1. 「イデックスでんき」のプラン内容は?新出光の電力自由化参入は2016年7月

「イデックスでんき」のプラン内容は?新出光の電力自由化参入は2016年7月

イデックスでんき

九州地方に暮らす人にお馴染みのSS(サービスステーション、ガソリンスタンド)の1つに「新出光」がありますよね。この新出光が、九州に暮らす人のために、いよいよ電気の小売り事業に参入します。多くの電気の小売り事業参入者が2016年4月の小売り自由化スタートに合わせて事業を開始したのですが、新出光は満を持しての2016年7月からの事業スタートです。今回は九州の人にはなじみ深い新出光が始める「イデックスでんき」についてご紹介します。

イデックスでんきの特徴とは?

イデックスでんきの特徴と言えば「契約アンペア数によって変わっていく電気料金」ですね。イデックスでんきには「ファミリープラン」と「ビジネスプラン」が用意されているのですが、ファミリープランについて30A以上から契約可能で、現在九州電力に加入している人は「従量電灯B」に当たる契約内容になってきます。

ただ注意したいのは、契約アンペア数が30Aだと、基本料金などは九州電力の従量電灯Bの方が安いという部分。もしあなたの契約アンペアが30A以下で、さらに車をもっていいために新出光のSSを利用する機会がない場合は、新出光でのガソリン購入をセットにすることでお得になることもないので、敢えてイデックスでんきに乗り換える必要はなくなってきます。ただ地方都市に暮らしていると車を持っていないという人は大変少ないので、新出光のガソリンスタンドをよく利用する!という人は、現状の電気契約が30A以下であってもお得になる場合もあるのです。

スポンサーリンク

Oki Dokiポイントが通常の3倍貯まる!

九州管内のIDEX系SS(ガソリンスタンド)の利用と電気契約をセットにすることで得られる特典が用意されているイデックスでんき。この特典を得るには対応したクレジットカードを作る必要がありますが、クレジットカードを作れば、会員価格で給油ができることに加え、クレジット利用額に応じでJCB Oki Dokiポイントを貯めることができます。このクレジットカードでイデックスでんきの支払いやSSでの給油の支払いを行うと、Oki Dokiポイントが通常の3倍貯まっていくんです。日常で車を使うことが多い人は、電気とガソリンの組み合わせを上手にすることでかなりポイントが貯まりそうですよね。

イデックスでんきはどんな人がお得になるの?

イデックスでんきのお得な特徴と言うと、先述した「ガソリンとの組み合わせ」があるのですが、実は「電気を多く使う人」もかなりお得を感じることができます。イデックスでんきと九州電力の従量電灯Bを比較すると、契約アンペア数が上がれば上がるほど、電気代のお得が大きくなるのです。例えば契約アンペア数が30Aの場合は九州電力の基本料金の方が安かったイデックスでんきですが、契約アンペア数が40A以上になると、イデックスでんきの方が基本料金も第1段階からの電気料金も安くなるんですよね。契約アンペア数で比較すると60A契約の料金単価が1番割安になりますが、40A以上の契約であれば、全体的に2%~8%の割引になるんですよね。新出光の公式な試算では、現状40Aをしている契約の人で平均1万円ほど使っている家庭では、年間5千円くらいの電気代が節約できることになるということです。他にもイデックスでんきにはここまでご紹介してきた「ファミリープラン」以外に「ビジネスプラン」があります。ビジネスプランとは1kVAの契約アンペア数と言う事務所や商店など、低圧法人向けの電気料金プランになります。基本料金は九州電力のプランと変わりませんが、電力量の料金は0.5%~10%程度割り引かれるのでたくさん電気を使う人はお得をたくさん感じられそうですね。

色々な割引を組み合わせると良い

ガソリン代と組み合わせることによる割引は先ほどご紹介しましたが、イデックスでんきに関しては他にも色々な割引が用意されています。1つは「ペーパーレス割引」で、月の電気使用量のお知らせを郵送不要にすると54円の割引が受けられます。2つ目は継続割引。1年間契約継続すると、1年満了ごとに翌月の電気代から500円が割り引かれるんですよ。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://idexdenki.idex.co.jp/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ