1. 扇風機の人気おすすめランキング!タイプ別TOP3!タワーファンも紹介

扇風機の人気おすすめランキング!タイプ別TOP3!タワーファンも紹介

ミラともBEST

時には優しく心地よい風でゆっくりと体を、時にはパワフルな風で一気に体を冷やしてくれる扇風機。エアコンが苦手な人でも使いやすいのがいいよね!

そんな扇風機も今やいろんな会社から販売されてて、どの商品を選ぶのが正解なのか迷っちゃうよね…。

だから僕、家電に関する知識が豊富な部長に扇風機のことを聞いてみたんだ。そしたら、今話題の人気おすすめ商品を全部で9商品も教えてくれたよ!しかも「自立式」「壁掛け」「タワーファン」とタイプ別に紹介してくれたんだ。

ランキングの後には選び方のコツや電気代についても解説してくれるから、ぜひ最後まで見ていってね!

欲しい扇風機はどのタイプ?

扇風機には一般的な「自立式」や便利な「壁掛け」、そして縦長の形状が特徴的な「タワーファン」があるんじゃ。まずはタイプ別の特徴を紹介するからチェックしておいてほしいのう。

自立式

床などに置いて使用する一般的な扇風機。首振りやタイマーなど最低限の機能が搭載された機種から、リズム風モードが搭載されたやや高価な商品まで様々。オーソドックスな商品を探している方は自立式のランキングを参考にしてみてください。

壁掛け

壁に掛けて使うタイプの扇風機。自立式やタワーファンだと置き場所が確保できない際に役立ちます。子供の手の届かない場所に設置しやすいことから、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめですが、設置にやや手間がかかる弱点も。

なお、古い照明のように引き紐で稼働させるタイプから、リモコン式のものまで用意されています。

タワーファン

スリムファンとも呼ばれる縦長の扇風機。高さこそあるものの、狭めのスペースでも設置することができるため、脱衣所などにも置きやすいでしょう。また、高さがあることからソファなどに座りつつ全身に風を浴びることが可能。基本的に羽根は本体に内蔵ですので、小さな子供のいる家庭でも使いやすいと考えられます。

壁掛けなら掃除の際にどかす必要が無い、といったメリットもあるのう。ただ、置くだけの自立式と比べるとやや設置に手間がかかってしまうんじゃ。

ま、迷うなぁ…。普通に自立式で良い気もするけど、全身に風を浴びやすいタワーファンも魅力的に感じる…。

スポンサーリンク

【自立式】扇風機人気ランキングを見る

まずは一般的な自立式の扇風機を紹介していくぞ。

1位 山善 リビング扇風機 YLR-C30

山善 リビング扇風機  YLR-C30

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:4,417円(税込)

山善(YAMAZEN)の「YLR-C30」はリモコンが付いた自立式の扇風機じゃな。普通の扇風機だといちいちしゃがんで風量などを変えるところ、リモコンで簡単切替。1~4時間の切りタイマーも設定できるぞ。

メッシュガードになっていて子供の指が入らないのも安心感があっていいのう。上向きの角度調節は手動じゃが、左右の首振りは自動で行ってくれるぞ。

また、マイコン式でリズム風モードも搭載。風に強弱をつけることで自然に近い風を作り出すと言われているんじゃ。ちなみに、カラーは「ブラウン」「ブラック」「ホワイト」の3つが用意されておるぞ。

首が20cmほど伸びるのも素敵ですね!

スペック

  • サイズ:幅370x奥行340x高さ670~870㎜
  • 重さ:3.1㎏
  • 消費電力:46W
  • 羽根径/枚数:30cm/5枚
  • 風量切替:3段階(弱・中・強)
  • DCモーター:-
  • タイマー:1・2・4時間

2位 シャープ プラズマクラスター扇風機 PJ-G3AS

シャープ プラズマクラスター扇風機 PJ-G3AS

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:6,260円(税込)

シャープ(SHARP)の「PJ-G3AS」はプラズマクラスター技術を搭載した扇風機じゃな。プラズマクラスターの力で空気中の浮遊カビ菌などを除菌し、衣類の嫌な臭いを消臭すると言われているんじゃ!

3段階の風量切替や入/切タイマー、チャイルドロックなど基本的な機能は備わっているし、リズム風モードを使えばナチュラルな風を楽しむこともできるし、消費電力を抑えることもできるんじゃ。

操作部は大手家電メーカーらしいシンプルかつ使いやすいもの。文字が大きめじゃから遠くからでも確認しやすいぞ。リモコンが付属するのも何気に便利じゃのう。

シャープってなんにでもプラズマクラスター搭載しますよね。そういうとこ、正直好きです。

スペック

  • サイズ:幅369x奥行355x高さ690~840㎜
  • 重さ:3.4㎏
  • 消費電力:44W(最小風量26W)
  • 羽根径/枚数:30cm/5枚
  • 風量切替:3段階
  • DCモーター:-
  • タイマー:入/切1・2・6時間

3位 シャープ 3Dファン PJ-H2DS

シャープ 3Dファン PJ-H2DS

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:9,163円(税込)

シャープ(SHARP)の「PJ-H2DS」はコンパクト設計の扇風機じゃな。18cmの羽根が3枚しか搭載されていないものの、アホウドリの翼を応用した「ネイチャーウイング」を採用しており、直進性の高い風を生み出してくれるんじゃ。そのため、コンパクトだけど風量がある、といった意見も見られるのう。

3Dファンという名前の通り、上下左右に自動で首を振る「3Dターン」機能付き。上下は約100度、左右は約90度の首振りで室内の空気を効率よく循環させることも可能じゃよ。サーキュレーター代わりにエアコンと併用するのもよさそうじゃな。

また、シャープらしくプラズマクラスター搭載で空気を綺麗にしたり、消臭効果も期待できるんじゃ。DCモーター搭載ということもありやや高めじゃが、DCモーターは消費電力は低く静音性に優れると言われている。予算に余裕があれば検討してみてほしいのう。

アホウドリの翼って実はすごかったのか!

スペック

  • サイズ:幅270x奥行270x高さ525~645㎜
  • 重さ:2.4㎏
  • 消費電力:12W(最小風量1.6W)
  • 羽根径/枚数:18cm/3枚(ネイチャーウイング)
  • 風量切替:8段階
  • DCモーター:搭載
  • タイマー:入/切1・2・4・6時間

スポンサーリンク

【壁掛け】扇風機人気ランキングを見る

ここからは壁掛けタイプの扇風機を紹介していくぞ。

1位 TEKNOS 壁掛扇風機 KI-W280RI

TEKNOS 壁掛扇風機 KI-W280RI

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:4,580円(税込)

TEKNOSの「KI-W280RI」は6枚の大きな羽根で優しい風を送ってくれる壁掛けの扇風機じゃな。羽根が3枚くらいだと肌への圧を強く感じてしまうんじゃが、6枚だとやわらかい風になるんじゃよ。

手動ではあるが角度調整で下方向を向くからやや高めの位置に設置しても問題なし。左右に関しては自動で首を振って広い範囲へ風を届けてくれるぞ。

時間経過とともに風をゆるやかにしてくれる「おやすみ風モード」や、ゆったり強弱のある風を送ってくれる「リズム風モード」なども便利じゃのう。

なお、リモコン付きじゃからいちいち近づいて操作する必要はないぞ!

6枚羽根の優しい風かぁ。作業とか読書の邪魔をされないでよさそう!

スペック

  • サイズ:幅340x奥行380x高さ440㎜
  • 重さ:2.3㎏
  • 消費電力:40W
  • 羽根径/枚数:30cm/6枚
  • 風量切替:3段階
  • DCモーター:-
  • タイマー:切0.5~7.5時間

2位 山善 壁掛扇風機 YWX-K305

山善 壁掛扇風機 YWX-K305

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:6,998円(税込)

山善(YAMAZEN)の「YWX-K305」はワイヤレスリモコンで離れた場所からでも簡単に操作できる壁掛け扇風機じゃな。

大きな特徴は無いかもしれんが、最大6時間の入/切タイマーや4段階の風量調節、リズム風・おやすみモードに左右首振り機能など。あったら便利な機能がきちんと搭載されておる機種じゃぞ。

前回の運転終了時と同じ状態で運転を開始するメモリー機能のおかげで、いちいち起動時に運転切り替えをしなくて良いのも特徴じゃな。ちなみに、30cmタイプで小さいと感じるなら35cmタイプも用意されているから、そちらを選ぶといいぞ。

オーソドックスな商品で使いやすそうですね!

スペック

  • サイズ:幅360x奥行330x高さ515㎜
  • 重さ:2.5㎏
  • 消費電力:36W
  • 羽根径/枚数:30cm/5枚
  • 風量切替:4段階
  • DCモーター:-
  • タイマー:入/切1・2・4・6時間

3位 フィフティ メカ式壁掛け扇風機 FLE-K305

フィフティ メカ式壁掛け扇風機 FLE-K305

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,980円(税込)

フィフティの「FLE-K305」はシンプルな引きひも式の壁掛け扇風機じゃな。リモコン式に比べてやや不便かもしれんが、操作性のシンプルさではこちらの方が上じゃないかのう。風量調節と首振りの引きひもが別に用意されてるのもポイントじゃ。

機能は弱・中・強の風量3段階切替や首振りくらいのもので、多くの機能を望む人には向いていないかもしれんが、逆に言えばメカものが苦手な人でも使いやすくまた安価だから手が出しやすいのう。

機能が多くて複雑そうな扇風機は嫌、って人に強くおすすめしたい機種じゃ!

引きひも式も単純でいいですよね。操作に戸惑うことがまずありませんし!

スペック

  • サイズ:幅360x奥行270x高さ470㎜
  • 重さ:2.3㎏
  • 消費電力:38W
  • 羽根径/枚数:30cm/5枚
  • 風量切替:3段階
  • DCモーター:-
  • タイマー:-

タワーファン人気ランキングを見る

次は縦長の形状が特徴的なタワーファンの人気ランキングを紹介するぞ!

1位 アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C82T

アイリスオーヤマ タワーファン TWF-C82T

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:3,023円(税込)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「TWF-C82T」は安価ながら3段階の風量切替に加え「リズム風モード」や首振り機能、切タイマーなどを兼ね備えた機種じゃな。リモコンも付いているのにこの価格はお得なんじゃないかのう。

幅と奥行きが260mmとコンパクトなため設置場所も限られにくく、リビングやキッチンはもちろん、脱衣所などにもおすすめじゃな。

多くの機能を持った機種を望む人には向かんが、とりあえずタワーファンがどんなものか試してみたい人には強くおすすめできるぞ!

見た目もシンプルで妙に浮いたりしなさそうですね!

スペック

  • サイズ:幅260x奥行260x高さ793㎜
  • 重さ:3.6㎏
  • 消費電力:42W
  • 風量切替:3段階(弱・中・強)
  • DCモーター:-
  • タイマー:切1・2・4時間

2位 コイズミ ホット&クール プレミアムタワーファン KHF-1280

コイズミ ホット&クール プレミアムタワーファン KHF-1280

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:16,824円(税込)

コイズミ(KOIZUMI)の「KHF-1280」は夏は扇風機として、冬はヒーターとして使える優れものじゃな。

1年を通して使えるから押し入れ等に収納場所が無くても安心。送風時は16段階+TURBOと非常に細かく風量を調節することができるから、一般的なタワーファンに使いづらさを感じる人にもおすすめじゃ。

付属のリモコンは液晶の付いたタイプでホルダーに収納も可能。人感センサーで無駄な電気代をカットしてくれたり、温風時は5時間の自動オフタイマーが付いていたり、省エネ面にも配慮しておるんじゃ。

一般的なタワーファンに比べると値段は高めじゃが、冬も使えることを考えれば十分にその価値はあるんじゃないかのう。

運転ランプの色で送風か温風がすぐ分かるのもいいですね!

スペック

  • サイズ:幅380x奥行380x高さ910㎜
  • 重さ:6.3㎏
  • 消費電力:送風35/温風1200W
  • 風量切替:16段階+TURBO
  • DCモーター:搭載
  • タイマー:1・2・3・4時間

3位 Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04WS

Dyson Pure Cool 空気清浄タワーファン TP04WS

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:61,500円(税込)

「TP04WS」は羽根のない扇風機としても有名なDyson(ダイソン)の商品じゃな。一見すると縦長のリングにしか見えないものの、きちんとパワフルな風を送り出してくれるし空気清浄機能も付いておるんじゃぞ。

空気清浄機能に関してはPM0.1レベルの微粒子を99.95%と非常に高い割合で捕らえるとされる優秀ぶり。空気清浄機能がただのおまけでないことが分かるのう。

10段階切替で風量をあまり強めるとうるさいという意見もあるようじゃが、静音運転のナイトモードも搭載しておるから運転音が気になる人も使いやすいはずじゃぞ。

近未来的なフォルムに興味がある人はぜひ購入を検討してみてほしいのう。

羽根が無いから子供がいる家庭でも安心して使えますね!

スペック

  • サイズ:幅223x奥行223x高さ1054㎜
  • 重さ:5.06㎏
  • 消費電力:40W(最小6W)
  • 風量切替:10段階
  • DCモーター:搭載
  • タイマー:スリープタイマー

扇風機の選び方について

部長。せっかくだから扇風機の選び方も教えてくださいよぉ。正直、人気商品が多くて1つを選ぶのが難しくて…。

そうじゃのう。自分にぴったりの扇風機を見つけ出せるよう、選び方についても解説しておくか!

扇風機のタイプ

扇風機と言っても土台から首が伸びた「自立式」や「壁掛け」、縦長の「タワーファン」といった種類があるわけじゃから、まずはどのタイプを購入するか決めるべきじゃな。

特にこだわりがなく設置場所にも困らないようなら自立式でよいが、設置場所を確保できない場合は壁掛けもおすすめじゃぞ。また、タワーファンは基本的に羽根が見えていないため子供やペットのいる家庭にもおすすめしやすいのう。

サイズと重さ

タワーファンはともかくとして、自立式や壁掛けの扇風機はおおむね羽根の大きさで本体サイズが決まるんじゃ。羽根のサイズが大きいほどパワーが強くなる傾向にあるが、あまりに大きなものだと設置場所に困ってしまうのう。

だから、扇風機を設置する予定のスペースに収まるサイズかを確認してから購入するんじゃぞ。また、他の部屋に移動させる予定があるなら重さもチェックしておきたいところじゃな。

羽根の大きさと枚数

先ほど言った通り、羽根が大きくなるほどパワーも強くなる一方、本体サイズが大きくなるというデメリットがあるんじゃ。広い部屋で使う時は直径35cmなど羽根が大きな商品を使いたいところじゃが、設置スペースには十分注意するんじゃぞ。

なお、枚数に関しては本体サイズと比例することが少なく、枚数が多いほど風が優しくなり静音性もアップする傾向にあるため、強い圧の風や稼働音が苦手な人は6枚羽根など枚数の多い商品を選んでおくといいかもしれん。

DCモーターの有無

扇風機に用いられるモーターには「ACモーター」と「DCモーター」の2種類があり、DCモーターは消費電力が少なく、静音性に優れ、細かい風量調整も得意とメリットが多いんじゃ。

ただ、ACモーターに比べると価格が高く、安価な商品には搭載されていないことが多いんじゃ。DCモーター搭載機種の方がストレスなく使えると思うから、予算に余裕があれば検討してみてほしいのう。

メカ式かマイコン式か

扇風機には「メカ式」と「マイコン式」があり、メカ式は本体のボタンやゼンマイを操作する昔ながらのタイプじゃな。対して、マイコン式はリモコン付属で遠くから操作できるものも多く、また強弱のついたリズム風モードなどを搭載しているんじゃ。

そのためマイコン式の方が便利じゃし、幅広い用途に使えると思うが、その分だけメカ式に比べるとやや高価じゃな。リーズナブルかつシンプルな商品がよければメカ式を選ぶのもありじゃよ。

リモコンの有無

リモコンが付いた機種であれば、わざわざ扇風機に近づかずとも風量などを変更できるから便利じゃぞ。フルリモコンなら首振りすら遠くから指示できるんじゃ。

ただ、リモコンが付いた機種はやや高いこともある点に注意。常に目の前で使うならあえてリモコンの無いタイプを選ぶのもありかもしれん。

タイマーや首振りなど便利機能

扇風機に付いていると便利なのは、切り忘れを防止したり起床時間に自動で電源を入れられる「入/切タイマー」、左右や上下に自動で首を振ってくれる「首振り機能」、強弱をつけて自然に近い風を送る「リズム風モード」、子供のイタズラを防ぐ「チャイルドロック」などじゃな。

他にも徐々に風を弱くする「おやすみモード」など、機種によって搭載されている機能は様々。どんな機能を搭載した機種かチェックしておくと購入後の後悔が少ないはずじゃぞ。

空気清浄・温風機能(タワーファン)

タワーファンの中には空気清浄機能や温風機能が付いた機種もあるんじゃ。室内の衛生面が気になるなら空気清浄機能が、冬も使いたいのなら温風機能が付いた機種を選ぶのがおすすめじゃ。ただ、これらの機能が付いた機種はやや高めじゃな。

扇風機の電気代について

扇風機の消費電力を見ていくとおおむね40W前後といったところじゃな。1kWhあたり27円とした場合、40Wの家電は1時間あたり約1.08円の電気代じゃ。

1時間で約1.08円。1日8時間使用で約8.64円。1ヶ月使用で約259.2円といったところかのう。実際は消費電力の低い弱運転なども活用するはずじゃから、電気代はもっと安いかもしれん。

感じ方は人それぞれじゃが、扇風機の電気代はあまり気にしなくていいレベルだと思うぞ。ただ、タワーファンで温風機能を使う時は消費電力が1200Wなど一気に高くなるから気をつけるんじゃぞ!

まとめ

扇風機の人気おすすめランキングはどうだったかな?

扇風機って本体価格もそう高くないし、電気代はかなり安めなんだね。これなら気軽に導入できそう!みんなも今回のランキングや選び方を参考に購入を検討してみたらどうかな?

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ