしている
  • センサーで均一に加熱してくれる
  • 大きなものが入れやすい
  • 掃除がしやすい

ターンテーブルの特徴

  • 四方に無駄なスペースができる
  • 回転するため大きなものが入れにくい
  • 掃除はターンテーブルを外す必要がある

センサーの種類

スチームオーブンレンジには下記のようなセンサーが搭載されておる。

センサーの種類

  • 赤外線センサー
  • 重量センサー
  • 蒸気センサー
  • 温度センサー

中でも優秀と言われ上位機種に搭載されるのが赤外線センサーじゃ。重量センサーは食器の重さ次第で、蒸気センサーはラップなどをすると温めが上手くいかない弱点があるぞ。また、温度センサーは庫内の温度を検知することで温まりを判断するため、庫内だけ温かくなってる可能性もあるわけじゃ。

オートメニューの量

最近のスチームオーブンレンジには様々なオートメニューが搭載されておる。オートメニューがあれば温度設定などが不要になるため料理の手間が減ると思うんじゃ。いろいろな料理をする人は、どれだけオートメニューがあるかチェックしておくんじゃぞ。

2段調理の有無

家族が多かったり、パーティーを開いたりするなら2段調理できる機種がおすすめじゃな。スチームオーブンレンジの中には強力な熱風で2段をムラなく温めてくれるものもあるぞ!

スポンサーリンク

スチームオーブンレンジの電気代について

スチームオーブンレンジの電気代は年間で1,000~3,000円と言われておる。

もちろん料理をたくさん作ったり、冷凍食品を温める機会が多ければ電気代は高くなる傾向にあるぞ。ただ、極端に使用時間が長くなることは少ないため、暖房器具などに比べれば電気代はずっと安めじゃな。

ちなみに、温め機能を使う時は低火力でじわじわと温めるのではなく、高火力で一気に温める方が節電になるようじゃ。上手に使えば10~20%程度は電気代が節約できると言われておるぞ!

まとめ

スチームオーブンレンジの人気ランキングはどうじゃったかのう?

オーブンレンジにスチームの力が加わったスチームオーブンレンジなら「焼く」「煮る」のほかに「蒸す」といった調理も可能じゃ。料理の幅を広げるためにも購入を検討してみてはどうかのう?

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ