おすすめの電力会社ランキング98社比較

「ミサワでんき」販売!ミサワホームの戸建オーナー向けの電気の内容

ミサワでんき

ミサワホームと言えば住宅メーカーの大手。CMもよく流れているので名前を知らない人は少ないのではないでしょうか?そのミサワホームが2016年4月からの電力の小売り自由化に合わせて「ミサワでんき」の販売を始めました。今回はミサワホームが販売している「ミサワでんき」について詳細をご紹介します。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

そもそも「ミサワでんき」とは?

電力の小売り自由化では「本来」電力供給事業を主軸としていなかった企業も多く参入しています。例えば通信事業者大手とか石油元売り大手などが、家庭用電力の小売り自由化で参入した企業として有名かもしれません。こうした他事業者が多く参入する電力の小売り自由化ですが、ミサワホームなどの住宅メーカーも多く参入しているのが現状です。個人向けの住宅について設計段階から関わる住宅メーカーは、家の電気事情にも関わりやすいのかもしれませんね。ではミサワホームが展開するミサワでんきとはそもそもどんな特徴があるのでしょうか?

ミサワでんきの特徴とは?

ミサワでんきの特徴として先ず挙げられるのは「加入できる人」ですね。ミサワホームが始めた電気事業だけあって、ミサワでんきに加入できるのは「ミサワホームの戸建てオーナー」が対象です。次に契約できるエリアの広さも特徴で、他の参入事業者だと現状では大都市圏住みの人しか対象にできない場合も多くあるのですが、ミサワでんきでは全国のミサワホームの戸建てオーナーを対象としているのです。これは大きな違いと言えるでしょう。

また、ミサワでんきに加入できると、電気代の5%をミサワホーム独自の電子ポイントである「ミサワポイント」に還元できます。ミサワポイントは自宅メンテナンスやミサワホームに依頼するリフォーム費用、美和和ホームの通信販売サイト「らいさぽWeb」での商品購入に充てることができます。そして、ミサワホームが独自に収集した電気の利用情報をもとに、より省エネになる電気の使い方についてアドバイスがもらえるのも、エコや省エネを考えている戸建てオーナーには嬉しいところですね。

電力診断バナー

ミサワホームのオーナーでもミサワでんきに加入出来る人と出来ない人がいる?

ここまで色々とミサワでんきの特徴についてご紹介してきましたが、実はミサワでんきは戸建てオーナーであれば「誰でも」加入できるわけでもないのです。というのも、実はミサワでんきに加入できる人というのは次のような条件をクリアしている必要があるのです。

条件1)現在、地域の電力会社の従量電灯(A・B・C)と契約と契約していること
条件2)現在の契約アンペア数が40A以上であること

逆に言えば、次のような人はミサワホームの戸建てオーナーであっても、ミサワでんきに加入することは難しいのです。「オール電化や時間帯別、季節別の割引がある電気料金プランと契約している場合」「契約アンペア数が30A以下の場合」「余剰電力買取契約をしている場合」。いかがでしょうか?あなたはミサワホームの戸建てオーナーであり、上記の条件をクリアしているでしょうか?もしあなたが「自分は条件をクリアしているよ」というのであれば、電気代でお得を感じるために電気契約について再考するのも良いでしょう。ちなみに、ミサワでんきの電気料金に関しては、以下の料金体系を引き継ぐと公表されています。

  • 関西電力、中国電力、四国電力エリア……従量電灯Aの料金体系引き継ぎ
  • その他のエリア……従量電灯Bの料金体系引き継ぎ
電力診断バナー

電気代はお得になるのか?

ミサワでんきに変えるにしろ、他の電気小売り事業舎に乗り換えるにしろ、利用者が気にするのはやはり「電気事業者を変えたことでお得になるのか」という部分ですよね。ミサワでんきについては、現状から「すごく」お得になったと実感することは多くないかもしれません。しかしこのままずっと住宅会社をミサワホームにしていこうと考えているなら、ミサワホーム独自のポイントを貯めておくといざという時にかなり役に立つので、これはお得です。ミサワでんきに変更しようかと考えているオーナーさんは「この先、住宅メーカーを変えることがあるか」をしっかり考えるのもお得を感じる秘訣です。