おすすめの電力会社ランキング98社比較

昭和シェル石油も電力供給サービス開始!セットでガソリンが安くなる?

昭和シェル石油

日本の火力発電は石油が主な原料であることを考えると、ガソリンを扱う企業が電力事業に参入してくるのは当然のことに思えますよね。石油元売りの大手である「昭和シェル石油」も時代に遅れることなく、電力自由化の波に乗って、電気の小売りをします。

昭和シェル石油の電気事業は先ず「電力を多く使いがちな家庭」や「ガソリンを使うことが多い家庭」にメリットが多いことを最初にお伝えしておきます。自分の生活ではガソリン代が少しでも安くなったらいいな・・・とか、自分の家庭はちょっと電気を他の家庭よりたくさん使うから・・・という人にはもってこいのプランですよ。

2万円も節約できるチャンス!?

あしたでんき

電力料金を安くしたいと思っている方に、最もおすすめしたいのが「あしたでんき」です。

電気料金が跳ね上がる夏、あしたでんきに切り替えて浮いたお金でちょっぴり贅沢しませんか?

【あしたでんきのメリット】

  • 年20,000円以上の節約を多くの方が実現
  • ずっと基本料金は0円(無料)
  • とにかくお得!業界でも最安水準
  • 手数料・解約金・違約金一切なし
  • 切り替え簡単!お試し感覚でOK
  • 対応の良さが抜群

とにかく電気料金が安いというのが、あしたでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果をクリックして見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例
(1月:600kwh/50Aで算出)
22,209円お得
2人世帯の例
(1月:500kwh/40Aで算出)
13,978円お得
1人暮らしの例
(1月:290kwh/30Aで算出)
2,558円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

消費税10%になった今だからこそ節約できるところはしっかりと対策を!早く切り替えるほど節約効果は大きいですよ!

北海道・北陸・四国電力エリアの方には「Looopでんき」が最もおすすめです。基本料金0円で安い!

昭和シェル石油の電気小売業はそもそも「大口顧客」がメイン?

各家庭への電力小売りは2016年度からということですが、実は大口顧客や工場など一般家庭以外への電力小売りはすでに始まっていました。そんな企業向けの電力小売り=大口顧客向けの電力小売りサービス業において、実は昭和シェル石油の電気はトップクラスのシェアを持っているのです。しかも山口県宇部市には自社の大規模太陽光発電所「ユースパワー」も所持していて、発電した電気は全て中国電力に売電しているという「再生可能エネルギー」への実績もある事業社なのです。発電事業にも売電などの事業にも上手に参入している昭和シェル石油は、一般家庭への小売り計画も実に巧みです。

電力診断バナー

昭和シェル石油の家庭向け電気は「ガス」とセット?

石油元売り大手というのは、何も「ガソリン」だけを取り扱っているわけではありません。専門には「ガス」の取り扱いもあります。このガスに目を付けている昭和シェル石油は、一般家庭向けに「ガスとセットであるとお得」というプランを考えているのかもしれません。現在はまだガスの提供には至っていませんが、ひとまず電気事業で契約をしておいて、ガス事業を展開する制度や体制が整ったタイミングで利用者にガスの利用も勧めて、セットにすると安いというプランを現在考えているという説もあるようです。

電力診断バナー

一般家庭が契約すると何がお得?

昭和シェル石油の電気事業を一般家庭が契約すると何がお得かと言うと、ずばり「ガソリン代」です。昭和シェル石油が展開する「ドライバーズプラン」というプランでは、月に100リットルまでという制限はありますが、1リットル当たり10円ガソリンが安くなります。これはどれだけ電気を利用したかに関わらず、昭和シェル石油の電気事業に契約した利用者がみんな受けられるメリットです。ただ、このプランで気を付けなければならないのは「エリア」。

昭和シェル石油の電気事業が展開する予定のエリアは現状で「東京電力管区エリアのみ」となっています。これは一般家庭への電力供給を関東の大型発電所が賄っているから。この先に電力が確保できるエリアが広まれば、東京電力管区エリア以外でも昭和シェル石油の電気を使うことができるようになる可能性はグッと広がります。こうした事情もあり、ドライバーズプランの契約ができるのも東京電力管区エリア内にある昭和シェル石油のガソリンスタンドでガソリンを給油する時に限られます。

どんな人がお得度が高い?

昭和シェル石油の電気を利用すると600kwh以上から電気料金が安くなりますが、はっきり言って月に700kWh以上使うような家庭からが目に見えてお得を感じられるのではないでしょうか。もしあなたが月に400kWh程度で、年間に4800kWh程度しか電気を使わないという家庭で生活をしていて、車にも乗らないという場合にはあまり還元もありませんし、さほどのお得感を味わうことはできないかもしれません。しかし一方で年間12000kWh以上の電気を使用するような、商店兼住宅タイプの住宅に暮らしているのであれば、ガソリンの利用と合わせ、年間に20,000円以上お得になることも充分に考えられるのです。

auでんきソフトバンクでんきのような通信事業者と比較すると、一般家庭向けにはもう少しお得感が薄く感じられるかもしれない昭和シェル石油ですが、一方では商店兼住宅というような人を含め「一般家庭だけど、本当の一般家庭よりは電気使用量が多い」といった家庭にはとてもお得感が高くなる電気事業と言えるでしょう。