1. ミツウロコも家庭向けに電力小売り開始!電気料金の安さでサービス訴求

ミツウロコも家庭向けに電力小売り開始!電気料金の安さでサービス訴求

ミツウロコ

1886年に創業されたエネルギー事業の老舗的存在「ミツウロコ」も家庭向けに電力小売りを始めることが分かっています。数ある電力小売り参入会社の中でも、特に電気料金が安いと言われているので、その真相に迫ってみましょう。

ミツウロコの電力小売り

ミツウロコは冒頭でも触れたように古くからエネルギー事業に関わっている会社です。それだけに、ソーラー発電所を初めとした数々の発電所を保有。年間で発電できる電力は全部で2億7千万kWhとも言われています。これなら電力自由化後も安定した電力供給が可能でしょう。もちろん、送電線は従来の電力会社のものを利用するので、実際の利用感覚としては現在となんら変わりありません。変わるとすれば、電力の値段や各種サービスくらいのもの。電力自由化ではその値段等とどう向き合うかが重要になります。

スポンサーリンク

ミツウロコの電力は安い!

ミツウロコの電力は安いことで有名です。地方によって料金プランにバラつきはあるものの、多くの地方で低めの価格設定を実現しています。実際に料金を見てみると基本料金については変化なし。従来の料金と同じです。基本料金については会社によって安く設定されていたり、同額であったり、結構なバラつきがあります。しかし、基本料金ではなく、電力量料金には大きく差が出ます。

利用者が多い関東、東京電力と比べてみると、東京電力が120kWhまで19.43円なのに対してミツウロコは21.43円。これだけ見ると明らかにミツウロコ不利ですが、本領を発揮するのは2、3段階です。ミツウロコの電力は使用量に対して電力量料金の上がりが少なく、120から300kWhまでで22.63円、そこから先も25.24円程度となっています。東京電力の従来プランでは120から300kWhが25.91円、そこから先が29.93円となっているので、いかにミツウロコの料金設定が良心的か分かるでしょう。関東地方以外も概ね同じような料金設定になっており、1段階目は少し高いものの、2,3段階になれば数円の差が出てきます。

使用量が多い家庭はミツウロコ!

上記の説明から分かるように、ミツウロコの電力は電気の使用量が多い家庭に向いています。常に350kWhを超えてしまうような家庭は、確実にミツウロコへと切り替えることで電気代が抑えられるでしょう。具体的な数値は家庭によって様々ですが、場合によっては年間で1万円程度の節約になるかもしれません。電力自由化に詳しい方々からも、一番安いと評されるほどの価格設定。今までは節約しにくかった電気代を減らす絶好のチャンスと言えるでしょう。

まずはシミュレーション

現在、ミツウロコではサービス開始前の事前予約をおこなっています。ホームページでは同時にシミュレーターも用意されており、簡単なものですが、実際にどのくらい電気代が安くなるか教えてくれます。具体的な内訳までは分かりませんが、ひとつの目安にはなると思うので試してみてください。また、シミュレーション結果のページにはご成約特典も表示されています。こちらは期間などで変わってくると思うので、気になる方は契約前にチェックしてみてください。

まとめ

簡単にミツウロコの電力をまとめると、とにかく安いのが特徴。他社と比べてセット割引等はありませんが、それを補って余りある料金設定が非常に魅力的です。電気は毎日の生活に欠かせないものだからこそ、料金は重要な決め手になると思います。実際にどの電気会社にするか迷っている方はミツウロコの料金が安いということを頭の片隅に入れておき、他社と比較しながら検討してみてください。ちなみに、事前予約はWEBで簡単におこなえます。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://mitsuurokogreenenergy.jp/teaser/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ