1. JCOMも「JCOM電力」で電力供給サービス開始!セット割でお得になる人は?

JCOMも「JCOM電力」で電力供給サービス開始!セット割でお得になる人は?

JCOM

ケーブルテレビと言えばのJ:COMも電力自由化に合わせて一般家庭向けに電力供給サービスを開始します。その名も「JCOM電力」というもので、J:COMのサービスと組み合わせることで大変お得に利用できる可能性も。今回は具体的な割引額なども含めて見ていきましょう。

J:COM電力は最大10%割引!

J:COM電力に電力供給を切り替えることで、最大10%の割引が受けられるとJ:COMは発表しています。これは東京電力と比べた場合ですが、1段階目が19.43円なのに対して19.33円、2段階が25.91円なのに対して25.65円、3段階が29.93円なのに対して26.94円となっており、それぞれで割引額に差があることが分かるでしょう。1段階と2段階についてはさほどの差はありませんが、注目すべきは3段階目。なんと30円近い単価が27円程度まで抑えられるのです。これは単純に1割引き、ようは10%割引ということです。

簡単に言えば最大となる10%の割引を受けるためには3段階、東京電力の場合は300kWhを超えて電力を使用する必要があります。とは言っても、比較から分かる通り、どの段階においてもJ:COM電力の方が安く設定されているので、乗り換えて損をすることはないでしょう。オール電化を初めとした電力消費量の多い家庭であれば、非常に大きな恩恵を受けられることは間違いなし。その差額は年間で数千円は確実だと思います。ちなみに、基本料金については従来の料金と変わらないので安心してください。また、東京電力以外も同様に最大で10%の割引が受けられます。さらに、関西限定で早割キャンペーンなどもおこなっているので、対象となる方は早めの申し込みを忘れないようにしましょう。

スポンサーリンク

J:COM加入は必須?

J:COM電力を使用する際はJ:COMのサービスへの加入が必須条件となります。電力に申し込みには最低でも2つのサービスに加入する必要があるのです。実際にホームページ等を見ると分かるのですが、J:COMは提供するサービスが多いこともあり、非常に多くのプランが用意されています。これらのプランはそれぞれ、ケーブルテレビやwifi、電話などがセットになっており、それぞれ違った月額料金が設定されていて、その料金にJ:COM電力の料金をプラスしたものが実際に支払う金額です。プランによって月額料金にかなりの幅があるので、自分が一番快適に使えるプランを探してみましょう。主な違いとしてはケーブルテレビのチャンネル数やネットの速度です。

提供エリアは?

J:COM電力の提供エリアは幅広く、関東や関西はもちろんのこと、九州や札幌、仙台までカバーしています。分かりやすく言えば、J:COMのサービスを提供しているエリア。全国で1955万世帯が対象となるようです。自分の住んでいる地域が対象か分からない方は電話で問い合わせるか、ホームページに設置されたエリア別の提供サービス確認を使ってみましょう。これなら簡単に自分の家でJ:COM電力を利用できるか分かります。

まとめ

このように、J:COM電力は全ての段階において割引を実施し、多く使えば使うほどお得になるプランを採用しています。ですので、J:COMに既に加入している方や、ケーブルテレビに興味のある方は電力自由化と共に切り替えることで、今よりも電気代を節約できるでしょう。現在auのスマホを使っている方ならauスマートパスやビデオパスなどが楽しめるプランも用意されているので、合わせてチェックしておいてください。そして、料金やサービスをよく調べた結果、J:COMがお得だと思えば申し込んでみましょう。申し込みはWEBから簡単にできます。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.jcom.co.jp/service/electricity/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ