1. KDDIのauユーザー向け電力供給サービス「auでんき」はお得?

KDDIのauユーザー向け電力供給サービス「auでんき」はお得?

auでんき

ケータイ全盛期から学割や音楽配信サービスなどで若者を中心に利用者を獲得していたKDDIのau。最近では三太郎のCMが人気になり、再び若い世代からの利用者を増やしています。そんなauは昔から「大手キャリアの中ではリーズナブルで助かる」というイメージもあり、ケータイ全盛期に学生だった世代からはコストパフォーマンスの良さでも支持が厚い企業でもあります。このauが電力自由化によって、「auでんき」として電力供給サービスを展開します。気になる内容はどうなっているのでしょうか?

auでんきの特徴は?

大手通信事業者のソフトバンクが電力供給事業に参入する中、auでんきはどの点で競合他社と違いを出しているかというと、先ずは「今までのプランと基本的に変わらなくて良い」ということなんですね。「え?電気料金体系が今までと変わらないなら、わざわざauでんきにする必要はないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

auでんきでは、今まであなたが契約していた電力会社でのプランと変わらない料金体系であっても、毎月の利用料金の1~5%をau WALLETにキャッシュバックして還元してくれるんです!ただ、この条件でお得になるのは、現在auのスマホなどを利用していて、かつau WALLETを利用している人ということになります。他キャリアを利用していて、au WALLETも持っていない!と言う人は確かにすぐにはお得を得られないかもしれませんが、キャリアの乗り換えを考えているのであれば、auにして、電気も契約すれば確実に毎月1~5%はキャッシュバックがあるので助かりますよ。

具体的な金額では、1人暮らしで毎月3000円程度の電気利用なら30円、4人家族で毎月7000円程度の電気利用なら210円はお得になるということです。年額にすれば4人家族なら5000円くらいは安くなることも考えられるので、年末に家族で美味しいケーキでも買って食べられるくらいの節約にはなりますよね。

スポンサーリンク

わかりやすさが何よりのメリット

ここまでにご紹介してきたように、auでんきの特徴は何よりも「わかりやすい」という部分にあります。通信事業者の他者が展開する電気事業は、一見してわかりやすいというプランが実は少ないんですよね。自分の電気利用状況によっては、現状で契約している電力会社を変えない方がお得ということもある他者のプランに比較して、auのプランは「auスマホの利用者であれば、誰でもお得になる」というわかりやすいプラン。電力会社選びにあまり興味がない人や、面倒に感じる人にも飲み込みやすいプランと言えそうです。

展開エリアも広い

基本的にauでんきは電力会社の既存のインフラを利用するので、auでんきを展開するエリアが全国をカバーできます。ソフトバンクでんきが現状で東京電力・中部電力・関西電力がカバーしているエリアを中心に電力事業を展開していく一方で、auでんきは北海道から九州地方までの電力をカバーすることになっています(沖縄は現状ではエリアに含まれず)。ですから、沖縄を除く日本全国のauスマホ利用者がみんな同じスタートラインに立って、auでんきの契約をすることができる機会が与えられるということです。

電気見える化がうれしい

auでんきは既存の発電施設やインフラを利用することで、今までの電気使用量もアプリで確認することができます。つまり、電力会社を変わったことによる「今までのデータの確認」が出来なくなる状況を防いでくれるということです。これには「auでんきアプリ」をインストールする必要はありますが、そうすれば今までの電気使用量もわかるようになり、家庭に合わせた節電の方法もわかるようなるのでとても助かります。auでんきはこのように、広いエリアカバー率と、わかりやすさをもってauスマホやau光を使っている人であれば誰でもお得になるという点が利用者視点に立った企業と言えます。

なぁーるほど!電力自由化って奥が深いですねぇ。

そうなんじゃ。電気の世界はとっても深いんじゃよ!電力会社も環境への優しさで選んでみたり、電気料金で選んでみたりできるからのう。調べてみるのもなかなか面白いぞ。

僕も電力会社を比較をしてみればピッタリの電力会社がわかるんですよねぇ?

そういうことじゃ。はじめは複雑で面倒に思うかもしれんが、やってみるとそんなに難しいことはないぞ。

そっかぁ。だったら僕も、自分にピッタリな電力会社がないか調べてみようかな!

スポンサーリンク

  
電力会社を比較して電気料金を安く!

出典: http://www.au.kddi.com/electricity/

ENEOSでんき申込み体験談

▲ ページトップへ