1. ソフトバンクでんきが供給エリア拡大!全国的な電力販売に向けて4社と提携

ソフトバンクでんきが供給エリア拡大!全国的な電力販売に向けて4社と提携

ソフトバンクでんき

2016年4月の電力の小売り自由化開始においては、大手通信事業者も参入を発表していました。中でもソフトバンクのソフトバンクでんきは、関東・中部・関西の電力会社のエリアを皮切りにして、いち早く電力の小売り自由化参入に名乗りを上げていました。そんなソフトバンクが7月からさらに電力の販売エリアを広げると発表しました。

ソフトバンクでんきのエリアはどこまで広がる?

2016年4月では、東京電力ホールディングスと提携して関東や中部、関西の家庭への電力供給を始めていたソフトバンク。そのソフトバンクが新たに北海道電力、北陸電力などを含めた電力会社大手4社と提携することで、7月からは電力の供給エリアを全国へと広げていく予定にしています。新電力は東京や大阪などの大都市部の人であれば供給エリアに入っていることが多いので、色々な企業のプランを比較できます。ただ地方の場合はなかなか色々な企業のプランを比較してお得なプランを選ぶことができるという環境でないので、電力の小売り自由化の波に乗りきれていないのも事実です。その点で、ソフトバンクでんきは、そもそもの通信事業や、スマホ・ケータイの販売網を利用することで、かなり細かい地域にまで電力供給をすることができるのが売りでもあります。ソフトバンクでんきの販売網は、東京電力のエリア拡大に乗じて、かなり細かい地域にまで届けられる予定です。

スポンサーリンク

ソフトバンクでんきにするなら……

ソフトバンクでんきは全国各地で契約できるようにするため、現在販売網を拡大予定中ですが、もしあなたがソフトバンクでんきに変えようかな、と思っているのでばスマホやお家の通信もソフトバンクにしておくと、割引がおおきくかけられたりするので、検討しておいても良いと思います。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!
ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ