1. ラジエントヒーターのおすすめ人気ランキングTOP3

ラジエントヒーターのおすすめ人気ランキングTOP3

ミラともBEST

渦巻状になったニクロム線をプレートの下に埋め込んだ「ラジエントヒーター」。IHクッキングヒーターでは使えないアルミ製の鍋なども使えるためなかなか便利じゃぞ。

ここでは、そんなラジエントヒーターのおすすめ人気ランキングTOP3を発表じゃ!ラジエントヒーターの購入を考えてる人はぜひ参考にしてみてほしいのう。

ラジエントヒーター人気ランキングを見る

今回はラジエントヒーターの人気ランキングを紹介していくぞ。

しっかり覚えて帰らないと!

第1位 MFGスーパーラジエントヒーター FG-700

MFGスーパーラジエントヒーター FG-700

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:118,000円(税込)

MFGスーパーラジエントヒーターFG-700はFG-500のリニューアル品であり、遠赤外線により料理の味を引き立たせると言われておるんじゃ。魚や肉は炭火焼のように、ご飯はかまど炊きのような仕上がりが期待できるぞ。

また、スーパーラジエントヒーターは熱効率が約75%とガスコンロより高め。そのため月々の光熱費節約にも繋がるぞ。

消費電力も1350Wと高く火力は弱~強まで6段階で調節可能。さらに2種類の予約タイマーや音声予約付き調理タイマー、炊飯ボタンなどが搭載されておるぞ。

スーパーラジエントって名前が何だか格好いいですね!

スペック

  • サイズ:幅295x高さ75x奥行410㎜
  • ヒーター数:1口
  • 消費電力:1350W(100V)
  • 火力調節:弱~強(6段階)

第2位 エムエフジー スーパーラジエントヒーター FG-6000NR

エムエフジー スーパーラジエントヒーター FG-6000NR

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:184,790円(税込)

MFGの「FG-6000NR」は200Vの3口スーパーラジエントヒーターじゃな。左側に2300W、右側に1800W、中央に1200Wのスーパーラジエントヒーターが搭載されておるんじゃ。

左右のヒーターについては何と13段階で火力を調節可能じゃから、かなり思い通りの火加減で調理できるんじゃないかのう。

安全機能としてチャイルドロックや切り忘れ防止、トッププレートの高温時ランプ点灯などが付いておるのもポイントじゃな。

13段階も調節できるんですか!すごい!

スペック

  • サイズ:幅596x高さ237x奥行546㎜
  • ヒーター数:3口
  • 消費電力:4735W(200V)
  • 火力調節:左右13段階/中央3段階

第3位 三菱 CS-H28B

三菱 CS-H28B

参考情報

  • 画像出典:Amazon.co.jp
  • 参考価格:64,990円(税込)

三菱(MITSUBISHI)の「CS-H28B」は1口がラジエントヒーターに、1口がIHクッキングヒーターになったタイプの商品じゃな。なお、設置方法はキッチンに組み入れるビルトインタイプじゃ。

火力調節は7~8段階。極端に細かくできるわけではないが、一般的な料理に使うなら十分じゃろう。

ラジエントヒーターだけでなくIHクッキングヒーターも活用したい人におすすめじゃ!

トッププレートがブラックだとラジエントヒーターの赤さが際立っていい感じですねぇ。

スペック

  • サイズ:幅442x高さ94x奥行520㎜
  • ヒーター数:2口(1口はIH)
  • 消費電力:4000W(200V)
  • 火力調節:ラジエント7/IH8段階

スポンサーリンク

ラジエントヒーターの選び方について

さて、ランキングが終わったところで次はラジエントヒーターの選び方について紹介じゃ!

これもしっかり覚えないと!

ヒーター数

ヒーターが多ければ多いほど同時に複数の料理をすることができるぞ。あまり料理をしないのなら1口でも十分かもしれんが、それだと料理しながらお湯を沸かすことも出来ないから、2口や3口の方が便利なのは確かじゃのう。

消費電力(火力)

消費電力が低ければ低いほど電気代が安い傾向にあるわけじゃが、消費電力が低いということは火力も低いということ。このことをしっかり頭に入れて商品を選んだ方がいいぞ。

ラジエントヒーターの場合は消費電力が低いほど良品とは言えないわけじゃな。

電圧

ラジエントヒーターには100Vと200Vの商品がある。200Vの商品の場合、環境によっては電圧切り替えの工事が必要になるぞ。事前に設置予定場所の電圧を確認しておくことも大切じゃな。

火力調節

火力調節が細かくできる機種ほど、ちょうどいい火加減に設定しやすいはずじゃ。中には13段階など非常に細かく火力を調節できるものもある。大きな買い物になりがちじゃから、こういった要素もきちんと確認しておくんじゃぞ。

スポンサーリンク

ラジエントヒーターの電気代について

ラジエントヒーターの電気代は1か月あたり約1,224円ほどと言われておる。これはIHクッキングヒーターの約1.2倍とされておるぞ。もちろん機種によって消費電力は異なるため、あくまで目安のひとつじゃがな。

ちなみに、IHクッキングヒーターに比べて電気代が高くなりがちなのは熱効率が悪いためじゃ。じゃが、ラジエントヒーターならIH非対応の鍋を使えたり、食品を炙ることができるといったメリットがあるぞ!

まとめ

ラジエントヒーターのおすすめ人気ランキングはどうじゃったかのう?

IHクッキングヒーターとはまた違った魅力を持った商品じゃから、ぜひ導入を検討してみてほしいのう。そして、導入する際は今回のランキングや選び方を参考にするといいぞ!

スポンサーリンク

電力会社を比較して電気料金を安く!

▲ ページトップへ

運営会社個人情報保護方針お問い合わせ