1. 電子レンジ・オーブンレンジのおすすめ人気ランキング!

電子レンジ・オーブンレンジのおすすめ人気ランキング!

ミラともBEST

冷凍食品や残り物の暖めに大活躍の電子レンジ。もはや一家に一台が当たり前だよね。

そんな電子レンジを買い替えようと電気屋さんに見に行くと、驚くくらいに種類が多くてどれを選べばいいか迷ってしまうんじゃないかな?

適当に安いものを購入して機能不足で後悔などしないように電子レンジの種類や選び方を知っておいてはどうかな?

今回は家電に詳しい部長に電子レンジ・オーブンレンジの人気商品を聞いてきたんだ。さらに電子レンジの選び方や電気代についても教えてくれたよ!

欲しい電子レンジはどのタイプ?

電子レンジには温め機能だけの「単機能レンジ」やオーブン機能も付いた「オーブンレンジ」などがあるんじゃ。購入や買い替え時には、まずどのタイプにするか決める必要があるぞ!

オーブンレンジ

オーブンレンジは単機能レンジの温め機能に加えてオーブンやグリル機能が付いたものです。

オーブンレンジの機能

温め、焼き

電子レンジ(単機能レンジ)

温め機能のみが搭載されたシンプルな電子レンジを単機能レンジと呼びます。価格が安いものが多く、温め以外の機能は必要ないという方におすすめです。

単機能レンジの機能

温めのみ

オーブンレンジはオーブン機能が付く分だけ価格が高くなるんじゃ。だから、温め機能しか使わない人は単機能レンジを選ぶといいかもしれん。

へぇ~。電子レンジに種類なんてあるんですね。

そうじゃよ。知らないで購入してしまうと後悔するかもしれんぞ。

スポンサーリンク

【オーブンレンジ】電子レンジ人気ランキングを見る

まずはオーブン機能が付いたオーブンレンジから人気商品を紹介するぞ!

1位 パナソニック オーブンレンジ エレック NE-MS264-K

パナソニック オーブンレンジ エレック 26L ブラック NE-MS264-K

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:26,800円(税込)

パナソニック(Panasonic)の「NE-MS264-K」は10分で煮物やパスタを作れる便利なオーブンレンジじゃ。

庫内容量は26Lとやや大きめじゃから3~4人家族におすすめじゃぞ。庫内がフラットで掃除がしやすいのも特徴じゃのう。

またスイングサーチ赤外線センサーを搭載しており、ラップをしての加熱にも対応しておるし、加熱ムラも少ないと言われておるんじゃ。

他にも揚げずにヘルシーな「ノンフライ」メニューや「角皿スチーム」機能などがついており、これひとつで多くの料理を作れると評判なんじゃよ!

10分で煮物やパスタかぁ。食べたい時にすぐ作れそうでいいですね!

主な機能
煮物10分メニューボウルに材料を入れておまかせでパスタが作れる
パスタ10分メニュー15分までのタイマー機能で加熱料理や解凍が可能
自動メニュー人数設定家族に合わせて1~4人分が選べる

スペック

  • 庫内容量:26L
  • サイズ:幅500×奥行400×高さ347mm
  • 本体重量:14.4kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:スイングサーチ赤外線センサー

2位 アイリスオーヤマ オーブンレンジ MO-F1801

アイリスオーヤマ オーブンレンジ 18L フラットテーブル ホワイト MO-F1801

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:13,674円(税込)

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「MO-F1801」は18種類の豊富な自動メニューで簡単調理が出来る優れものじゃ。

庫内容量は18Lとやや小さめじゃが一人暮らしには十分なサイズじゃな。庫内容量が小さめなこともあってか、価格はお手頃。大学生や新社会人の一人暮らしにピッタリと言えそうじゃ。

機能は温めだけでなくオーブン、グリルと付いており必要十分。レンジ出力は4段階で料理に合わせて使い分けることができるぞ!

庫内構造はフラットでお手入れは簡単。またターンテーブルと違って大きめのお弁当を温めることも可能じゃ。

一人暮らしにピッタリのサイズと価格が嬉しいですね!

主な機能
18種類の自動メニュー18種類の豊富な自動メニューでらくらく調理
出力4段階切替900、600、500、200W相当の出力に切り替え可能

スペック

  • 庫内容量:18L
  • サイズ:幅485×奥行376×高さ302mm
  • 本体重量:12kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:湿度センサー

3位 パナソニック エレック NE-T15A1-W

パナソニック エレック オーブンレンジ 15L ホワイト NE-T15A1-W

参考情報

パナソニック(Panasonic)の「NE-T15A1-W」は肉や魚と野菜を一緒に焼き上げることが出来るオーブンレンジじゃ。

また950Wインバーターと重量センサーの搭載により料理をスピーディーかつ美味しく温めてくれるぞ。さらに解凍も素早く美味しく仕上げてくれるんじゃ。

庫内容量はやや小さめの15Lじゃな。そのため、一人暮らし向けと言えるかもしれん。自動メニューはお弁当セットも含めて16。牛乳・コーヒーや酒かんメニューもついておるぞ。

主菜と副菜をいっぺんに焼き上げて時短ですね!

主な機能
950Wインバータースピーディーにおいしく料理を温める
お弁当セット魚と野菜を一緒に焼き上げる
らくらくハンドルハンドルを軽く引くだけでドアがスムーズに開閉
ボタンセンター配置「あたため/スタート」ボタンは操作パネル中央で使いやすい

スペック

  • 庫内容量:15L
  • サイズ:幅455×奥行352×高さ293mm
  • 本体重量:10kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:重量センサー

4位 シャープ オーブンレンジ RES-A50-AB

シャープ オーブンレンジ 15L ブラック系 RES-A50-AB

参考情報

シャープ(SHARP)の「RES-A50-AB」はご飯やおかずをワンタッチで食べごろにする「あたためワンキー」の他、揚げ物やコンビニ弁当向けのメニューもついたオーブンレンジじゃ。

冷凍しておいた肉類などを包丁で切れる状態まで解凍するサックリ解凍はなかなか便利じゃな。使う分だけ切って、残りは再冷凍も可能じゃぞ。

さらに、スピーディーに外はこんがり、中はしっとりにトーストを仕上げる自動トースト機能もついておる。あたためボタンやトーストボタンなどよく使うメニューは大きなボタンになってるから操作ミスも少ないはずじゃぞ。

ちなみに色はブラックだけでなくホワイトもあるから、部屋の雰囲気などに合わせて選ぶといいんじゃないかのう。

ボタンひとつでトーストとかご飯を食べごろにしてくれるのがいいですね!

主な機能
サックリ解凍包丁で切れる程度まで解凍可能
あたためワンキーボタンひとつでご飯やおかずを食べごろに温める
自動トースト外はこんがり、中はしっとりにトーストを焼き上げ。大きくて使いやすいトーストボタンも搭載

スペック

  • 庫内容量:15L
  • サイズ:幅450×奥行365×高さ290mm
  • 本体重量:12kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:重量センサー

5位 バルミューダ BALMUDA The Range(シルバー)

バルミューダ 18L フラット庫内オーブンレンジ BALMUDA The Range(シルバー)

参考情報

BALMUDA(バルミューダ)の「BALMUDA The Range」は遊び心の強いオーブンレンジじゃな。

本商品にはスピーカーが搭載されており、通常なら「チン」となるところ「ジャラン!」といったギターの音で温め完了を知らせてくれるんじゃ。

もちろん、電子レンジとしての機能もしっかりしているぞ。常温や冷蔵した食品はもちろん、冷凍した食品や冷凍ご飯、飲み物などを温めるモードが付いておるんじゃ。

ちなみにじゃが、BALMUDAと言えば高級トースターの「BALMUDA The Toaster」も有名じゃな。

ギター音ですか。ちょっと聴いてみたい!

主な機能
豊富なあたためモード冷凍ご飯や冷凍した食品、飲み物や常温・冷蔵食品。それぞれのあたためモードを搭載
スピーカー搭載レンジの温め音がギター音になっている

スペック

  • 庫内容量:18L
  • サイズ:幅450×奥行412×高さ330mm
  • 本体重量:12kg
  • 庫内構造:フラット
  • センサー:記載なし

スポンサーリンク

【単機能レンジ】電子レンジ人気ランキングを見る

次は単機能レンジの方を紹介するぞ!

1位 アイリスオーヤマ IMB-T174-5【東日本 50Hz専用】

【東日本 50Hz専用】アイリスオーヤマ 電子レンジ 17L ターンテーブル ホワイト IMB-T174-5

参考情報

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の「IMB-T174-5」は非常にシンプル&安価な単機能レンジじゃな。

タイミングによって変わってくるとは思うが6,000円前後で購入できることもあり、少しでも安価に購入したい人にはぴったりじゃ。操作はつまみを回すだけの簡単なもので、子供から年配の人まで使いやすいぞ!

庫内の広さは25cmのピザがそのまま入るくらいには広いぞ。また出力の3段階切り替えや15分までのタイマーといった必要最低限の機能も備えておるのう。

ちなみに、本商品は東日本用となっておるが型番違いで西日本用の商品も用意されているんじゃよ。

6,000円くらいって随分安いですね!

主な機能
出力3段階切り替え用途に合わせて700、500、200Wを切り替え可能
15分タイマー機能15分までのタイマー機能で加熱料理や解凍が可能

スペック

  • 庫内容量:17L
  • サイズ:幅440×奥行325×高さ255mm
  • 本体重量:11kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:記載なし

2位 パナソニック 単機能レンジ NE-E22A1-W

パナソニック 単機能レンジ 22L ホワイト NE-E22A1-W

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:12,278円(税込)

パナソニック(Panasonic)の「NE-E22A1-W」は850Wインバーターで料理を素早く温めてくれる単機能レンジじゃ。

出力も700W、500W、150Wと用途に合わせて調整することができるうえ、炊飯や煮物などで活躍する、高出力から低出力へと自動で切り替えが出来る「連動調理」機能も搭載しておるんじゃ。

庫内容量も22Lと、家族3~4人で使える大きめサイズじゃな。ターンテーブルも直径28.5cmで大皿もしっかり収まるはずじゃぞ!

値段も1万円ちょっとだから手を出しやすいですね!

主な機能
850Wインバーター料理をすばやく温め
レンジ出力3段階切り替え用途に合わせて700、500、150Wを切り替え可能
連動調理自動で高出力から低出力へ切り替え

スペック

  • 庫内容量:22L
  • サイズ:幅488×奥行368×高さ279mm
  • 本体重量:9.4kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:蒸気センサー

3位 シャープ 単機能 電子レンジ RE-T2-W5【東日本 50Hz専用】

シャープ 単機能 電子レンジ 東日本 50Hz専用 20L RE-T2-W5 ホワイト

参考情報

シャープ(SHARP)の「RE-T2-W5」は大きなタイマーが付いていて年配の方でも使いやすいのが特徴じゃ。

機能としては必要最低限、加熱と解凍じゃな。余計な機能が無いシンプルな商品を求める人にはピッタリじゃ。シンプルなだけあって値段も10,000円を切ることが多いぞ。

庫内容量は20Lでターンテーブルのサイズは27cmもあるから、コンビニ弁当も楽に温められるぞ。火力も700Wのハイパワーじゃ。

ちなみに、本商品は東日本用じゃが型番違いで西日本用も用意されているんじゃよ。

大きなタイマーで使いやすそう!

主な機能
光るデカタイマー大きなタイマーをクルッと回して簡単に時間合わせできる

スペック

  • 庫内容量:22L
  • サイズ:幅488×奥行368×高さ279mm
  • 本体重量:9.4kg
  • 庫内構造:ターンテーブル
  • センサー:蒸気センサー

電子レンジ・オーブンレンジの選び方について

人気の機種は分かりましたけど、電子レンジって毎年のように新商品が出るじゃないですか。だから選び方も知っておきたいんですけど。

確かにどんどん新しくなるからな。電子レンジの選び方についても紹介しておくか!

サイズ(外寸・庫内容量)

まず電子レンジ選びでは2つのサイズが重要じゃ。1つは本体の大きさ。もう1つは庫内容量じゃな。

本体のサイズについては置き場所を決めておき、そこに設置できるかどうかをスペックで確認することが重要じゃな。

そして庫内容量については一人暮らしなら20Lくらいの小さめでも大丈夫じゃが、3人以上の家族なら26L以上はほしいところじゃな。ひとつの目安としては以下のようになっておるから参考にしてみてほしいのう。

庫内容量の目安

  • 1人暮らし:20L
  • 2人家族:20~25L
  • 3~4人家族:26~29L
  • 4人家族以上:30L以上

庫内構造

電子レンジの庫内構造には「フラット」と「ターンテーブル」があるんじゃ。ターンテーブルは名前の通り回転するタイプじゃから、庫内容量に対して大きなものを入れてしまうと上手く回らず、加熱ムラが出来ることもあるんじゃ。

その点、フラットは大きな弁当なども入れやすく、センサーで均等に温めてくれるぞ。そのため、安価な電子レンジはターンテーブル、やや高価なものはフラットになってることが多いのう。

ちなみに、フラットはターンテーブルに比べて掃除しやすいのもポイントじゃ。

電子レンジの種類

冒頭で説明した通り、単機能レンジは温めだけ、オーブンレンジは温め+焼きといった違いがあるんじゃ。弁当や残りご飯などを温めるだけなら単機能レンジで十分じゃが、オーブンやグリル機能を使いたい時はオーブンレンジを選ぶのがおすすめじゃな。

ただ、オーブンレンジは単機能レンジに比べて高いことが多いぞ。

センサー方式

センサーは電子レンジの温め加減を調整する重要なものじゃな。一般的には以下のようなセンサーがあるぞ。

赤外線センサー

食品の表面温度をチェックしながら温めるもので上位機種の主流。

重量センサー

ターンテーブルに置いた食品の従量で加熱時間を調整する。食器が重いと重量が上がり温めすぎることも。

蒸気センサー

食品から出てくる蒸気を検知することで加熱を調整する。ラップをしていると蒸気が出ず加熱しすぎることも。

温度センサー

庫内の温度によって加熱を調整する。オーブン・グリル時に活躍。

ボタンひとつで的確に温めてほしいという人は赤外線センサーのついたタイプがいいかもしれんぞ。

オートメニューの豊富さ

上位機種ほどオートメニューが豊富なもので、中にはご飯とおかずを同時に調理できるようなオートメニューを持つ機種もあるんじゃ。

オートメニューがあると自分で温度設定などをする必要がなく便利じゃよ。いろいろな料理にチャレンジしたい人はオートメニューの内容や数もチェックしておくんじゃぞ。

ドアの開閉方向

電子レンジは本体上部を手前に引いて開ける縦開きタイプと、本体の横側を引いて開ける横開きタイプがあるんじゃ。容量が大きめのものは縦開き、容量が小さめのものは横開きになっていることが多いのう。

縦開きに場合は高い位置に設置したときに使い勝手が悪く、横開きの場合は左右の状況によっては上手く開くことが出来んかもしれん。設置場所に合わせてドアの開閉方向を決めるんじゃよ。

対応地域(Hz)

今回紹介した商品の中にもあったが、東日本専用・西日本専用(周波数50Hz・60Hz)の商品もあるんじゃ。頻繁に引っ越しなどをする人は東日本専用や西日本専用の商品は避けた方がいいかもしれんぞ。

電子レンジ・オーブンレンジの電気代について

電子レンジ・オーブンレンジの電気代については年間で1,000~3,000円ほどと言われておる。

具体的には500W設定で1分あたり約0.45円。1000W設定で1分あたり約0.675円ほどじゃな。この電気代を見ると分かる通り、加熱するエネルギーが2倍になるからと言って、電気代が2倍になるわけじゃないんじゃ。

つまり、電子レンジは小さなワット数でじわじわ加熱するよりも、大きなワット数で一気に温める方が節電になるぞ。電気代を節約したい人はぜひ試してほしいのう。

まとめ

電子レンジ・オーブンレンジの人気商品はどうだったかな?

今回紹介したランキングを参考にすれば、電子レンジを少しはスムーズに選べるんじゃないかな。てきとうな機種を選んで後悔しないように注意だよ!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ